上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

佐渡は海藻の宝庫で、冬の荒波の中で育つ岩ノリから始まり、ながも、ぎんば草、わかめ、めかぶ、あらめ、ときて、いご草、そして、この夏の時期になるともずくが、店頭にならぶ。
どれもこれも、その味わいの深さに、だまってうなづくか、ほほ笑んでしまうような代物で、よく使われて手あかのついた表現をするならば、「ミネラル分が豊富に含まれている」ということなのでしょうか。


石もずく
(クリックすると写真がでかくなるようです)

これは採れたての「もずく」です。
さっと水洗いをして、小石やよごれを取り除いてザルにあげています。
色もツヤもいいでしょう。
お湯に通すと、これまた素晴らしい色合いに大変身します。
ほら、鮮やかな緑色になるのですね。




茹で石もずく 




これは、「石もずく」という種類です。
しゃきしゃきした食感でいながら、粘りもあり、ただ醤油をかけてかきまぜ、つるつると口に流し込めば、たちまちとりこになるほどの味わいです。
酢の物はもちろんのこと、冷たいそば、温かいそば、いずれもつゆに入れて食べると、まるで「とろろそば」のような印象。
さらに、味噌汁にはなしてもいいし、酒を飲んだ後にもずく粥などにして食べるのもいい。

このうまさを味わうには、いかに物流が発達したとはいえ、やはり、地元に来なければなりませんて。
これぞ、地産地消…。


話はちょっと変わりますけれども、佐渡では、「地産地消」に一生懸命に取り組んでいるようです。
最近も、消防署跡に店舗を構えて「地産地消」を大々的にやっておるのですが、評判があまり芳しくないのは、なぜでしょうね。
いろいろな人が、いろいろなことをおっしゃっておりました。

「うちにも来たよ、商品を出してくれって。だけど、マージン15%とって、しかも残ったものは、返品するって。冗談じゃない。うちは魚屋だ。返品なんかされてもどうもならんて」

「マージン28%ときいたがな。ぼったくり」

「税金を使って人を雇い、殿さま商売で、一般の店を苦しめ、民業を圧迫しているだけじゃないか。こっちは給料払うために頑張ってるのに、やつらは税金を食い物にしている」

「地産地消といいながら、東京のショップにも商品を出すってんだから、なにが地産地消だ」

「せっかく直売店が軌道に乗ってきているのに、横からおいしいところだけかっさらっていくようなもんだ」

「だいいち、あんな高いもの、誰が買うんだ?」

「米粉のパンを給食に出しているけど、うまいはずがないだろ。市と県が補助金だして、2700万だかの米の製粉設備を作ったはいいけど、食わされている子供たちが可愛そうだ。だいいち、そばの製粉施設もあちこちにつくったけど、あれだっていまやクモの巣がかかっているから、米粉も同じことになるのは目に見えてる」

というような話が、酒席で語られておるのを、旗振り役の高野市長はご存じなのだろうか…。

地元の人が安く手に入れ、おいしくいただく。
これぞ地産地消なのだけれど、これを商売、儲けの種にしようとすると、宮崎のマンゴーのように、それこそ地元の人も食べることのできないような高価なブランド品となりかねない。
どこが地産地消なのだ? と素朴な疑問が生じてくるのでした。

そういうわけで、佐渡産のもずくを、佐渡でたいへん美味しくいただきました、という話でした。



スポンサーサイト
2010.07.26 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。