上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「ヨコチンを招集せよ」

との要請がヨコチン委員である農民音楽家から出ているとの報を受け取った。

「ヨコチン」などと書くと想像力豊かな人はあらぬことを考えてしまうとも限

らないので、まずは正式な名称を頭にいれていただきたい。

佐渡横綱珍議委員会という諮問委員会である。

非公式なものであるし、過去、どこからも諮問されたこともない。

メンバー資格もない。

人数も不確定で誰も把握もしていないけれど、ほとんどが一匹狼の一言居士で、

珍奇なるお歴々であることは確かなこととして断言しておきたい。

したがって審議委員会というよりも、珍議委員会なんであるが、佐渡横綱珍議

委員会というのは長ったらしくていけないってんで、省略して「佐渡ヨコチン」

となったしだい。



さて「ヨコチンを招集せよ」と要請している農民音楽家である。

おそらく氏は、さまざまな問題点が浮き彫りになった名古屋場所の細部を分析

して、検討し、総括、今後の対応を考える、なんてことはど~でもよく、それ

らを肴に大いに酒を呑もうではないか、諸君、と強く要請をしているのであり、

誘っているんである。

「ヨコチンを招集せよと、大将が言っておりましたぜ」と通信係を引き受けた

のは、酒屋の番頭兼配達係長兼庶務係長、おっと忘れていた、社長も兼務して

いる奇楽庵である。

本来、佐渡ヨコチンは、年6回の本場所終了後、千秋楽の録画ビデオを速回し

せずに流しながら酒を呑み、珍議するというスタイルでやってきた。

その会場が奇楽庵の職場で、そこがいわばスポーツバーに早変わりする。

なんてカタカナで表現するのは力士をアスリートと呼ぶに等しい愚行であるか

ら、ここはやはり、相撲茶屋なんて粋に言ってみたい。

つまり、相撲茶屋『奇楽庵』が、珍議委員長を勝手に名乗っているわたしに連

絡してきたのである。



これは招集せねばならん、と、電光石火の決断を下したのだが、壁が立ちはだ

かった。

相撲茶屋『奇楽庵』が、この長雨の湿気によっておびただしいカビに襲撃され

ているらしいのだ。

加えて、月末で帳簿の整理やら何やらでクソ忙しい上に全54話にもおよぶ『宮

廷女官 チャングムの誓い』のDVDの後半にさしかかり、ドングリコロコロ、ど

んぶりこ、チャングムにはまって、さあ、大変、状態になっているんである。

食器から部屋の隅々までカビが生えているし、月末仕事はやらんばならんし、

チャングムは気になるし、ヨコチンなんてやってる場合でない、

と相撲茶屋『奇楽庵』の庵主は言うんである。



他に相撲茶屋の手あてをしなければならぬ。

わが相撲茶屋『西二宮』は事情ありで、使用許可が下りない。

困った。

さて、珍議委員のみなさん、どうしたらよかべ。
スポンサーサイト
2006.07.27 / Top↑
欽ちゃん、復活宣言はいいけれど、どうも腑に落ちない。

辞任、解散を宣言しての4日目の翻意。

被害者はどんな気持ちでいるんだろ?

こちらの話はいっこうに出てこない。



といって、この被害者の肩をもつ気にもならない。

花火大会で「茨城ゴールデンゴールズ」の山本以外のメンバーにナンパされ、

17歳の少女ら4名、のこのこと居酒屋についていったらしい。

山本が無理やり飲ませ、レイプしたとなっているけれど、ホンマかいな?

少女の「彼氏」が事のしだいを少女の友達から聞いて被害届け提出させる。

保護者ではなく「彼氏」に説得されての届け出というところ、ギラギラした嫉

妬の臭い漂う。



中村獅童、酒気帯び運転で検挙、同情の余地なし。

しかし、同乗者が「一般人」ではなく、女優の岡本綾だったことが問題として

マスコミは大騒ぎするけれど、芸人が女にモテるのは当然。

しがないサラリーマンのような女房一筋の芸人…、面白くもなし。

ディープ・スペクターが言った。

「これが岡本綾子なら問題にならなかった」



社会からのはみ出し者だからこそ芸人。

しかし、いまは芸人が一部上場企業の社員という妙な時代。

まるで社会のエリートか、セレブ気分でいる芸人の存在がうっとおしい。



白鵬の横綱昇進見送りも、腑に落ちない。

14日目、北の湖理事長は「明日、横綱を倒せば…」と、昇進の可能性を示唆。

千秋楽結びの大一番を制して白鵬、堂々の勝ち名乗り。

が、白鵬支度部屋に戻るか戻らないかの、素早いタイミングで

「横綱に優勝を独走させた」という理由をあげ、昇進見送りの報、流す。

独走を許したのは、他の4大関のふがいなさが大きな要因。

14日目に朝青龍と白鵬を対戦させていれば独走にストップの可能性があった。

それを奪った協会の責任はないのか。

うがった見方をすれば、大関2場所で横綱昇進という大記録をモンゴル力士に

与えたくなかっただけ。



14日目の玉乃島。出島の立ち合い変化にバッタリ。

すかさずにらみつけ、礼もせずに、土俵を下りた。

露鵬の暴力沙汰の後だけに、この無礼な玉乃島に敢闘賞を与える協会の見識を

疑う。
2006.07.25 / Top↑


相撲を観戦するときは、力士ばかりを見ていない。



観客の様子はもちろん、親方衆の紋付きやジャージの着こなしやら、呼び出しの動き、い

つも東の花道近くにいる杉山さんの表情とか、さまざまなところに意識がいってしまう。



当然、行司の所作もぼんやりと見ている。

じつは、ずいぶん前から気になっている行司がいる。

いまは十両格まで出世している木村晃之助という行司。



初めて意識した時、誰と誰の相撲だったのか、記憶にはないが、2時半ぐらいの時刻だっ

たから晃之助はまだ幕下格だったのだろう。



長い相撲だったことはよく覚えている。



「よ~い、はっけよい」、「のこった、のこった」

という声を何度も耳にしたからだ。



他の行司よりも少しオクターブが高く、語尾近くで裏に入ったりする。



したがってやけに艶っぽく、妙な色気があるのだ。



以後、注目していると装束は、おおよそ赤かピンクである。

指先まで意識のいったきびきびした動きもいい。

つまり、この行司が出てくると、相撲に注目できないでいる。



ま、なかなかの艶ありの声、いちど、確認してみてください。
2006.07.19 / Top↑
昨日、あこあこまんさんからメッセージをいただき、返信しようとなんど「書き込み」を

クリックしても、元の画面になります。

変ですね。

そういうわけで、こちらから。



まずは、あこあこまんさんのコメントです。



 こんばんは!



 露鵬も本件によって心を改め、お手本になるくらいの土俵態度を今後みせてくれたら、

 いいのになぁと思っております。



 土佐ノ海や豊真将、いいですよね土俵態度。

 内心「くそったれ!」と思ってるであろうに、あのように感情を抑えて、律儀にお辞儀。

 いつも素晴らしいなと思います。

 私が力士で、相手に変化なんかされたら、ついていけなかった自分の実力不足は棚上げ

 で、感情を抑えきれずに鬼の形相で相手を睨みつけ、協会から厳重注意間違い無し!



 太蘭さんがお相撲さんだったら、どんなタイプの力士になると思いますか?



そこで返信です。



あこあこまんさんへ

露鵬、なんだかね、大切にしていたものをけがされたようなイヤな気持ちでしたが、明日、

どんな土俵を見せてくれるのか、注目してやることにします。



それにしても、ですね、人妻のあこあこまんさんが、自分なら、という目線で相撲を見て

いることに驚きました。

いやはや、参りました。



将棋だとかは、よくわかるんです。

負けたら将棋盤をひっくりかえしてやりたいぐらいな気持ちになるのですが、プロの棋士

たちは勝っても負けても平然とし、その場で互いに反省会をやるんですよね。

あたしには、あの冷静さは無理です。

将棋で小学生に負けたときも、

「いま左手で指してたから負けたんだな。今度は右手でやるか」

なんて負け惜しみをつい言ってしまうし、2連敗したときは、

「ついに、おれを怒らせたな」と言って、

「よし、もう一丁」とやったら、見事に3連敗。

悔しくて悔しくて、ね。

「名人戦は7番勝負だからな、この次は、4連勝させてもらうから、覚悟しとけ」

と言ったきり、その小学生とは将棋のことに触れないようにしております。

つまり、相手が小学生でもめっちゃ腹が立つほどの凡人、それ以下です。

というわけですから、相撲も同じでしょうか…。

本当は安芸の島のような寡黙な相撲取りが大好きなんですが、それができないとなると、

やはり、ちょっと変わり者風の貴ノ浪ですかね。



あ、本場所に行かれたようですね。

楽しいレポートを、読みつつ、笑い、笑いつつ、うらやましく思っておりました。

千秋楽が楽しみですね。
2006.07.18 / Top↑
露鵬の行為は醜悪きわまりない。

勝負の終わった後にあろうことか大関をにらみつけ、礼もせずに土俵を下りるなんてこと

は、力士としてあるまじき行為。

そのうえ大相撲担当の報道カメラマン2人に暴行したというのだから、ことは重大。

プロの格闘家が素人に手を出したのだから厳罰に処さなければならない。



ご時世で相撲もグローバル化。

しかし、『礼に始まり、礼に終わる』相撲の美学を伝えきれないのなら、グローバル化は

やらぬほうがいい。



ヤンチャ盛りのかつての朝青龍も、礼をせずに土俵を下りたことがある。

勝ち力士を土俵に待たせたままにして、支度部屋に向かっていた朝青龍を呼び戻し、礼を

させた。

まるで子供の躾だけれども、こうしたことが大事。



その朝青龍も露鵬にはあきれている、とサンケイスポーツ新聞は、次のように書いている。



  露鵬の“素行”には、「品格に欠ける」などと批判されたあの横綱朝青龍さえも、あ

  きれたことがある。

  昨年夏場所前、東京・両国国技館で行われた横綱審議委員会によるけいこ総見。

  胸を出した横綱が、あいさつをしなかった露鵬に「ごっちゃんです、と言わなければ

  ダメだ。横綱が相手をしているんだから、基本を忘れてはいけない」と声を荒げた。

  ところが、叱責された露鵬は「横綱でも大関でも土俵に上がれば、オレの相手。強い

  とか弱いとかは関係ない」と吐き捨てたのだ。



もう一度、幕下以下からやり直しさせなければならない。

付き人から出直しである。



入幕2場所目の豊真将を見たまえ。

じつに礼儀正しい。

きわどい勝負に敗れた昨日の相撲でも指先をまっすぐに伸ばし、しっかり相手を見、一拍

おいて、礼。

これぞ、相撲取りなんである。
2006.07.16 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。