上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相撲には、様式美とか、伝統文化だとか、神事なんて抽象的な概念が、くっついてくるから話がややっこしくなるのだ。

要するに、そうした大義をつけておかなければ人間ってのは元来乱暴ものであり、礼儀やら作法といったものを授けておかないと、なにをしでかすか、わかったものではない、という「しばり」である。



フーリガンの発祥の地ともいわれるイギリスが「ジェントルマンの国」とか「騎士道」といったものをことさらに言わなければならないのは放っておけばフーリガンが大手をふるうことになりかねないからで、明治以降の日本人が好んできた「武士道の精神」なんてのもしかり。

“道”を示しておかないと平然と「二君に仕える民」が日本人なのだ。



チェスと将棋の比較がわかりやすいけれど、チェスでは捕虜になった人間は一生捕虜であり、奴隷の生活であり、二度と戦場へでることはない。

しかし、わが将棋においては捕虜になっても、すぐに前に仕えていた王将の首をとるべく戦場に赴くのである。

これが日本人の発想の根幹にある。

昨日の敵は、今日の友なんである。

したがって、お殿様という権力者から見れば恐ろしい民であり、困った性癖をもっている民なのだ。

だからこそ武士たるもの「二君に仕えず」の「忠君」を最大の“名誉”としたのである。



過去は水に流し、明日は明日の風が吹く、という生き様を好む日本人は根っからの自由人なのだ。

先の太平洋戦争の頃、軍人政治家たちは、この自由奔放なる民に対して、何と言ったか。

「生きて捕虜の恥を受けるべからず」

捕虜になる前に死ぬことを“名誉”としたのだ。

将棋の駒のように捕虜になって敵兵となるのを恐れたのだろう。

だから武士道なんてことを示して自由奔放な民を飼いならさなければならない。



その象徴として唯一、残っているのが大相撲。

唯一とわざわざ書いたのは相撲だけにそれを求め、求めている側の政治家、官僚、企業家、メディア、横審も含めて「○○道」なんてものが存在しないからだ。

三島由紀夫は、そこを嘆いた。

坂口安吾は権力者達のインチキぶりを敗戦から、わずか半年後に『堕落論』で書き、「○○道」を求め、天皇制を利用する輩を警戒しろと鋭く指摘している。



朝青龍に対して品格だなんだと言っているけれど、そんなことは部屋の親方が躾ければ済むことである。

親がダメだから子も、そうなるのは世の常で、親が不躾なら、どうにもならぬ。

大草原を駆け、ヨーロッパのほぼ全土を制圧した遺伝子を持つモンゴルの民を、風まかせの典型のような親方が教育しようなんてのが、どだい無理がある。

それも、日本人だってよくわからない相撲道だ、伝統だ、神事だから、なんてことでもって品格をもとめたところで外国人力士にとってはチンプンカンプン。



そんなことよりも、見ていて心地よい態度、所作をやれ、ということだけでいいのではないか。

人間は誰だって不快なものは見たくない。

箸の使い方も知らず、クチャクチャと音をたてて食べ、食べ物をボタボタとこぼすような人間とメシを食ってもうまくないように、不快な態度、所作は、カネを出してまでみたくないのだ。

やんちゃ坊主の朝青龍の態度には、ガッツポーズや駄目押しのクセも含めて時々、この不快さを与える所作がある。

おそらく、それが多くの日本人の勘にさわるのだろう。



品格だ、相撲道だ、もののふだ、などとワケのわからない言葉よりも、お前の態度は不快だ、直せ、と親である高砂や、ふて腐れ顔ではひけをとらない北の湖理事長が叱り飛ばせばいいだけの話。

左手で受け取っていた懸賞金も右手に変えたのも、品格という抽象論ではなく、具体的に教えたからだろう。



国技と興行という矛盾したものを抱え、グローバル化していく大相撲に“品格”という抽象概念を求めるのならば、文部科学省よりも防衛省に所管を移して「武士道の精神」をたたき込めばよろしいのではないか。
スポンサーサイト
2008.05.28 / Top↑
後味の悪い千秋楽、結びの一番だった。

北の湖理事長は、朝青龍の駄目押しについて「相撲の勢い」という見方。

NHKの元アナウンサーで、評論家ではなく相撲協会記者クラブ会友の杉山邦博さんなどは「駄目押しした朝青龍が悪い」と、昼間のテレビで解説していた。



では、ヨコチン(佐渡横綱珍議委員会)の見解は?

さっそくヨコチンを招集せねばなりませぬな。



ま、しかし、わたしの個人的な見立てでは、どっちもどっちである。

それでも、どちらか一方を悪者にせよ、というのであれば、わたしは白鵬が悪いとみる。



理由について言うならば、朝青龍は完璧に悪役なのである。

悪役だからこその「駄目押し屋」であり、その悪役が土俵に転がったり、土俵下に投げ飛ばされて負けることによって観客は歓喜する。

それをウチダテのおばちゃんを初め、多くの人が待っているのだ。



なのに白鵬はその期待を裏切り、ふがいなく負けた。

足のケガなど言ってられないのだ。

優勝を逃したからと言って力を抜いてはならないのだ。



つまり、わたしには、もっと本気でかかってこい、と朝青龍が稽古をつけた気分の駄目押しとみた。



それを白鵬が負けたことによる自分へのいら立ちがあったものだから、プライドが傷つけられたよ~~~~ん、とばかりに肩からあたり、にらみつける。

これでは善のキャラで売る白鵬は、完全にダメだしもの。



てなことは、興行という視点で大相撲を観た場合の話である。

したがって興行的には、最高の千秋楽、結びの一番なのである。

来場所、琴欧洲の綱取りと同時に、朝青龍対白鵬の相撲、間違いなく注目されるのだから。



品格を強く求めるウチダテのおばちゃんにしたって、この方、興行的にみれば、欠かせないキャラなのである。

ウチダテ VS 朝青龍という取り組みも目が離せないのだ。

それを十分認識しての一連の発言ならば、ウチダテのおばちゃん、たいへんな貢献であると、ヨコチンとして感謝状を差し上げたいところである。





ところが、ややっこしいのは相撲には様式美だとか、伝統文化だとか、神事だとか、さまざまなものがくっついてくることだ。



あれ、もうこんな時間。

おお、忙し。

続きはまた後ほど。
2008.05.26 / Top↑
大相撲夏場所が盛り上がっている。

モンゴル勢の2人横綱、“朝白時代の到来”と誰しもが思っていたら眠っていた大関が突如、目を覚ました。

琴欧洲が、白鵬、朝青龍の東西横綱に土をつけ、破竹の12連勝。



相撲に興味を持ち始めているらしき審査委員長、遠藤麻理さんには“旬”の話題に違いないと読んだ。

なにしろ前々回の5回戦では“タイムリー性ゼロ”で投稿し、全滅をくらった。

ここは、佐渡ヨコチン(横綱珍議委員会)の名にかけても、琴欧洲ネタでいくしかない。



と考えたまではよかったけれど、肝心の句が浮かばない。

出てくるもの、すべて字余りでリズムがない。

半ばやけっぱちで送信したのが、これ。



 琴欧洲 体でかいが 名もでかい (佐渡横綱珍議委員会)



四股名のつけ方についてはいろいろ不満も意見もあるが、それはさておき、琴欧洲はまるで全ヨーロッパの代表みたいな名である。



やはり、読み通り、旬の話題だったから審査委員長のエンマリさんのお目にかなったようだ。



さてさて審査委員長の句である。

近ごろ、エンマリさん、漬け物に凝っているらしく『漬け物シリーズ第2弾』ときた。

前回のは、これだった。



 カブ漬けた 浅漬けなのに 夜漬けた



それでもって、その放送中に、「もう1句できました」と披露した句。



 カブ漬けた うまく漬かって 株あげた



笑うでしょう。

川柳はユーモアがなければいけない、と審査委員長は、お手本を示しているとわたしは解釈しているけれど、どうなんだろ?

単にオヤジギャグの名手なのか? との疑いも生じてくるのだ。

それを裏づけるような句が、今日の川柳だ。



 ある晩に ナス漬けるために みょうばん買おう

 

FMポートのサイトにはこれが表示されているけれど、わたしが耳にしたのは違ったような気がする。



 ナス漬けよ ミョウバン買って 明晩漬けよ



だったと記憶している。

もちろん、「ミョウバンと明晩がかかっていますよ」と解説があったのは、いうまでもない。



これは、きわどい。

ユーモアとオヤジギャグの紙一重のところまで踏み込んでいるような気がしないでもない。



そして、即興で追加した句は、かなりきている。



 ナスつけたい ミョウバンなくて 成すすべナス



これには思わず笑った。

わたくし、オヤジギャグにかなり弱い。

しかも、エンマリさん、こう言うのだ。



「わたし、ここんとこ冴えてるわぁ」と自画自賛のあと、「うふふふ」と妙な含み笑い。



川柳というのは、本当に難しいもんですね。

ユーモアとオヤジギャグの微妙な間合い。

そこを会得すれば、わたしも、そのうち大賞受賞といけますかね。

ふふふ…。


2008.05.23 / Top↑
最近テレビでニュース報道もどきの番組をみていると凄惨な話題ばかりで重たい気分になる。

それではお笑いはどうかというと、これまたお寒いかぎりだ。

パターン化されたパフォーマンス(芸という言葉を使うこともできない)を繰り返し見せられているようで、どうにも面白くない。

これがテレビの限界である。



一度オンエアされたものは、アッというまに全国津々浦々に浸透、1ヶ月も経てば「飽き」がくる。

それをわかっているからテレビ局の人間は知恵を絞る。

知恵といったってロクなもんじゃない。

1分か3分か、わからないけれど、その短い時間だけ笑わせればよい、という仕掛けをつくる。

そうやって若手を次々に登場させ、その中から光るものを見つけ出せればよい、という程度。

見せられる方はたまったものではない。



漫才のできない漫才コンビ。

ツッコミ側がただただがなり声をあげているだけ。

話を展開させる力がないから並列的なギャグを連発するだけで、しかもナンセンスギャグ・マンガからパクったようなネタばかり。

子供ウケするパフォーマンス付きの笑いだから、まさに子供だまし。

上げていけばキリがない。

見ていると腹が立ってくる。



つまり、短い時間だけで笑わせようとするテレビ局に無理がある。

笑いにとどまらず、あらゆる芸は「間」である。

その「間」をとる間がない。

そういう仕掛けなのである。

つまり、お笑いのレベルを下げている大きな原因と責任は売れなければ食えない芸人のせいというよりはテレビ局のあり方にある。



だから、芸とは言えない芸が面白く見えてくる。

妙な間合いをもっている村上ショージが、その典型。

『徹子の部屋』で黒柳徹子に、

「今日のゲストは、スベリ芸を開拓された村上ショージさんです」

と紹介され、本人も困惑していたという。

スベリというのは客にウケなかったという意味だが、それを芸と勘違いしている黒柳徹子の芸は、これまた別格である。





笑いは種々様々にたくさんある。

ただおかしいだけではない。

悲しい時も笑うしかないこともある。

怒りの頂点を越えて笑いだすこともある。

嘲笑だって、よくあることだ。

爆笑、苦笑、嬌笑、微笑、憫笑、哄笑…。



笑いは文化レベルが濃く影響しているから、外国の笑いのなにが面白いのかわからないということもおこる。

だからこそ難しいのだけれども、いまのお笑いはレベルが下がりすぎているような気がする。



「笑いは健康にも良いというから、たまにはテレビを見てばか笑いしたい」という人があったけれど、お笑い番組を見た後に、

「なにがおかしいのか、さっぱりわからない。腹が立ってきた」というのである。



健康に悪いお笑いが、いま日本に蔓延しているようだ。
2008.05.22 / Top↑
 



親亀も 子亀もこけて 打つ手なし



所属の協栄ジムとの契約解除によって亀田兄弟は日本のリングで闘うことができなくなったようだ。

ボクサーなのに「打つ手」を封じられたようなものである。



これに関してはまだ最終結論が出ていないけれども、にわかボクシングファンとして、どうも腑に落ちない。



少なくとも亀田興毅はWBAライトフライ級の世界チャンピオンである。

世界チャンピオンの試合を日本で観ることができないというのは、ずいぶんおかしな話である。

そのあたり、なにがあったのか、説明していただきたいものだが、関係者は一様に「守秘義務」をタテに口を閉ざしている。

これではファン無視も甚だしい。



TBSの罪も大きい。

亀田一家を世にデビューさせるのにさまざまな形で支援してきたが、報道を見るかぎり他局と変わらない情報しか流さない。

TBSは『亀田三兄弟』というサイトを開設している。

こちらをみても“報道のTBS”なんてキャッチコピーを使っていたのに、ウソのようにピタリと更新がない。

これでは無責任すぎるだろう。

視聴率を稼ぐだけ稼いで都合が悪くなれば貝のように口を閉ざす。

まともな口のききかたもわからぬ悪ガキをヒーローに仕立て上げたのだから、しっかりとした対応をしていただきたいものである。



といようことを続けて書きたいけれど、多忙につき、時間がない。

遠藤麻理さんの川柳に関して先のブログのコメント欄でちらりと触れたので、そちらに譲って、ここらで終わり、と。



では、また後ほど…。
2008.05.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。