上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


久しぶりに娘をまじえての家族団らんの食卓。



話題があちこち飛ぶ原因は家人が無意識にひっかきまわすからだが、息子も同じタイプでふたりがしゃべり始めると、その軽みに、つい笑いに巻き込まれる。





ずいぶん前、家人がチビ姫1号に、

「ニンジンを食べると駆けっこが速くなるんだよ」

と教えたことがある。

すると、当時5歳だったチビ姫1号が運動会の前夜に、

「ニンジンちょうだい」

と言って、ニンジン料理をモリモリ食べていた。



そういう話を家人が娘に向かって笑いながら話した。



ふつうならチビ姫1号の素直さ、可愛らしい幼さについて展開していくのが、まっとうな家族の会話だろうと思う。



ところが、息子が、こう言った。



「亀がニンジンを食べたらどうなるだろうね」



そんな話に乗ってはならないのに、家人はすかさず反応してしまう。



「脚の速い亀になる」



すると息子は、まるでチータが草原を駆けるように腕を動かし、



「こんな風に亀が走ったら怖いね」



家人が大笑いをする。



ここで笑ったら息子は、さらに調子に乗る。



案の定、息子は立ち上がり、まるでオリンピック陸上の100メートル走のアスリートになりきって、腕を大きく前へ振り、太ももを持ち上げて



「亀が立って走ったりしてね」



かわいそうなのは娘である。



「痛い、いたたた…」



腹部を押さえながら笑いをこらえている。

帝王切開の痛みがまだ残っているのだ。



「あ、ごめん、ごめん」





しばらくはまじめな話に戻るが、それがいつの間にか、わずかにズレていく。



どんなズレか、といえば、たとえば、こうだ。



秋も深まり朝に夕に冷え込みが厳しくなってきた。

そういうさりげない話題であるが、家人がこう言う。



「本当に寒い。もう歳のせいか、まるで脚の芯のところに氷の棒が入っているように冷たくて、なかなか温まらない」



脚の芯に氷の棒とは、的確な表現のようにも思われるが、家族は、みんなわかっている。



「過剰な表現」

「形容がオーバー」

「おおげさ」



したがって、あまり同情を引かないのだ。



食事を、ちょっと食べ過ぎたら、



「ああ、食べ過ぎて苦しい。まるで胃に砂袋を詰め込まれたようだわ」



こんな過剰な表現は、話を深めたり、関心をひくというよりも、笑いを誘ってしまうことに本人は気がついていない。



「わたしは、どのように言ったら確実に相手に伝わるか、いつも真剣に考えて表現しているのに」



本人は大まじめに言うのだ。





「だから、この間もね」

と話を続ける。



つまり、真剣に考えている、ということの補足のつもりである。



チビ姫2号にディズニーのアニメを見せて気きをまぎらわせようとした、という話である。



そのアニメに登場してきたのが、上半身が女性の肉体、下半身が馬だった。



「あら、下半身に脚が4本あるのに、上半身にも腕がついてる。全部で6本、こんなの、あり得ないよねぇ」



と、横にいたわたしに勝ち誇ったように訴えるのだ。



「あり得ないって、なにが?」



「だって、脚が4本、腕が2本って、そんなのあり得ないでしょ。前脚って手なんだから」



「…」



「…」



「アニメに向かって、あり得ないもクソもないだろう」



「…」



「…」



「あっ、そうか、そうだよねぇ、アハハ、つい真剣に考えちゃった」



こういう話を聞かされている娘は、また苦痛に顔をゆがめているのだった。



「あ、ごめん、ごめん」







「そういえば、あの映画を見た時もそうだったんだよねぇ」



再び話し始めようとしたら、娘がさえぎった。



「もうやめて…」
スポンサーサイト
2008.11.29 / Top↑
昨日、生まれたてホヤホヤのチビ姫3号を連れ、里帰り出産の娘が退院してきた。



待ち望んでいたのは、チビ姫2号。

まだ2歳の彼女は慣れない環境で、それも母親不在という究極のストレス生活を10日間体験した。



時には涙をみせ、ぐずったりもしたが、根が我慢強いためか、後半になって原因不明の高熱を発してダウン。

わずか一日で平熱に戻り安心したが、それほど緊張し、耐えていたのかと想像すると、愛おしさが増した。



もちろん、10日間の最大の功労者は、4歳上のチビ姫1号だ。

何かと世話を焼き、オムツの処理までするかいがいしさをみせてくれた。

転げながら遊び、本人が読んで欲しい年齢なのに、つっかえつっかえしながらも2号に本を読んでやったりもしていた。



それだけにチビ姫2号は1号を実の姉のように慕い、その後ろを影のようについて歩く。



つまり、良いことばかりか、悪いことはすかさずコピーしてくる。



「全部マネをするんだから、気をつけて」



1号に注意したが、本人もそれに気がついたのか、食事の行儀もよくなり、わずか10日間でひとりっ子の1号も、大きな成長をみせてくれた。



「おねぇちゃんになったね」



そういう言葉がピッタリくるほどである。





さて、退院してきた母親にチビ姫2号は、満面の笑みを浮かべ、抱きついた。



そして、しばらくたった頃、よほど嬉しかったのだろう。

小さな体からハッピー気分があふれ出てくるようにクリスマス・ソングを歌い始めたのだ。



「チンコロベ~ル♪ チンコロベ~ル♪」



帝王切開による出産のために娘は、術後の痛みが残っていて笑うと激痛が襲ってくるという。



「チンコロベ~ル♪ チンコロベ~ル♪」



これを何度も聞かされた娘はそのつど悶え苦しみ、目には笑いと痛みの涙が浮かんでいた。



これもチビ姫1号のコピーなのだろうか…。


2008.11.27 / Top↑


昨日一日、小泉某の事件を報じるテレビニュースを見た。

どの局も同じことしか報じていなかった。



ほとんどは、警察の発表した情報とわかるもの。

続いて報道各社宛に小泉某から送られてきた同じ内容のメールをもっともらしく開陳。



自分たちの足で稼いだ情報といえば、高校時代までの小泉某は人を殺すような人間ではなかった、というコメントの羅列。



しかし、埼玉のアパートに引っ越してからはトラブル続きで、工事会社の社長に対して執拗に抗議したとの話。

一転して「あの男なら殺人もやりかねない」と変わる。



各局の報じ方、同じ人物の証言まで足並みをそろえるのだから気持ちが悪い。

まるで「右ならえ~、右ッ!」の号令がかかっているかのような報道ぶりだ。



一社でも小泉某の収入源を調査し、報道してくれればよいだろうに、と思う。

が、調べがつかないのか、どの局も報じてくれない。



仕事をやっていた形跡がないのに家賃は10年間、毎月一日前にはきちんと払っていたという。

それを受けてコメンテーターやキャスターと称する者、

「不思議ですねぇ」

とのひと言で片づける。



「不思議に思ったら、すくに調べてこい!」

とテレビに向かってツッコミたくなる。



タクシーの前で自転車で倒れ、運転手を脅して多額の治療費と1年間通院するためのタクシー料金を巻き上げ、「当たり屋」で稼いでいた、

そうにおわす報道があったけれど、そんなことで食ってこれたとしたら、タクシー会社もずいぶん甘いもんだ、と世間に向かって言っているも同然。



タクシー会社だって、その道のブロが処理するのだから、簡単にカネを出すはずもない。



カネの動きが特定できないまま、単独犯と断定することもできないだろう。



仕事をしていない者が下見、実行、出頭のために、安くはないレンタカーを何度も借りることができるはずもない。



「不思議ですねぇ」と茶飲み話をしている場合ではない。



バックに大きな組織がある。



そういう目線で取材していかないと、真相は藪になってしまう。



大本営の警察発表だけでニュース番組を構成するとしたら、日本は本当に危ない方向へと舵が切られているような気がしてならないのだ。



まるで戦前の昭和恐慌以後の日本。

そんな空気を感じる、という学者さんもいる。



自衛隊制服組が、

「政治屋と背広組が日本をダメにしている元凶だ」

と、じつに的を射た言葉で先導、決起したなら、まさにいつか来た道。



そうならないためにもマスコミ各社の「右むけぇ~ 右ッ!」報道だけは、やめていただきたい。
2008.11.25 / Top↑
100年に一度の暴風雨。

年末にかけて中小零細企業の資金繰りが大変になる。

だから政局よりも政策だ。



と、麻生総理は言った。



なのに、なにをグズグズしているのか。



このまま年末に突入、資金繰りのできない中小零細企業経営者、軒並み倒産破産で自殺者急増なんて事態になったら、麻生総理、どう責任を取るつもりなのだ。



小泉某なる男がヒーローとしてあがめられることを政権党はとくに脅えているけれど、弱り切った庶民に選択できるのは、自殺かテロのふたつにひとつになりつつある。



そこに国民を追い込んでいる政権党。



その自覚のない者たちに、



「テロは卑劣な行為」



とステレオタイプに言わせるマスコミもロクなものではない。



亡くなられたご夫妻、本当にいたましいことと哀悼の意を表したい。

個人としては立派な方だったとの話も聞く。



その上で言うけれど、組織の一部となった人間、また別の人格を持つ。



厚生省(現厚生労働省)は、薬害エイズ、C型肝炎、その他で、どのくらいの人間を殺してきたのか。

そして、年金をどのくらいちょろまかして自分たちのために使い、どれだけの年寄りたちを生き地獄に追い込んでいるのか。

天下り、渡り鳥、自分たちの年金だけは無事…。



これを、卑劣といわず、なんと言う。
2008.11.24 / Top↑
忙しい。

なんだか、忙しい。

パソコンを開く時間もない。



ブログを更新しようと久しぶりにパソコンに向かってみたが、今日は大相撲の千秋楽。

テレビをつけながら書こうとしているけれど、どうも集中できない。



若い頃は“ながら族”として十分鍛えたつもりでいたが、

いまは「二兎追うものは一兎も得ず」の諺が身にしみるだけ。





11月17日にチビ姫3号が生まれ、その後、たいへん順調。

日に日に顔立ちもはっきりとしてくるから、

「誰に似ているのだろう?」

という会話も楽しい。



2年前、チビ姫2号が生まれた時、

「誰に似ているか?」

と問うまでもなく、父親似だった。

というよりも、瓜二つ.

まるでミニチュアの父親がそこに寝ているかのようだったことを思い出す。





2日後の19日はチビ姫1号の6歳の誕生日。

祝ってやらなければならないと思うが、あまりにもあわただしい。



ケーキだけ用意し、こじんまりやろうと思っていたら、

1号をわが子同然、それ以上に可愛がってくれている奇楽庵から、

「陶芸ですが、お邪魔するつもりでおります」

とメールが来た。



「大げさにやるつもりはないから」

と返信するつもりでいたが、

確認のために「陶芸休むのかい?」と聞いてみた。



そうしたら、

「まぁ、しょうがないでしょう。会長から殿堂入りとかもろもろの祝いも兼ねて届いているしね」

と返ってきたメールに添付してある写真を見て、ビックリ。





60センチの鯛















真鯛だ。

しかも、まな板から飛び出ている。

相当なサイズである。

一瞬にして気が引き締まった。



これは大がかりにやらんとならんな、と家人に相談すると…。



「なに言ってるの、あんたの祝いでなくてチビちゃんの誕生会でしょ。飲み会じゃないんだから」



五寸釘を打ち込まれた気分。



わたしの“殿堂入り”なんか、とっくに過去のもの。



わたしの息子の師である合氣堂さん夫妻に声をかけるだけにとどめた。



で、思い出したが“殿堂入り”の褒美、コレだけ?





ご褒美のタオル













ポルノグラフィティのタオルらしい。

殿堂入りの大先輩に聞けば、

「わたしなんか、いっぱい送ってきたわよお~」

と、おっしゃる。



エンマリさん、「ぼくもなんか欲しいぃ~いぃ~」と、こんなところでおねだり。





さて、こじんまりのつもりの1号の誕生会。



奇楽庵夫妻がやってきた。

1号、2号へのプレゼントを抱え、さらに、こういうものを持って。



お造り













上から、ワラサ、真鯛、スズキ。

(撮影は奇楽庵、写真をクリックするとヨダレが落ちますからお気をつけください)



ワラサと真鯛は、当ブログ『供養祭』で紹介した少年の父である会長からの差し入れ。

スズキは、奇楽庵が釣り上げたという。



とくに真鯛は体長が60センチというから最高級である。



味?



言うべき言葉を持たない。



それは、きれいさっぱり食べた後の大皿(奇楽庵作)を見れば、明らか。







大皿





会長、ゴチでした。

奇楽庵の蔵仕事が明けた暁には、ぜひとも、一献。

















おっと、忘れていた。

西宮の大兄からの贈り物を、ここで出さないわけにはいかない。



花火付きキャンドルだ。







キャンドル



着火!















しばらくすると、ロウソクにも火がついた。

そして、オルゴールが、Happy Birthday to you♪ と奏ではじめ、ロウソクが花びらのようにすこしづつ開いていく。



ほら、こんな風に。



キャンドル2













チビ姫1号、2号は、びっくり眼で見つめていた。



謝謝!



多謝!



(撮影はいずれも奇楽庵です)







それにしても、時々、家人がなにを考えているのか、わからないことがあるけれど、この誕生会でも、それを感じた。



チビ姫1号への誕生日のプレゼント。

金髪のお下げのカツラなのだ。



また謎が増えた…。
2008.11.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。