上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
男と女ってのは、本当にわからないものです。

なんで、あの二人が?

なんて思うこと、しばしばありますものね。



ワイドショー、大喜びネタが転がり込んできましたね。

アカデミー外国映画賞とか、短編アニメ賞なんてどっかに押しやられ、



玉置浩二と石原真理子の結婚



について過去の出来事から詳細に報じております。





そこで、この結婚というものについて先達に学ぶべく、格言、箴言、警句をパラパラとめくってみました。

いろいろありますけど、だいたい目に付くのは皮肉屋さんがおおいせいか、毒のこもったものが多いですね。





たとえば、ロシアの文豪で女性遍歴では玉置浩二さんに劣らないバルザックは、こう言っておりますよ。





「あらゆる人智の中で結婚に関する知識が一番遅れている。」





こればっかりは、過去の人智もなかなか教訓として生きていかないものですよね。





そして、玉置浩二さんと同じく女優さんと結婚。

ほとんど別居生活のなかで創作、優れた短編小説群を残してくれたチェーホフは、こう言いました。





「もし人生をやり直すのだったら、私は結婚しないでしょう。」





これはおそらくチェーホフが誰かに送った手紙の中で語った言葉だと思われます。

さらにチェーホフは、こうも警告してくれているのです。





「孤独が怖ければ結婚するな。」





一人でいる時の孤独なんて、たかがしれているのです。





そして、数多くの名句を残しているフランスの劇作家アルマン・サラクルーの、あまりにも有名な言葉。





「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。」





玉置浩二さんは4回目の結婚でしたかね。



『悪の華』が有名な酔いどれ詩人ボードレールのようにならないことを。





「女房は死んだ、俺は自由だ!」





自由だ、というのは、これで自由に酒が飲めるという意味だったそうですが、酒の部分を削除されて世界に広まってしまいました。

ボードレールならではの壮絶な一言といっていいでしょう。





こんな言葉ばかりではハナムケにもならないと、最後に「結婚生活も捨てたものではない」というような名言はないかと捜索。

が、残念ながら、なかなかよいものが見当たらず…。



生涯独身を通した女優のグレタ・ガルボの言葉で〆ておきましょう。





「結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。」


スポンサーサイト
2009.02.26 / Top↑


中川さん、バチカンでもなんかやらかしたのですね。

入ってはいけないどころにまで侵入し、触ってはいけないものに触ったってんですから、こいつは典型的な酔っ払いの、バカチン・オヤジだ。



誰か、止めなかったのか、なんてことを言いますけど、これは無理ですね。

このテの酔っ払いというのは、まわりが「ダメだ」と止めたって、



「大丈夫だ、オレは酔ってない、酔ってませんよぉぉぉ~だ」



なんて言い張るうえにバカ力まであると相場が決まってるんですね。



そのへんのオヤジなら力づくでおとなしくさせればいいけれど、この大虎が日本の権力の中枢中の中枢におられる財務大臣だってんだから、手におえない。



酒ってのは、人格をコロっと変える力があるから恐ろしいですね。





かくいうアタクシも久しぶりに、この恐ろしい液体をたんまりやりました。

一昨日、集落の総会があり、その後の懇親会で、まずは酌をされるままに口に運び、最初はたしなみながら、ボチボチと。

が、時間がたつにつれ、「さ、やれさ」と一升瓶を持ち上げられてナミナミとつがれて、ゴックン、ゴックン。



懇親会終了後、親しくしていただいているお宅に上がり込んで、さらにゴクゴクゴックンしてしまいました。





その結果、昨日は、ほぼ一日使い物にならず、今朝になってようやく完全復調したしだい。



中川さんも酔いがすっかり覚めて、こんな風に思っているのでしょうね。





「やっちまったなぁ~」





って、いま思いだしたけれど、総会で区長選挙が行われ、圧倒的多数でアタクシが選出されてしまいました。

まるで談合があったかのような大量得票です。





「やられちまったなぁ~」





これで1年間は、大虎にはなれなくなってしまいました。
2009.02.24 / Top↑
ある目的を達成しようとする。

そのためには多くの人の支援を受けなければならない。

そういう局面があったとする。



問題は、その支援の輪に100%賛同する者ばかりが集まるわけではないということである。

80%の人もいれば、50%の人もいるかもしれないし、10%の賛同でも支援に加わってくれるかもしれない。

もしかしたら、まるで反対の意見を持つものも顔を出すかも知れないということを想定しておくことである。



ここが難しいところで対応の仕方を間違えると目的の達成は遠のいていく。



ところが、純粋な人ほど、ここがわかっていない。

世間を味方につけなければならない時に、過去、世間の心ない言動によって深く傷つけられた、という話を展開する。

「情」に訴えたい気持ちはわかるけれど、それでは世間を敵に回すことになる。

ここに気がついていない。



目的に向かっていく力を結集するために、心の傷は、この際、閉じこめておくことである。



そして、異論を述べる相手に対して感情的につっかかっていかないことである。

むしろ冷静に耳を傾けなければならぬ。



仮に異論を述べる相手が法律に熟知しているとしたなら、味方に取り込まなければいけない。

敵に回せば手ごわいけれど、味方になってくれれば百人力である。

そういう太い精神力、姿勢がなければ、目的など達成しない。



ところが、純粋であるがゆえに、あるいは、自己顕示欲が強すぎるせいか、異論にぶつかると、その論を理解する前に対抗心をむき出しにして正しい意見までもつぶしにかかろうとする。



これは言論の封殺であり、それをながめている10%の賛同者はおろか、80%の賛同者までも腰が引けて、結果的に支援の輪は尻すぼみになっていく。



誰が味方か、誰が支援の輪を壊しているか、そこを見極めなければならない。



人の力を借りるということは、そういうことである。
2009.02.18 / Top↑
中川昭一財務大臣の醜態、これ、自民党の断末魔か。



よりによって「100年に一度の世界的大不況」の対策を講じるG7で日本の政治の貧困ぶりを知らしめた。



ふだん右寄りのポジションからずいぶん威勢のいいことをおっしゃっているけれど、この醜態、どう決着をつけるつもりか。



「薬を多めに服んだ」などとみっともない言い訳をしている場合ではない。



仮に薬が原因だったとしても側近の財務官僚ら、質疑応答もろくにできない大臣を、なぜ記者会見にさらしたのか。



チームワークが崩れているのが、ミエミエ。

中川昭一の周辺における人間関係が壊れている、と思われてもしようがない。



そんな人間に政治をやる資格があるのか。





総理大臣だった宮沢喜一も酒癖において問題視されたことがあったけれど、周辺の人々がこれを表面化させなかった。

酒を飲めば政敵のみならず、自分以外はすべてがアホに見えるのか、罵詈雑言のつぶてを投げつけたと聞く。



こういう酒癖は下々でもよくあることで、周囲は「始まった、始まった」と言ってニヤニヤしていれば済む程度のこと。



しかし、中川昭一の場合、日本を代表して記者会見に臨んでいるのだから、世界中に日本の恥をさらした。

しかも、このインターネット時代、動画がいつまでも残り、隅々まで行き渡るのだから、日本の信頼を著しく失墜させてしまったのは間違いない。



この際、威勢のよい言説に恥じないよう職を辞すべきではないか。



朝青龍に品格を求めている日本人ってのは、いったい、ど~いんだえ!



と、世界の人々は白い目で見るに違いない。
2009.02.16 / Top↑
久しぶりにチビ姫2号がやってきた。



このチョコを持って。





バレンタイン・チョコ

 ママと一緒に作ったという。

 土台はママ、トッピングはチビ姫2号。

 なんとカラフルなこと。

 ありったけをトッピングしちゃったのじゃないだろうか。

 こんなド派手なチョコを食べるのは、初めてだった。

 スペシャルにうまかった。

 ありがとう。

 









チビ姫3号も登場した。



年末に帰って行ったときはまだ細身だったけれど、栄養が行き届いているのか、

まるでボンレスハムのようにパッツン、パッツンになっていた。

手首、足首に輪ゴムでもしているのではないか、という状態。

あやせば笑顔を見せるほどに成長しいていた。





帰り際、1号と久しぶりに遊んだ2号は、よほど楽しかったのだろう、家に帰りたくない、とグズりだし、車中で、ずっと泣きくづれていたとのこと。



そのうち、泊まって行く、と言いはじめるのだろうな、との予感。

つまり、保育園状態を覚悟しなければならぬ。



と想像しているうちに、疲れが押し寄せてきたのか、眠気が襲ってきて、昏睡。

早くも春眠暁をおぼえず状態に突入…。



このブログを更新中も、眠気と闘っている始末。





『ぼやき川柳』への挑戦、2度目になるも、いまだ白星ならず。

お題が与えられての作句は、なかなか難しいものだと、実感。



来週の川柳のお題は、「量」と「立つ」だそうで、この二語がこれから1週間、ずっと頭から離れなくなるから恐ろしい。



寝ても覚めても、「量」と「立つ」。



といいつつ、ふとんにくるまれば、いつの間にか眠りこけてしまうのだが…。








2009.02.14 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。