上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


あれは本当にうまいのか?



と疑ってしまうような食べ物ってありますね。



たとえば、この季節でいえば“春の風物詩”ということでニュース番組ではお馴染の「しろうおの踊り食い」というもの。

佐渡あたりではあまり「踊り食い」はしないようですが…。





昔、20年ほど前でしょうか、新橋のある小粋な小料理屋の女将に、

「食べてみる?」

と言われたことがあります。



まだまだ意気がっていたころですから、

「ちょうだい」なんて、こちらも無理して言ったものの、出てきたものを見て、目が点になりました。



ビニール袋の中で泳いでいるのです。



「今朝、九州から着いたばかりですから、まだ生きているんですよ」



全身が透きとおっていて黒目や内蔵までが見える。

ちょっと前に流行ったスケルトンボディ、そのものです。



そして、一緒に飲んでいたのが悪いことに「しろうおの踊り食い」の本場、北九州出身のある小説家先生で、したり顔で、こういうのです。





「あなたね、これは最高級品ですよ。噛んではいけません。そのまま飲み込むのが粋な食べ方ってもんですよ」





噛む勇気もなければ、飲み込む勇気もなかったのですが、

「そうらしいですね」

と、こちらもしたり顔でこたえたものの酔いがスーッとさめていく感じでした。

じつは、こういうの、大の苦手なのです。



よく活き造りなんて刺身が出てきますよね。

鯵の活き造りを食べたことがあるのですが、ごていねいにも頭が添えてあって、よく見ていると口をパクパクさせていて、しかも、目はこちらを見て、まるでなにかを訴えかけているようなのです。



それを見た瞬間、失せました。

悪趣味だ、と思い、以後、活き造りといったものは一切注文もしなければ、活魚などという看板がある店は避けております。



そういうわたしが、その「しろうおの踊り食い」というものを食べるハメに陥ったのでした。



女将が「しろうお」をすくって小鉢に入れてくれました。



圧巻はポン酢醤油を入れた瞬間です。

魚だけに、まさに右往左往の大暴れです。

ピチピチ、ピチピチと勢いよくハネるのです。



目をつぶって一気に口に運んでみました。

噛みませんでした、というより怖くて噛めなかった、というのが真相で、そのままゴックンと飲み込んじゃいました。



動いてましたよ、喉越しに。

そして、胃袋に収まってもなおピチピチしているような気配があり、あわてて酒も飲み込みました。



「うまい、さすが活きがいい」



格好つけて言いましたが、味なんか、まったくわかりませんでした。



あれ、本当にうまいの?

と、じつはいまでも疑っております。



なにしろ、いつまでも胃袋の中に生き物を飼っているようで、こうなったら酒をしこたま飲むしかないと、新橋から新宿へ戻り、朝まで飲み続け、「しろうお」をアルコール漬けにしてやりました。

ええ、もちろん、メチャクチャな二日酔いで、えらいめにあいましたが…。







そして、今日です。

久しぶりに「スケルトン・しろうお」と対面しました。



日ごろから愛飲している「真稜」の醸造元の若社長が、前触れもなくやってきて、

「これ」とぶっきらぼうに渡してくれたのです。



ビニール袋を手に取って見ると、一目で「しろうお」とわかり、ギョっとしました(これまた魚だけに…)。





お吸い物にでも放して食べようか、それとも、卵とじにしちゃおうか、なんて考えたのですが…。



そのとき、20年前のことが、ふとよみがえってきたのでした。

飲み込むのではなく、噛んだらどんな味がするのだろうか、との好奇心がわいてきたのです。

なにしろ北九州出身の小説家の先生もいませんし、女将もいないのですからカッコつけることもありません。

カミカミして食べてやろうと、そう思ったのです。



「しろうお」は、すでに息絶えているようでしたので、そのまま酢醤油で一気に口に運び、カミカミ、カミカミ、カミカミ…。





踊り食い























うまッ。



プリプリとした食感で、噛めば噛むほど口の中全体に甘みが広がっていきます。

ちょっと驚き、もう一杯小鉢にすくって食べてみる。

やはり、うまい。



ためしに、息子にも「食ってみろ」と言ったら、一瞬、間がありましたから返事もきかずに、出してやりました。

すると、「あら、美味しい、甘いね、これ」と同じ感想。



いやはや、こんなにうまいものを、なぜ九州の人たちは、噛まずに、飲み込むんだろうと、不思議な気分になりましたよ。



おそらく「粋な食い方」ってことなのでしょうね。



蕎麦なんかでも、よく言われました。

いわゆる蕎麦通と称する方が、

「噛んじゃいけないよ。蕎麦はのど越しで味わうものだ」

と言って、かなり大げさにすする音をたてて食べていた姿がいまも思い出されますが、そんな食べ方で本当に美味しいのでしょうか。



わたしなんかは、要領がいい方なものですから、

「蕎麦は、やっぱりのど越しですよね」

と、相づちを打ちながらも、カミカミ、ゴックンしていました。



そういうわけで、わたしも粋を追求したいところですが、「しろうおの踊り食い」と「蕎麦」は、噛んだ方が絶対にうまいですよ、みなさん。



ついでに、「しろうおのかき揚げ」も作ってみました。



しろうおの天ぷら



これまた絶品でした。



緑は、大好物の春菊の天ぷらですが、なんと、この春菊天を初めて食べたチビ姫1号が、

「美味しい、美味しい」と、大絶賛。



味覚の隔世遺伝のようです。







春らんまん…。



ごちそうさまでした。


スポンサーサイト
2009.03.31 / Top↑


大阪場所、朝青龍の失速で、白鵬の全勝優勝。



気迫相撲の朝青龍、後半になって“気”を支える体力が急速に低下したのが、失速の原因か…。



つまり、稽古不足。



日馬富士に一敗をきす前日、千代大海戦にて、すでに気力にかげりあり。

最後の塩を取りに行くとき、まわしを叩いて気合いを入れる所作が見られず。

相手が満身創痍の千代大海だからなのか、とも思ったが、

翌日の日馬富士戦で敗れ、気力の糸が完全に切れ、これによって優勝争いへの関心も薄れて千秋楽も尻すぼみ。



場所直前にファッションショーに出ている場合ではなかった。



「相撲協会が認めたこと」

とはいえ、このあたりが朝青龍の脇の甘さ、相撲をナメていると思われてもやむをえなし。



一方の白鵬の充実した相撲ぶりは、お見事。

土俵上での所作ももたいぶったところもなく、立ち合いの鋭さ、タイミング、じつに立派。

堂々とした強い横綱の風格がそなわったとの印象。



このままでは五月場所も白鵬の連勝街道か。





          ※





放鳥のトキ、4羽目が海を越えたとの報。

その4羽、すべてメス。



そして、佐渡に残っている4羽はオスばかり。



海を隔ててオスとメスが別居生活。



なんとも皮肉。



佐渡という島、人間のみならず、トキまでも嫁不足。



ある若い男の怒りの一言。



「メスの考えていることは、本当にわからん」



そして、ある若い女の一言。



「トキまでも 佐渡の男に 何足りぬ」



と川柳を送ってきた。



あるオジサンのブラックな一言。



「中国の若い女をドンドン連れてきて、放し飼いにしたらええ」



なんの話だ?





          ※





土日祝日、高速1000円均一、ただしETC搭載車のみ。



嬉々としてドライブする日本人の顔、顔、顔…、アホに見える。



なぜETC搭載車のみなのか?



なぜトラックはダメなのか?



2年限定だけど、その後は、どうするのか?



民主党が政権を取ったら「高速は無料」となるらしいが、搭載したばかりのETCはどうなるのか?



ETC1台売れるごとに「道路システム高度化推進機構」なる国交省の天下り組織が、なぜ肥えてゆくのか?



暫定税率の延長をめぐり時の福田総理、

「ガソリンを安くすることは、環境、エコの面から考えてどうか?」

と問題提起するも、1年もたたないうちに、エコ話は、エセ話となったか?





というような数々の疑問あるも、そんなことより目先の得とばかりにETC購入に長蛇の列。



いかにも愚かなる民…。



ついでに、千葉県知事の選挙。

万年青年、大根役者、当選の報。



愚かなり…。


2009.03.29 / Top↑
人の言葉を真に受けて、何度も痛い目にあうという人が世の中には案外多いようですね。



だいたい生真面目な人か、世間を知らない幼さを持った人なのでしょうか。





かくいうわたしも、昔、何度か痛い目にあいました。

言葉巧みに持ち上げられ、そうとは知らずに、みんながやりたがらない仕事をうっかり引き受けて、後になって悔いたことが何度かあります。



そうした苦さを何度か噛みしめてくると、人の言葉は100%真に受けてはならないぞ、との経験則が自然に身についてくるもんですね。



はい、そうです。

齢を重ねるうちに、しだいに人が悪くなってきます。







「芸人の妻ですから」



嫁が、こう言ったからといって100%真に受け、「浮気公認」と受けとった男がいますね。





若いな…。

幼いな…。

アホだな…。

と、わたしは、そう思いました。



ま、たいがい若い男というのは、アホですね。

自分に都合のいい言葉は100%真に受けますから。

それで、とんでもない痛い目に合うのですね。



その「痛み」こそが「芸の肥やし」になるのですが…。





ところが、近ごろはなにを勘違いしているのか、「女遊び」イコール「芸の肥やし」と思っている者がいるようですね。

陣内くんも、そうでしょう。

だから罪の意識もなく「女遊び」に文字通り精を出していたのだろうと思います。



「芸の肥やし」だから「女遊び」をする。

これ、逆なんですね。



芸人に必要なのは、なにかというと色気なんですよ。

一流と言われる芸人ともなれば色気をぷんぷん漂わせていますから、ジタバタすることもなく、黙ってたって女が寄ってくる。

モテるのは、当たり前ですよ。

モテない芸人なんか芸人ではない、と言ってもいいでしょう。



その結果として紀香姫に「芸人の妻ですから」と言わしめ、「モテるのは仕方がないこと」と、陣内くんに一流の芸人になって欲しいと望んでいたわけですね。

つまり、遊べ、と言ったわけではないのですよ。

そこを若い人は、勘違いをするのですね。





さてさて、陣内くんは、一流か、どうかなんて問うまでもありませんね。

彼の芸とはなにか、わたしにはさっぱりです。



だいたい陣内くんの名前を知ったのは、紀香姫が結婚する、とのニュース報道でのことですから。

それまで陣内といえば、役者の「陣内孝則」しか知りませんでしたから、「智則」は、その弟か、なんて思ったぐらいです。



その後、何度かテレビで見ましたけど、陣内くんのパフォーマンスで笑えたことは、残念ながら一度もないのですね。

正直言って、その一人芝居のようなコントの面白さがちっともわかりませんでした。



しかし、「紀香姫の夫」という付加価値がついてからはテレビによく出てきては、結婚生活をネタにされ、いじられ役をやっておりましたが、やはり、どうってこともない。



つまり、彼は「芸人」というよりも、ただの「紀香姫の夫」でしかなかったわけでしょうね。



それなのに「芸人の妻ですから」という紀香姫の言葉を真に受けて遊びまくっていたとは、本当にお笑いぐさです。





だいたい、芸人であれ、なんであれ、どこの世界に旦那の浮気を心の底から容認する妻がおりますか?

表向き、そうは言っても腹の中では「わたしがいるのに、浮気なんか許さない」なんて思っているのが、女というものでしょう。

そこまでいかなくとも「やるならうまくやってね。表ざたにだけはなりませんように」と思っていたに違いありません。



「2人や3人ならば許せるけれど、そんな程度ではない」

と紀香姫の母親がコメントしていたようですが、

これまた人数の問題ではないのですよ、陣内くん。

半端な芸人のくせに1人だって許せない、と思っているのですよ。



しかも、陣内くん、写真まで暴露するような女を相手にしてはいけませんね。



素人に毛の生えたような女に手を出すからそういうことになるのであって、プロにはプロの遊びがあるのでしょう。

そこをわきまえないと肥やしにもなりませんて。



そこで一句。



  ゲイノージン 肥やし求めて 才つぶす 



なんてことになりませんように…。
2009.03.27 / Top↑


まさしく“いくさ”でしたね。



それも死闘といっていいほどの戦いぶり。



とくに9回裏の韓国の攻撃には唖然としました。



執念というか、怨念といってもいいほどの粘り強さ、地の底から沸き上がってくるような不気味なパワーを感じ、タクアン・ザムライであるわたしなんぞ、横になったり、座り直してテレビに向かっているだけなのに死闘を演じているほどにヘトヘトになっていました。





おそらくわたし以上に熱くなっているだろうと思われる農民音楽家が心配になり、



「血圧は大丈夫でっか? こちらはションベンちびりそうです」



そうメールを送信しましたら、ダルビッシュが同点打されたことがよほどこたえていたらしく、



「心臓、止まりそうです」と返ってきました。





その直後でした。



10回の表、日本の攻撃。

ランナーは、2塁3塁。

バッターボックスには、イチローです。



こういう場面、いかに不調のイチローでも毎年200本以上の安打を記録している男ですから、空いている1累に行っていただくのが、セオリー。

つまり、敬遠か、なんて思ったのですが、なんと韓国のストッパーは真っ向勝負ときました。





韓国側では、いまごろ、このイチローとの勝負については賛否両論、ワイワイガヤガヤ、ケンケンガクガクの論争が起きているのだろうな、と想像されますが…。



それはさておき、「心が折れそうになっていた」イチローに「神が降りてきた」ようで会心のタイムリー2点打。





すかさす、農民音楽家から歓喜のメールが着ましたよ。





「ウンコ出そう…」





尾篭?

いやいや、これ以上、正鵠を射るような表現はありますまい。

なにしろ興奮の絶頂にあり、なにが起こっても不思議ではない状況に投げ込まれたわけですから。



とにかく、それほど壮絶な戦いでした。



日本もよくやったけれど、韓国の、この強さには、心底、驚きました。



たとえ日本が負けたとしても、それは歴史に残る好ゲームとして未来に語り継がれることでしょう。





そんな気分でいましたら、奇楽庵からは、こんな謎めいたメールが届きました。



「買い物行かねば」



文脈もクソも、行間もありませんが、この一言の背後に横たわっている情報を読み解かなければなりません。



どう思いますか?



わたしは、こう読みました。



祝勝会をやるつもりだな、と。

それも盛大にやるつもりはないけれど、やりませんか、との誘いと解釈すべきなのですね。

これが読解力というものなのですよ、みなさん。





ところが、ところが、ところが、なんです。



準決勝でアメリカを撃沈、さらに宿敵の韓国を撃破して世界を制覇したというのに…。



奇楽庵は、○○に負けたのでした。

(○○に入る言葉は、奇楽庵のブログ『島発2等』の2009年3月24日付けでご確認を…)







というわけで、大相撲。



なんと、朝青龍が、不調の日馬富士に敗れ、1敗したじゃないですか。

これで千秋楽での全勝対決の夢は断たれました。



が、考えてみると、全勝同士の対決では一発で優勝が決まってしまうのですね。

これはうっかりしておりました。



それならば先場所のように千秋楽結びの一番で星が並び、優勝決定戦へ、という流れが最高じゃないか、とハタと気がついたのでした。



先場所は白鵬が先に1敗、そして千秋楽で朝青龍を破って優勝決定戦に持ち込んだのでした。

今場所は、その逆ですから、これは面白くなりましたよ。





そういうわけで明日からは、高校野球と大相撲。

と思っていたら、なに、浅田真央ちゃんとキム・ヨナちゃんの日韓対決があるんだと?



仕事がなかなか手に付きませんが…。
2009.03.24 / Top↑
年度末というのは、年末と同様、なにかとあわただしい。

チビ姫1号の卒園、小学校入学の支度があったり、集落の役員の引き継ぎやら、なんやかやと忙しい。



しかもWBCなんてイベントがあり、朝からサムライがアメリカチームと戦っていた。



「アメリカに追いつけ、追い越せ」で75年の日本の野球が、ベースボールに勝てるかどうか。



なんてことをアナウンサーが言っていたが、アメリカのチーム、高額年俸の選手は球団の意向を優先し、辞退者が多くて最初から志気は上がっていない。

いまのニッポン野球なら審判さえまともなら間違いなく勝てると予測。





同じ時間帯、NHKではセンバツの中継、新潟県の文理高校が戦っているではないか。

それだけなら、どうってことはないけれど、文理高校出身の知人が佐渡から甲子園へ応援に駆けつけたとの話を耳にした。



「Rのことだから、絶対に目立つところにいるに違いない」



なんて勝手に思ってWBCとセンバツを行ったり来たりしながら見ているものだから、頭がこんがらかってくる。





WBCとセンバツでは、レベルは大きく違うけれど、その面白さにおいてなにかしら共通するものがある。



ふだん野球はほとんど見なくなっているのにWBCや高校野球になるとにわかにナショナリズムが目覚めてくる。



相手がどのチームであろうと無条件にサムライを応援し、当然のごとく文理高校に声援を送る。

力の入り方がまるで違うのだ。

だから面白いのだろうと思うが、あまりにもあわただしい。







しかも、夕方からは念願だった2人横綱の大相撲である。

これは見逃せない。

両横綱の強いこと、強いこと、全勝街道をぶっちぎりで突っ走り、“朝青龍・白鵬時代”が現実のものとなった。



これ、どちらかの横綱が欠けていたら、どうなるか。

優勝争いなんてのはなくなり、野球でいうところの消化試合の様相を帯びて面白くもなんともない相撲。



原因は明白。

大関陣、お話にならないぐらい弱すぎってことに尽きる。

それほど横綱と大関との力の差がありすぎるのだ。



それにしても両横綱、千秋楽に向かってすでに火花を散らしている。

どちらも勝つことへの執念はすざましく、一歩も譲らない。

こうなったら全勝のまま千秋楽対決といってほしいものだ。





と、その前に、明日だ、明日。



サムライたちが、宿敵・韓国との一大決戦。

これは万難を排しても観戦せねばならない。



本当に忙しい年度末である。

仕事をする暇もない…。
2009.03.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。