上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
党首討論で麻生総理、

「国民の最大の関心は西松建設の違法献金問題」とおっしゃった。



国民の最大のイラダチが、こうしたズレにあることを、まるでご存じない。



「100年に一度の大不況」なのだから「政局より経済対策こそが大事」と言って解散から逃げまくり、ついでに役人のお手盛り大型補正予算、豆腐を数えるがごとく「ちょう」という単位が乱れ飛ぶ。



それに対して鳩山代表は、びっくりするような数字を上げた。



「天下りは4500団体に2万5000人の天下った方々がいて、12兆1000億円の国の予算がそこに流れ、半分が随意契約だ。官僚の利権をそのまま擁護する政治家たちが、信じられない天下り天国を作ってしまっている」



麻生さん、これこそ“国民の最大の関心事”ですぞ。



すべて無駄とは思わない。

が、「半分が随意契約」というのだから6兆500億円というカネの使い道、いかにも怪しい。



随意、つまり思うがまま、役人らのさじ加減ひとつで6兆500億円ものカネが使われているのだから、有象無象が蜜に群がって当然。

いわゆる勧善懲悪風時代劇における悪代官、悪徳商人の構図。



「お前もワルよのぉ」なんて認識、自覚があればまだまし。

麻生総理の「100年に一度の大不況」というキャッチフレーズのおかげで悪徳もまた正義とばかりに湯水のごとくカネを使いまくる。



そして、これから「役人による役人のための役人の」補正予算14兆円の莫大なカネをバラまくというのだから、まさに“お役人パラダイス”。



マックス・ヴェーバーというドイツの社会学者、100年以上も前に、

「巨大化するにつれて機械化する官僚組織は、しだいに人間を圧倒しはじめ、ついには個人を機械の一部品と化していく」と、官僚制のマイナス点を指摘。



日本の官僚組織、まさに、ヴェーバーの指摘するマイナス地点の最高峰に到達。



年金やら薬害問題、事故米…、など、官僚の対応を見るにつけ、規則万能主義でいながら秘密主義、さらに自己保身、その責任回避ぶり、「おぞましい」という以外の言葉、見当たらず。



ついでにいえば、選挙目前にしての野党党首の秘書を逮捕なんてのは、検察官僚の横暴のきわみ。

主権在民、民主主義の根幹である選挙を操作、破壊する行為、これぞ、官僚国家における象徴的事件と断罪すべき。





役人の天下り先への巨額のバラマキに対して、民には小学生のお年玉ていどの定額給付金。

こんなもの、時速20キロ未満の速度違反キップで、すぐ回収できる額。

捕まえるも、お目こぼしも、国家権力の胸先三寸で、運が悪かったと民の側、反省する気にもなれず。



さてさて「焦眉の急」とおっしゃる自公連立政権の景気対策、その効果、まだ表れてはないが、逆の方はすでに出た。

今年1月から4月に全国で自殺したのは1万1236人(暫定値)で、前年同期より約500人増と警察庁が発表。



一日、何人の方が自殺しているのか?



原因が、すべて経済の問題とは言えないけれど、この10年間、毎年3万人の自殺者を出しつづけたことについて、

格差をひろげた連立与党のお歴々、少しでも責任を感じておられるのなら、政権の座から下りてしかるべき。



新型インフルエンザをも選挙対策と思ったのか、

「国民の生命を守ることこそ大事」と張り切りすぎで、隔離、閉鎖、自粛のレールを敷き、経済活動まで停止、困窮者をますます困窮せしめて、インフルエンザの犠牲者はないが自殺者増に拍車をかけたのではあるまいか。



経済と病、いずれも大事であることに違いない。

そのバランスをとりながら決断を下すのが、リーダーたるものの役割。



が、万が一の非常事態を想定し、集団ヒステリー状態にあるメディアが、それをあおるから国民は、ひきこもり、閉じこもり、金縛り状態に陥り、カネもまわらず…。



選挙対策の得点ばかりを狙うから、経済、新型インフルの両対策、核心からはずれっぱなしで、いずれも靴の上から足を掻いているようにイライラがつのる。



国民の最大の関心は、「はよ、解散せぇ」ということに尽きる。

自民が勝てば、そのままやればよし。

負ければ、さっさと野に下り、国民の関心事について、じっくりと学ぶべし。
スポンサーサイト
2009.05.28 / Top↑
自分のオナラは許せるけれど、人のオナラは許せない。

この気持ち、わからないではないが、やっぱり無理がある。



崖っぷちにたっている国が、プッ、プッと二度ばっかりくっさい屁を放ったからといって、

「あの屁だけは許せない」

と世界一のオナラ大国が非難するのは、ちゃんちゃらおかしい。



自分たちアメリカはさんざんっぱらやっておいて、北朝鮮がやっちまったら国際社会を持ちだして孤立を深めるだの、なんだのと優等生風イジメっ子のような言い分を展開する。





だいたいオバマ・アメリカが核の削減を言い出したのだって、従来の核兵器が古くなったので、それを処分せねばならない時期が来ているだけの話。

しかも、アメリカが保持していたって相手はテロリストなのだから宝の持ち腐れ、使い道もない。

ならばテロリストに使われる前に廃絶すべきと考えるのは、当たり前の思考。



本気で削減、廃絶するのなら、隗より始めよ、人の顔色をうかがわず、さっさとやればよい。

ならば、北朝鮮に対しても説得力をもつ。

国際社会も立ち上がって拍手、オバマを世界の救世主として崇める。





しかし、アメリカ、自分たちは保持しつづけているから、貧者の恫喝を得意とする北朝鮮も引かない。



核施設の無能力化と引き換えにテロ指定国家解除。

だが、気がつけば核実験、ミサイル発射、核の小型化まで手をつけているともいわれ、アメリカ外交は人類をますます危機においやっている。





一方の日本、北朝鮮の核実験をチャンスとばかりに自民党防衛部会では『防衛大綱』に「敵基地攻撃能力の保有を要求」という話が出ている。

要するにやられる前にやれ、という発想。

ついでに言えば自民党は、「武器輸出三原則の緩和」を方針として固めたというから、これ、軍需産業復活で、戦争こそ最大の景気対策となる道筋。

これは危ない。



「攻撃は最大の防御なり」

なんて話はスポーツの世界では当たり前だが、これを国家の間でやりあったら、互いの国土は、それこそ火の海と化す。

誤爆と称して都市を攻撃、女子供を大量に殺戮するなんてのもアリ。

いったい、なにをもって防衛と言うのか、そのあたり、わけがわからなくなっている。



そのうち日本も核武装すべき、という流れが作られていくだろうが、そんな話にはいっさい聞く耳持たず。

北朝鮮がいやがらせに屁をこいた、と、その程度に考えておくことだ。



そんなことよりも、新型インフルエンザにみるこの国の対応、水際対策なんてことで、すべての力を水際に結集して防衛しようとしたが、あっさり破られ、関西圏であっという間に感染拡大。



潜伏期間を考えれば水際で食い止めるなんてのは、誰が考えても無理。

「時間かせぎになった」と舛添大臣は胸を張っていたけれど、時間をかせいで、なにをなさっていたのか。



「濃厚接触」などと、若い娘さんなら顔を赤くするような言葉をつかって長期間の隔離を強制するものだから、弱毒で、季節性インフルエンザと変わらないとの情報が流れたとたん、休むこともままならぬ人々、多少の発熱でも検査を敬遠。

したがって東京都内では感染者は数字となって現れず。



有効かどうか、わからないけれど、マスクが全国から消え、もっとも必要とされる妊婦や持病をお持ちの方々に優先してまわす政策もとらず。



オバマ・アメリカは新型インフルエンザ対策に15億ドル、日本円で1450億円を各州の現場にポンと供出したが、聞けば麻生・日本は全国の保健所にわずか8億円を対策費としてまわしただけ。

政権を守るために大盤振る舞いのバラマキはやるが、国民の生命を守るためのカネは、雀の涙。



こうした事実、さる国家からみれば核なんかよりも「生物化学兵器」の方がずっと有効とみる。



いずれにしろ、「屁には屁を」なんてことでもって「敵基地攻撃能力の保有」とか「武器輸出三原則の緩和」がセットで出てきたら、要注意。

犠牲多くして、益を得るは、ほんの一握り。



ここは、やっはり、小ッ恥ずかしくて、なかなか口には出せない言葉だけれど、「友愛」のシンボル、鳩の山を支持したい。
2009.05.26 / Top↑
日馬富士の初優勝、お見事。

よくぞ、ここまで大相撲を盛り上げてくれたものだと拍手喝采を贈りたい気分。





13日目、白鵬にすそ払いで敗れたとき、これで日馬富士の優勝はないかとの思いがかすめる。

あのすそ払い、まるで日馬富士の優勝への意欲をそぐようなタイミングだった。



ところが、翌日の14日目、連勝記録更新中の白鵬が琴欧洲に上手投げで土俵に転がされ、土がつく。



これには、目が点になるほどビックリ。



同部屋の大関、琴光喜とともに“蚤の心臓”の琴欧洲が白鵬の連勝記録を「33」で止めてしまったのだから、大事故だ、ではなく大事件。



土俵下から見ていた「35連勝」の記録を持つ朝青龍、顔色ひとつ変えなかったけれど、腹の中では、ホッとしていたに違いない。





その直後の結びの一番。

一敗同士で朝青龍と日馬富士の対戦。

これも、ビックリ。



日馬富士の外掛けが見事に決まり、全身反射神経ではないかと思う朝青龍を背中から落としたのだ。

朝青龍、腰のあたりを強打、しばらく息ができなかったか、うずくまったまま起き上がれず。





ビックリ相撲が二番続いたが、久々に本来の大関というものの強さ、存在を強く印象づけ、やっぱり、大関が強いと相撲は後半になって面白くなるとあらためて思う。



それにつけても日本人3大関のふがいなさ、とくに千代大海の“星の貸し借り相撲”まがいの土俵を見せられ、ますます引き際の悪さ、煮え切らなさ、美学のなさに、心技体といいながら、すべてボロボロ、大関の名を汚している。





千秋楽、できれば稀勢の里、朝青龍、日馬富士、白鵬の4人での優勝決定戦というものを期待。

しかし、1敗で並ぶ白鵬、日馬富士の決定戦の可能性が大きいと解説の舞の海。



果たして、舞の海の予想通りの展開。



日馬富士、絶体絶命の状況から豪快な首投げで琴欧洲を仕留めた相撲に、これまた驚かされた。

日馬富士、右腕を完全に殺されていた。

舞の海が「あれしか手がない」と言わせた首投げ、琴欧洲だって予想はしていたに違いないのに、ドンピシャで決まり、あの大きな琴欧洲が転がった。



相撲の面白さ、小兵が大型力士をぶん投げるところにあるが、それをまざまざと見せつける日馬富士のワザの切れは、モンゴル人特有のものなのか。



そして、優勝決定戦。



13日目、すそ払いで負けた相撲を思い起こされるが、この決定戦でも同じような立ち合いだったけれど、白鵬にまわしを与えない格好。

ジレる白鵬を左下手投げで下したけれど、投げの瞬間、日馬富士の右手は白鵬の右膝の上あたりをおさえていた。

これでは白鵬も足を前へ送ることもできず、転がるしかないという理にかなったワザ。



豪快さもあれば、この精妙さ。



日馬富士、来場所は綱取りだというのだから、これは目が離せない。







さてさて、好感度バツグンの豊真将、15戦全敗になるかとヒヤヒヤしていたが、千秋楽にて1勝。

勝った直後に涙さえ流していた様子、こちらも年々歳々、涙もろくなりつつあり、あやういところだった。

立ち合いから一気に攻める相撲が取れれば、この人、本当に強くなるのだけれど、あの生真面目さ、不器用さが魅力でもあり、歯がゆくもあり…。





いつの頃からか、母親が枡席でわが子を応援するようになったのは…。

昔、遠く故郷にてテレビに向かって応援する父や母の姿を美しく思えたものだった。

とくに母親は、わが子が戦う姿をテレビで見ることさえできず、台所に立っていたなんて話もあった。



目立つようになったのは、モンゴル勢が親兄弟、親戚一同を招待するようになってから。

モンゴルの民族衣装を着て、国旗を振り回す。

気持ちはわからぬわけではないが、あまり見よい光景ではない。



そして、「お母さんに感謝」という言葉、優勝インタビュー、その後のスポーツ番組にて日馬富士はなんども口にしたけれど、なんとも落ち着かぬ思い。

そんなことは口に出して言うまでもない、というより、相撲取りは、表向き、武士(もののふ)として存在して欲しいと期待される存在。

“マザコン大関”では、神秘性もなし。



というようなこと、本来、横綱審議委員会のウチダテのオバチャンあたり、あるいはやくみつるがおっしゃる言葉か。



神事・伝統文化としての相撲、そして、興行としての相撲、

いずれも大事と思いつつ、ただ一点、確かなことはテレビ受けを狙いすぎるとロクなことにはならない。

インタビューする側の誘導こそ、相撲の魅力をそぎ落としていると断じておきたい。
2009.05.25 / Top↑


佐渡はいま、タケノコ、真っ盛り。

肉厚で味も濃厚な佐渡産ワカメとの相性はバツグンで、若竹煮を何度もいただいた。



タケノコご飯、お吸い物、牛肉ではなく豚肉の青椒肉絲風、土佐煮、ドンブリに作るのだから、こんな言い方は変だけれど、タケノコの茶わん蒸し…。



このタケノコというのは食べても食べても、次から次と出てくるし、保存がきかぬので、手を変え、品を変え、という具合に食い続けることになる。



という農民音楽家のお宅から自称タケノコ愛好家であるワタクシが、どっさりといただいたのだ。





評判のよかったのが、イタリアン風。

ちなみに、この“風”というのが、わが家での特徴で、なんであれ、決して本格派には行き着けないところがあり、これがいわゆるわが一族の“家風”になっている。





タケノコのイタリアン風というのは、つまり、オリーブ油を入れたフライパンに刻みニンニクと鷹の爪を弱火でじっくりと香りが出るまで炒め、タケノコを投入する。



このタケノコは、あく抜きはもちろんしてあるけれど、それからもう一度、茹で上げている。

それをザルに上げて、水気を飛ばしてある。

このひと手間がなかなか大事で味のしみ込み方が、まるで違うことを今年になって知った。



フライパンにタケノコを投入したら、全体に油がまわったのをみはからって、きつめの塩で茹でているパスタの茹汁をフライパンに入れる。

これをしっかりと煮詰めていくのがポイントで、汁気がなくなり、油と茹汁が渾然一体となって油化した状態になったらパスタを投入し、よくからめる。

最後に胡椒をふり、オリーブ油をそそぎ入れて、木の芽を添えれば完成である。





タケノコのイタリアン



これ、バカウマである。



翌日は、これのパスタ抜きをやってみたが、これまたうまかったから、タケノコとニンニクの風味との、相性がよいのだとわかる。















さらに、これは保存用に挑戦してみたのが、いわゆるシナチク風。

ラーメン店で言うところのメンマである。



これが、また大ウケで、とくに息子はモリモリといった表現がピッタリくるほど口に運んでいた。

冷凍保存しようとしたけれど、冷凍するまでもなく胃袋に消えた。



これも簡単。

あらかじめタケノコ繊維が6センチか7センチぐらいになるようにしてカットし、細切りにしてゆく。

それを電子レンジでチン、水気が飛んだら、細切りのタケノコを、今度は指で裂いていく。

この作業が大事で、味のしみ込み方に違いが出る。



フライパンにニンニク、ショウガ、長ねぎをみじん切りにしたモノを弱火でじっくりと炒め、色が変わってきたら、テンメンジャンを入れる。

そこに裂いたタケノコを炒め合わせ、鳥がらスープをひたひたになる程度に入れる。

醤油、酒、ミリンで味付けし、まわしながら煮つめてゆく。

水分がなくなってきたら、ごま油をまわしかけて、ほい、出来上がり。



しなちく



白いご飯にも合う。



もちろん、ラーメンにもいい。



ビールのつまみにもピッタリ。













この孟宗竹のタケノコが終われば、淡竹、真竹の順でつづく…。

なんとも豊かな島である。
2009.05.16 / Top↑
民主党の代表選びについて、テレビ、新聞は、相変わらず世論調査の数字をタテに横やりを投げつける。





「世論調査では圧倒的に岡田さんが有利」



「選挙の決め方が、昔の自民党」



「鳩山さんでは、小沢院政」



そして、こんなことを言う人もいる。





「鳩山さんで政権交代が可能だと思いますか。国民は、岡田さんを待望しているようですが…」





と、どうあっても鳩山・小沢ラインを排除し、岡田代表としたい様子。



理由は簡単。



政権交代が成功し、岡田総理が実現したとして、党内をまとめるだけの力が若き岡田にあるわけがない。

したがって細川内閣や羽田内閣の二の舞い。



と自民党のお歴々は読んでいるに違いなく、だからこそ検察を使い、マスコミを使っての“小沢つぶし”にやっきとなる。



事実、小沢の力、存在を失った民主党、左の旧社会党、右傾化し尽くした旧民社党までをまとめあげるのは至難のワザ。

自民党の手練手管の者が、ちょいと手をつっこみ、耳元でなにかをささやけば、ガラガラと瓦解しかねない。



と、わかっている小沢、なんとしても調整型の鳩山で政権を取りにいかねばならいとの並々ならぬ覚悟を決めているからこその選挙日程。





だいたい、世論調査の結果に流されて痛い目にあったのは、ちょっと前。

いまでも、総理候補に名の上がる、小泉人気。

喉元すぎれば熱さ忘れるは、人のならいとはいえ、あまりにもお粗末。

小泉人気政治こそ、衆愚政治の典型と、100年後の教科書に登場するのではあるまいか。



それに一役も二役も買って出たテレビ、新聞の反省の弁もなく、いまだに世論調査の結果では…、と衆愚に責をおわせるがごとくの言説。



昔、オピニオンリーダーという言葉があった。

識者とか、知識人という言葉も生きていた。

が、いまはすでに存在しないかのように、テレビ、新聞でモノを申す者たち、大衆に迎合するだけの言葉しか持たず。



いま、必要なのは、繰り返し主張しているけれど、政権交代によって自民党政権、および自公連立政権、そして、なにより官僚政治の長年の腐臭漂う膿を出しきること。



そして、民主党のマニフェストがどこまで現実的なものか、とりあえず、やらせてみることだ。

やらせもせず、大借金を国民に抱えさせ、バラマキしか能のない自民党に「財源はどうするんだ」などと言わせるバカらしさ気がつくこと。



民主でダメなら、小沢の目論む、政界の大再編で、新たなる政治システムを構築。



こういう流れで話を進めないことには、この日本、麻生自民のバラマキでは先行きが恐ろしくて、落ち着かぬ。



大借金をかかえている国家、歴史をひもとけばやることは決まっている。



簡単なのは、大増税。



それが無理なら知らないふりして超インフレ状態を作り、借金を実質上チャラにする。

その挙げ句に戦争へと向かう、のが相場。



あるいは、軍事を主体にした強権国家にしてしまえば、それこそ徳川幕府がやってのけた棄捐令というワザもある。



いずれにしろ、下々はさらに痛めつけられことだけは確か。

“格差コイズミ”を作りだした「世論調査」なるもの、それをタテに物申す者らを信用せぬことだ。
2009.05.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。