上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月28日に誕生した子犬5匹、すべてもらい手が決まりました。



生後2ヶ月目の6月27日(土)に、ひそかに「大将」と名付けていた雄の子犬がもらわれていきました。





これが「大将」です。





大将















「大将」は生まれながらに他の子犬に比べて一回り大きく、食欲も旺盛だからグングン育ち、もらわれていくときには二回りぐらい大きかったのではないかと思われます。









でかい

手前の横になっているのが大将ですが、他の2匹に比べても、かなり大きいでしょう。

まるで親犬のようです。











ある日、この「大将」が行方不明になったことがありました。

気がついたら一匹だけいないのです。

そこで母犬にリードをつけて捜索を開始。



当然、鼻先を地面にくっつけながら、わが子のところへ一直線へと向かうだろう、と思いきや、分かれ道にさしかかったら、ピタリと足を止めました。

そして、わたしの方に視線を向けるのです。



まるで「ボス、どっちへ行きましょうか」と、相談している目なのですね。

ったく、犬の鼻もアテにならんな、と思い、まずは交通量の多い道路のある方角へ進んでみました。

万が一、車に轢かれていたら、なんてイヤな想像をしながら歩いていきますと、なにやら子犬の鳴き声が聞こえるのです。



「く~ん、く~ん」



耳を澄ますと、風の音の中に確かに子犬のか細い鳴き声がかすかにまじっているのです。



耳をダンボのようにしながら、幹線道路を右方向へ進んでみました。

しばらく歩いていくと、今度は、背後から聞こえてくる。

「行きすぎたか?」と戻ってみると、母犬がリードをピンと張るぐらいに勢いよく向かっていきました。

深い草むらにひそんでいる「大将」を母犬が発見したのでした。



つまり、ですよ。

母犬は迷子のわが子の目の前を一度通り過ぎているのですよ。

犬ってこんなもんですか?

わたしが戻らなかったら、この母犬はわが子を一生発見することができなかったのではないのか、ったく、こいつの鼻はどうなっているんだ? なんてことを思いましたが、目の前で繰り広げられている親子対面の感動のシーンに、そんな思いも吹っ飛びました。



よほど心細かったのでしょう、大将はめいっぱい母犬にじゃれついていました。

図体は大きいけれど、まだまだガキなんですね。





その大将が最初に親兄弟から離れ、水彩画の名手のお宅にもらわれていきました。



その夜、リーダー不在になった兄弟犬は、主導権争いを始めたのか、かなり本気で吠えたり、悲鳴を上げたり、戦いが演じられていたようでした。



そして、翌日、つまり昨日、2匹が、それぞれの里親に引き取られていったのでした。



残った2匹の子犬も、今週末にはもらわれていく予定です。



あまりにも寂しそうなので、今日は母犬の散歩に2匹の子犬も同行させました。

初めての遠出です。





残り2匹



チビ姫1号も、母犬も、そして、子犬たちも、なんとなく寂しそう…。



といっても、すべての子犬に里親が決定し、ひと安心です。

ご心配いただきましたが、これにて、一件落着。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
2009.06.29 / Top↑
コイズミは「自民党をぶっ壊す」といったが、それ以前から自民党は壊れていた。

10年も前から公明党と連立を組まなければ選挙にならないのだから、むしろ、よくここまでながらえてきたもの。



なにより、民主の政権担当能力を問うアソウ自民に政権担当能力など、すでになきに等しい。



政権のうまみをしゃぶり尽くした結果の社会保障費削減を柱とする“骨太財政”も、バラマキアソウ、凍結道路を次々に復活させ、社会保障費の自然増も認めるというのだから肝心要の“骨”を抜かれ、体をなさず。



そのツケを消費税アップでまかなうというのだから、これをもって政権担当能力などというのなら、誰にも政権担当能力アリとなる。



お笑いグサだが、政権担当能力を誇らしげに言い放つアソウ自民でありながら、年金崩壊は目前だし、医師不足、病院倒産で医療制度も壊滅的、なにより雇用保証こそ国家の大仕事なれど、それもままならず。



一次産業ないがしろにしての産業構造の偏重ぶりも、100年に一度の経済不況で顕在化。



「安心、安全」とおっしゃるけれど、ボーナス減額、あるいはゼロ査定で、この6月は住宅ローン返済できぬ人々、家を追われ、残るはローンだけという地獄を見る。



そして、一日あたり100人もの自殺大国になっている国家が先進七カ国の一員だとは、笑止。



ついでに言わなければ気が済まぬが、コイズミ、アベ、フクダ、アソウと4代続けての世襲議員による権力たらい回し。

この閉塞感、北朝鮮のそれと変わらぬ重たい空気が漂う。



どの面さげて、サミットに出席されるのか、アソウさん。





政権与党でいることは蜜のようにおいしいのだろうと想像がつくが、美学もクソもない、なりふりかまわず、人気者ヒガシコクバルに出馬を要請というのだから、いよいよ落ち目の坂を転げ落ちる。



が、ヒガシコクバルも、なかなかの芸人、いや、政治家ぶり。



「私を総裁候補として認めろ」と自民党をコケにし、

「全国知事会作成の提言を自民党のマニフェストにせよ」と、中央官庁潰し丸見えの条件を出す始末。



これを認めたら目先の選挙に勝ったとしても、自民党は間違いなく跡形もなく壊滅する。

ヒガシコクバル、師匠ゆずりか、それほどの猛毒を放った。



「自民党をぶっ壊す」といったコイズミは、“猫だまし”まがいの郵政選挙で大勝ちしたが、自民壊滅はいよいよ秒読み段階。



が、座して待つより、『ゴルゴ13』で外交を学んだとのデマを流されるほどのマンガ通のアソウさん、ニヤニヤしながら、なんらかの奇策で打って出るか。

まさか、デューク・東郷さんに依頼など、していませんよね。
2009.06.24 / Top↑
なんだか、忙しい。

雑務にまみれているようで、一日が、あっという間に過ぎ去っていく。



集落全体で行う「道普請」も、昨日、無事終了。



夜中の豪雨はどこへやら、作業が始まるや、太陽の日射の苛烈なこと。

年配者が多いため、熱中症にやられやしないかと心配になったけれど、佐渡の老人パワーはあなどれない。



というより、集落で“若い者”と呼ばれているワタクシがいちばん危なかった。

慢性運動不足の肉体からしたたりおちる汗、水を飲んでも飲んでも乾く喉。



区長という役職を与えられているから、車で全員の姿を確認、水分と甘みを補給しにまわるという大義をもって、車中で休息の一服。





作業を午前中で終え、臨時総会。

産廃問題について経過説明など、こんどはしゃべりっぱなし。

外作業より、しゃべる方がむしろ得意。

とはいえ集落の長老、大先輩、婦人部のお歴々を前にしての話だから緊張のためか、口の中がカラカラと乾く。





そして、懇親会がスタート。



一杯目のビール。

グビグビ、ゴクゴク、グビグビ、ゴックン。

なんと、うまいこと。

これ以上、うまいビールをかつてわたしは飲んだことはない。

と、思うほど、うまかった。



ビールの次は、ある人からの差し入れの品、「松竹梅の金粉入り」というなんともおめでたい酒。

なんだか、とってもリッチな気分で、これまたコップ酒でグビグビ。



と、そこへ「北雪のYK35」と、「真稜の大吟醸」が登場。

香り高しの、味も、ヨシ。



こういう懇親会ならば、月に一遍でもやらんかっちゃ、なんてことを言えば、またブログ更新もままならぬほど多忙をきわめるか…。
2009.06.22 / Top↑
世の中には犬派と猫派というのがいるようだが、わたしは、どちらにも属さない。



もともと動物を飼うことを好まない。

世話をするのが面倒だし、家の中に充満するあの独特の獣臭が苦手である。



といって、わたしが清潔好きかといえば、そうでもない。

風呂が嫌いで、ほうっておかれると1週間でも2週間でも風呂に入らなくても平気である。



入ってしまえば気持ちがよいというのはわかるけれど、入る前に自分の体を洗うことを想像すると、たちまち面倒臭くなって、今日はやめよう、ということになり、気がつくと1週間など、あっという間。

それを過ぎてしまえばしめたもので、頭の痒みはまったくなくなり、天然の脂がいい具合に頭髪全体にまわり、しっとりして高級な整髪料も不要になる。

わたしほどエコな人間もおるまい、どうだ、と威張ってみても、もちろん誰も相手にはしてくれないが…。



なんて話は、どうもでもいい。

犬、猫の話だった。



わたしは、最初から犬猫は飼わないと決めてきた。

なのに、どういうわけか、20年以上も、わが家には犬か、猫か、あるいは両方がいる。



飼うのはダメだ、絶対にイヤだ、と言っても、家人、息子、娘が、つまりわたし以外の家族がそれぞれに捨てられた犬猫を拾ってくるのだった。

ついでに息子の友人までも猫を拾ってしまい、育てきれないんで、お願いしますと、いくばくかの金とともに置いていく。





「なんで拾ってくるんだ。目をつぶって通り過ぎろ」

と怒ってみても、

「だって可哀想なんだもの」

と、可愛い盛りの子猫、子犬をなでながら言われれば、鬼にもなれず、飼うことについて妥協せざるえなくなる。



その繰り返しで20数年、冥土に送った猫もいれば、逃亡したまま帰らぬ身となった犬猫もいる。





そして現在…。



わが家には猫が2匹、犬が…。





子犬-1





子犬-3





子犬-4





















4月28日のことである。

5年ほど前、息子が拾ってきたTsubuという名の雌犬が、なんと5匹の子を産んだのだ。



すっかり油断していた。

トキの放鳥があり、犬の放し飼い禁止のお触れが出ていることもあって妊娠の機会が激減しているから避妊の手術を受けさせていなかったのだ。

うまい具合に5年ほどは妊娠もしなかったが、この春に命中してしまったらしい。



がく然とした。

雌犬を飼っているということは、爆発的に犬が増えるというリスクをおっていることをうっかり忘れていた。

猫の場合には雄雌にかかわらず、すべて手術を施していたのだが…。



つまり、現在、親犬を含めて6匹の犬がいるのだ。



いまのところ3匹までは里親の申し出があった。



なんでも近ごろは子犬が極端に少なくなっているらしい。

やはり、放し飼い禁止のおかげで接触のチャンスがなくなっているというのだ。

そして、ほとんどの雌犬が避妊手術を受けていることが決定的らしい。



「血統書のついた子犬2匹おるけど、飼わんかと言われたけど、ああいう犬をどうしても飼う気になれないんだな。雑種がいちばんいい」

とは、4ヶ月ほど前に可愛がっていた犬を亡くし、寂しい思いをしていたという男性。



純血種であろうと、雑種であろうと、シツケのされた犬はじつに可愛いものだ。

が、シツケのされていない犬は、どうにもならない。

とくに血統書付きのシツケのない犬ほど、イヤなものもない。

お犬様が人間を引きずって歩いている姿は、その象徴だが、どちらが主人なのか、わからなくなる。

そのうち飼い犬に噛まれるのではないかと想像したくもなる。



そういうことは別にして、わが家の子犬は、妙な言い回しをすると“純粋なる雑種犬”である。

これを生後2、3ヶ月くらいからきっちりとシツケていけば、血統書付きには決して劣らぬほど、賢くて、可愛い友となる、はずである。



そういうわけで、子犬を飼ってみたいという方がおられれば、ご連絡くださいませな。
2009.06.14 / Top↑
「衣替え」だそうですよ。

一斉に夏服、クールビズなんてことになるようですが、他の国の人は、この現象、どう見えるのでしょう。



ずいぶん前、ベラルーシという国の子供たち男女2名づつ、計4名を佐渡に招いて、一ヶ月ほど滞在してもらったことがありました。



あれは何月だったでしょう。

セーターを着ている子がいれば、Tシャツ一枚で走り回っている子もいて、たった4人なのにバラバラでした。



よその国のことはテレビでしか見ていないのでわかりませんが、セーター姿と「まいう~」の石ちゃんのような袖無し姿が混在しているシーンを見かけますよね。



おそらく国民全員が右ならえ右という具合に一斉に衣替えなんて習慣はないのでしょう。



日本人というのは、本当にすごいですね。

どうして、こんなに右ならえ右となるのでしょう。



いまから300年以上も昔のことです。

イエズス会の宣教師、ヴァリニャーノという人が来日し、日本人の特徴について報告した文書に、こう記したといいます。



「まるで国民全体が同一の学校で教育を受けたかのように見える。」



いまでも、この文書は成り立つのではないでしょうか。







          ※







医薬品が、コンビニでも扱えるようになったようですね。

購入する場合には、しっかりと説明を受けなければならないようですよ。

混雑しているレジで、そんなこと可能なのでしょうか。



「お客さんは、切れ痔でしたね」



「いえ、イボです」



「あ、イボでしたか、では、この薬を使用して下さい。その際には…」



なんてことを、衆人の前で説明を受ける義務があるそうですが、そんな度胸、ワタクシにはありません。





その一方で、インターネット販売は2年後から禁止らしいですね。

離島に住んでいる身としては、これも、どうかと思います。



とくに漢方薬ですよね。

どこでも売っているわけではないでしょうから、病の身なのに、わざわざ船にのって、いつもの薬をもらいに行く。

どうも腑に落ちないですよね。



しかも、これからはますますインターネット社会であり、カメラ付きの電話なんてのも、すでにあるわけで、いくらでも診断できるのに、それもダメ。



郵便局もなくなり、コンビニなんかもない。

せっかくインターネット接続しても、薬も買えない。

地方イジメ、過疎地イジメとしか思えませんね。







          ※







国会、55日だか、会期を延長するそうですね。



一日1億円の経費がかかるそうですから、つまり、55億円ですか…。



麻生自民と太田公明で決めたようですが、国民生活より自分たちが選挙に有利になるようにって配慮がはっきりと見えます。



そんなことをやったって、カネの無駄になるだけでしょう。

それにズルズルと引っ張っても審議も間延びして、なにもよいことはないと思いますけどね。



ただね、想像されるのは、延長している間に、また検察や警察の国家権力、マスコミを総動員して鳩山民主のあら探し、スキャンダルを出してくる可能性もあるでしょうか。

ネガティブキャンペーンというやつ。



それでもって「世論調査」に「説明責任」てな話になってゆくのでしょうか。



「政局より国民の生活」と言っていた麻生さんですが、どうも怪しい。

これで愛国心と言われても、困っちゃいますよね。
2009.06.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。