上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
佐渡の交通事情というのは、なかなか面白いですよ。

法定速度のマイナス10キロなんて車は、しょっちゅう見かけます。

時には、マイナス15キロから20キロなんて超低速車が走っておりますよ。



いえいえ、田んぼが広がる農道でも、山の中の林道の話ではありませんよ。

れっきとした国道です。





マラソンならば、脚の速い人が先頭にたって集団を引っ張ってくれるのですが、車というのは、そういうわけにいかないところが、辛いですね。



もっとも遅い車が必ず先頭に立つ。



本人は安全運転しているつもりなのでしょうが、後続車はイライラ、イライラ、イライラ、イライラ…。



「ボケ、はよ、走らんか!」などと、ハンドルを握りながら大声で叫んでいる人が多いのではないかと想像されます。



せめて、マイナス5キロ、できれば法定速度で欲しいものですよねぇ。





その一方で、佐渡のドライバーは、マナーがとってもいいのですよ。

対向車の右折に関して、とっても優しいのです。

わざわざブレーキをかけて停まり、右折させてやるのですから。



後ろを走っていると、ビックリします。



えッ、こういうところでゆずるんですか? と、最初、佐渡の車事情に慣れていない頃は、驚きましたが、近ごろは、対向車線に右折車がいるな、と思ったら、いつでも停まれるように心の準備を怠りません。





しかし、先日は、本当に肝をつぶしました。



右折用の車線のある交差点でした。

当然、渋滞などしておりません。

信号は青ですから、こちらは直進するつもりでおりましたら、前を走っていた車が突然止まったのですよ。



予測もしていないできごとでしたので、びっくりして急ブレーキでした

なにごとかと思ったら、右折しようとしていた対向車に、

「どうぞ、曲がって下さい」とやっている。



あたくし、肝をつぶし、悲痛なる独り言をつぶやきましたよ。





「頼むからマナーよりルールを守ってちょうだい」





譲り合いも、いいのですが、ほどほどにお願いしたいもんですよね。





なにしろ、相手が一時停止の標識があり、こちらが優先だと安心して進んでは行けないことも知りました。

向こうのドライバーと目が合って「出てくるなよ」と確認したつもりても、ダメです。



目が合ったということについて認識が違うのですから。

先方は「ゆずってくれる」と解釈するようで、ノコノコと目の前に出てくるのです。



でもって、「プッ、プッ」と軽く警笛を鳴らしても、なんの効果もありません。

あちらさん、ニッコリと笑顔で手を上げて挨拶してくるのです。

おそらくクラクションは、知り合いとの挨拶以外には使わないのではないでしょうか。





なのに、解せないことがひとつあるんです。

対向車線に車が駐停車しているでしょう。

そうすると対向車はセンターラインを超えて、こちらの車線に入ってくるわけです。

それもスピードを緩めるどころか、スピードを上げた感じで向かってくる。

それも次から次とやってくる。

とっても怖いですよ。



ですから、こちらが停車しなければならないのです。

あるいは、停まるぐらいのスピードに落として、おそるおそる直進しなければならないのですよ。





そういうこともふくめて、佐渡というのは、とっても面白いところなんですよ。



って、あまりフォローになっていませんが…。









さてさて、もうひとつ、ぼやかせてもらいます。



わたくし、無趣味ですけれど、唯一といっていいのが、寝床に入って小説を読みふけるのが、長年の楽しみなんです。



この秋からは図書館で遭遇した『藤沢周平全集』に手をつけておりました。



これまでも藤沢周平の小説については何冊か、読んではいたのですが、どんな作家も初期短編の作品群についてはほとんど目に触れることがありませんので、作家個人の全集というのは、たいへんありがたい存在です。



それにしても全25巻という膨大な作品を目の前にすると、圧倒されますね。



正月は5巻を読破してやろうと、28日の夜に1月5日返却予定の4巻を読み了えたのでした。



藤沢周平全集













そして、翌日、5巻を借りようと図書館へ、さっそうと出かけてみたのです。











ところが、いつもは満車に近いぐらい車があるのに、一台もない。

閑散としているのです。



休館でした。

なんと12月28日から正月の4日までお休みです。



ガックリを通り越して、憤ってしまいましたね。



市民のための行政、もっと言えば“公僕”なんて言葉がしらじらしい、と心の中でつぶやきました。





図書館というのは、サービス業とは言わぬまでも、それに近い存在ですよね。

師走のなか、必死で働いている市民が正月の休みにまとめて読書をしたいと考えている人もいるでしょう。

あるいは、正月返上で受験勉強に集中している高校生もいるに違いありません。



それなのに…。

ああ、それなのに…。

やっぱり、お役所仕事なのですね。





こうなったら、読書の正月はやめです。

酒三昧の正月にします。



飲んで、飲んで、飲んでやる。

と、すかさず、ギアチェンジです。



みなさん、新年会イブ、新年会、新年会の反省の会など、いろいろやりませんか。

いや、やりましょう。

やったろうじゃありませんか。



ということで、体調管理、怠りありませんように。





ではでは、09年、ご愛読、ありがとうございました。



みなさん、よいお年をお迎え下さいね。




スポンサーサイト
2009.12.31 / Top↑
チビ姫1号(7)が、たいへん気合いが入っている。

2学期の終業式を終え、昼前に意気揚々と帰ってくるなり、



「宿題、やろうっと」



そう言って、冬休みの宿題をやり始めたのだ。





「冬休みは始まったばかりだから、あわてることないでしょう」



今日できることは明日も明後日でもできる、という具合に生きてきたわたしが、そのようにアドバイスすると、彼女は、わたしの目をしっかりみて、こう言ったのだ。





「こういうことは早めにやっておけばいいの。そうすればあとはゆっくり遊べるでしょ」





わが家の女という女は、なぜ上の方からモノを言うのだろう、このチビも、同じか…、と、うなだれつつ、わたしもパソコンに向かって、とっくに締め切りの過ぎているはずの仕事にとりかかることにした。









チビ姫1号の気が充実しているのには、ワケがある。

今日がクリスマス・イブだからなのだ。



「今年は、サンタさん、来るだろうか?」



先日、チビ姫1号に質問してみた。





「来るよ、絶対に来る」



「いい子のところにしか来ないんだろ?」



「そうだよ…」





ちょっとばかり自信がないのか、語尾が消え入りそうである。

そこでズバリ核心に迫ってみる。





「もし、1号がサンタだったら、1号のところにプレゼントを持ってくるかな?」



このテの質問は、なかなか辛い。

自分にウソをつくのは、なかなかできないからだろう。



まして7歳の彼女にとっては、答えにくい問いである。





「う~ん…」



と言ったまま、言葉が出てこないのだ。

親から叱られた最近の悪行に思いを巡らせているに違いない。





「サンタは、一度来なくなると、ずっと来なくなるんだよね。大人のところには来ないでしょ。1号も、大人になっちゃうかな」



「やだ」







「そうか、じゃぁ、今からちゃんとやれば、サンタさんも見てくれているから大丈夫じゃないかなぁ」





そう言って救いの言葉を投げかけてやったら、そそくさと台所に行き、お手伝いを始めた。



以後、今日まで「サンタさんが見ているからね」という一言で、彼女は、かいがいしく動くのだった。





「よし、これなら、サンタさんも来るな」と言えば、さらに動きがスムーズになるのだった。





こういう純真さが宝石のように輝いて見えるのは、歳のせいだろうか…。











昨日、奇楽庵からメールがきた。





「明日はチビ姫2号もいますか?」





奇楽庵サンタさんも、準備がいろいろあるのだろう。









サンタ























昨年のクリスマス・イブは、3歳のチビ姫2号が、奇楽庵サンタを見て、完全なるフリーズを起こしてしまったから、今年はどうだろうという思いもあるけれど、



「残念ながら、今年は来れないと言っているから」



そう返信すると、奇楽庵が、再びメールを送ってきた。







「了解。サンタに、そう伝えておきます」





こういうとぼけ方や遊びというのは、いくつになっても楽しいものだ…。



ういっしゅ

サンタのバランス


2009.12.24 / Top↑
晩年近くになって権威付けされるのを嫌い、自ら「エロジジイ」ぶりを演じたとされる詩人の金子光晴は、反骨の精神を持ち続けた詩人だった。



現代のような平和な時代ではなく、大正から昭和にかけてファシズムが台頭する頃に、権力をチクリチクリと刺すにとどまらず、ザックリと切り開き、内蔵を取りだすような作品を書いた。



権力だけではなく、そこに寄りかかっている存在にも、その刃は向けられた。



たとえば、『答辞に代えて 奴隷根性の唄』という作品は、権力を下支えしている人々の鼻持ちならない心根をえぐり出した。







  奴隷というものには

  ちょいと気の知れない心理がある。

  じぶんはたえず空腹にいて

  主人の豪華な献立の自慢をする。







この出だしの4行には、ブラックなユーモアがこめられているが、読み進むにつれ、人間の深い悲しい性が描かれていることを知る。







  どんな性悪でも飲べえでも

  蔭口たたくわるものでも

  はらの底では主人がこわい

  土下座した根性は立ちあがれぬ。







居酒屋で気勢を上げて、会社批判、上司非難、政治を嘆く者がいるけれど、それも金子光晴は「土下座した根性」だといってはばからない。



そして、こう書く。







  くさった根につく

  白い蛆

  倒れるばかりの

  大木のしたで







「ウジ虫」だというのだから、痛烈である。



そして、再び、ブラックな言葉で結ぶ。







  いまや森のなかを雷鳴が走り

  いなづまが沼地をあかるくするとき

  『鎖を切るんだ。

  自由になるんだ』と叫んでも、





  やつらは、浮かない顔でためらって

  『御主人のそばをはなれて

  あすからどうして生きてゆくべ。

  第一、申訳のねえこんだ』という。









こんな詩をわざわざ紹介したのは、普天間基地移設問題についてのテレビ、新聞の報道が、あまりにも「奴隷根性」で満ちあふれているからだ。



「移転先についての結論を先送り」した日本政府に対して「アメリカは怒っている」と報じ、「日米同盟は危険水域に入った」などと無知なる民の不安を煽っている。



冗談じゃない。

「ご主人さまのアメリカが怒っている」と、脅えているのは、移設で利権を漁ろうと目論んできた自民党にほかならないのだ。



そして、怒っているのはアメリカではなく、日本、とりわけ沖縄の人々なのだというごく当たり前の、真実を書かない、報じない、自民党という「くさった根」についている「マスコミ」だけである。







政権交代によって日本の政治環境は大きく変わった。

何よりアメリカに隷属ではなく、「対等なパートナーシップ」と、鳩山民主は定義づけている。



だから、普天間基地移設問題で、利権集団の自民党が行ってきた交渉を見直すのは、当然の成り行き。

国家間の同盟にしたって、片方の国家の政治体制が変われば、さまざまな事柄が見直されて当たり前と、まともな国家ならば、理解を示す。



それが政権交代というものなのだ。



金子光晴の詩を借りれば、まさしく、それは、



「いまや森のなかを雷鳴が走り いなづまが沼地をあかるくするとき」

という状況にあり、



「『鎖を切るんだ。 自由になるんだ』と叫んでも」



自民党や、日本のマスコミ、蒙昧なる民は…。







  やつらは、浮かない顔でためらって

  『御主人のそばをはなれて

  あすからどうして生きてゆくべ。

  第一、申訳のねえこんだ』という。










2009.12.16 / Top↑




北の街から絵葉書が届いた。







4葉の写真は、いずれも脳裏に焼きついている懐かしい風景。





街並みや母校などは、昔とすっかり変わってしまったけれど、大自然の風景は、堂々としていて変わらない。





そんな当たり前のことが、嬉しい。









そして、こんな言葉が添えられている。





「旧交を深めたいものです」











胸の奥にしまってあったものが、たった1枚の絵葉書で刺激され、あぶり出されてしまう。









それが、郷愁というものなのだろうか…。


2009.12.13 / Top↑










091205_1531~0002







091205_1531~0001
2009.12.05 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。