上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
朝青龍、またまたお騒がせ。

世間様を敵に回してのヒール役、みがきがかかりいよいよホンモノ。



解雇だ、除名だ、というけれど、ヒールの大親分、朝青龍のいない大相撲、肉のないスキヤキ、種のないにぎり寿司みたいなもので、味気ない。



だいいち白鵬にかなう力士、朝青龍以外いない、したがって白鵬の連勝連覇が続くのは、火事を見て、あれは火事だ、それは火をみるより明らかだ、なんて言うほど簡単に想像がつく。



つまり、日本相撲協会、および横綱審議委員会の長年にわたる怠慢ぶりこそ、大問題。

日本人力士を育てる努力もせず、安易に外国から強そうなのを連れてくる。

連れてきて、教育もせず、強くなればよし、人気が出ればよし、と大目にみてきたツケが、国家の借金ほどにふくれあがっている。



そこに風穴をあけたのが、貴之花親方だろうけれど、そこに一票を投じた安治川親方が、相撲協会から追いだされるという妙な話が現実におこっているのは、やはり妙だ。



選挙というのならば、自由投票とするべきで、それができないのなら、理事は談合により決定、としなければならぬ。





こういう相撲協会だからこそ、今回もまた朝青龍、徳俵に残った格好。

被害者と示談が成立し、相撲協会の友綱親方、大したことない、と会見で言い、こじんまりとした処分に向かう。



わたしは、それでケッコウ、ケだらけ、なにより待ちに待った“朝青龍・白鵬時代”が到来し、火花散る取り組みが観ることができれば、いいのだ。



だいたい朝青龍に殴られて、鼻骨を折られたとされる被害者、酒井法子のドラッグ関連のアノ事件でも囁かれた御方との噂。

被害届けなど出せるわけがない、と、ハナから指摘する者がいたけれど、まさに、その通りになった。



日本にはなかなかいい伝統があって、喧嘩両成敗も、そのひとつ。

プロの格闘家が一般人を殴ったことの是非は、この際、目をつむって言うけれど、やはり、殴られる理由があったのではあるまいかと想像、その理由こそ、知りたい。

そこを「真相究明することが相撲協会のため」と、おっしゃる新理事にお願い申し上げたい。



それにしても、本場所中、朝方の4時、5時まで泥酔し、それでもなお優勝をかっさらう朝青龍、昔の力士たちの武勇伝を彷彿とさせ、ラジオ時代も含め相撲観戦歴50年にもなろうとするワタクシなどは、ニヤニヤ。



結局のところ、そんな朝青龍に優勝を許す他の力士こそが問題で、協会が処分する云々ではなく、日本人力士が朝青龍を引退に追い込むほどに強くなれ! ってのが本筋。



じゃなければ、朝青龍の徳俵時代はまだまだ続くのは、火を見るよりも明らか、だね…。
スポンサーサイト
2010.02.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。