上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑




民宿の桃華園で鬼太鼓の門付けを待っていたら、駐車場にエンジ色のミニバンが滑り込んできた。

宿泊客かな、と思いつつ、横目で見ていたら、スライド式のドアが開いて、さっそうと出てきたのが鬼の衣装をまとったWくんだった。



やがて、鬼がリムジンで乗りつけて門付けする時代が来るのではないか…、なんてことはないか。



この直後に太鼓を積み込んだ軽トラとともににぎやかな一団が到着、なんだかホッとした。





          ※





そういえば、こんな話も聞いた。

例年、仕事が重なって鬼太鼓の門付けの時は、留守にしていたお宅がある。

しかし、今年の祭りは仕事が休みだったので、もてなしの料理を用意し、準備万端ととのえて鬼太鼓組の到着をいまや遅しと待っていた。





ピンポーン。





玄関のチャイムが鳴った。

祭り客か思い、玄関をドアをあけて出てみたら、なんと法被に身をつつんだ鬼太鼓の団員だったという。



なんともほほ笑ましくも礼儀正しい鬼太鼓組である。



酒の勢い、無礼講、荒くれの祭りは、過去のものか…。





          ※





民宿桃華園には平清水の祭りで大活躍のS子ちゃんも祭りの客人としてみえていた。

S子ちゃんは、女性にこんな表現を使用するのははばかられるが、豪放磊落である。

テキパキと動く身のこなし、回転のいいしゃべり、姿なくても居場所のわかる笑い声…。



そのS子ちゃん、桃華園の女将さんに、

「5分で着せてあげるから、着物をきなさいよ」と言われたらしい。



玄関から出てきた和服姿のS子ちゃんを見て、見違えた。

しとやかな大人の女に変身していた。



すかさず、声がかかる。



「歩く時は、小股だぞぉ」



と桃華園の主人が言えば、ついでに、わたしも、声をかける。



「Sちゃん、笑う時は、オホホだよ」



しとやかに歩いていた彼女は、堰を切ったように、



「ギャハハハ」と、豪快に笑った。





          ※





祝い酒を4合ばかりいただいたので、運転はダメよ、と言われ、大慶寺の門前市へ桃華園の車で連行される。





いろいろな店が並んでいる。

知った顔ぶれ、新しい人たち、それぞれ自信の作を販売している。



相川からいらしていた『のらいぬcafe』のコーヒーは函館から取り寄せた豆を使用しているというので楽しみにしていたが、残念ながら、この日はコーヒー豆を販売していなかった。



その隣の隣に、五十嵐さん夫妻がつくられた干し柿と餅を使用した『干し柿・餅のチップ』が販売されていた。

これが、じつにうまい。

干し柿の甘みと、ちょいと塩味がまぶしてあって、酒のつまみにはぴったりである。



「柿は、肝臓の働きをよくしてくれるから、おやつというより酒のつまみにいいですね」

というと、五十嵐さんは、



「その通りなんですよ。佐渡特産の干し柿と米を使ってなにかできないかと考えて完成したのが、これなんですよ」



そう言って説明してくれた。





ふと、隣のブースを見ると、まさにおあつらえむき、とばかりにどぶろくが販売されているではないか。



さっそく一本、購入し、その場で開け、飲んでみる。

これが米で作られたものか、と思うほど、香りがいい。

穀物というよりも果実で作られているのではないかと錯覚させるほどの豊潤な香りが立ち上がってくる。





これは外国人に飲ませなければならぬ、

と、羽茂からきているパン屋のMさん(アメリカ人)、それにベルギーワッフル屋さん(ベルギー人)に、それぞれ注ぎ、どうだ、日本の酒だ、ワインよりうまいだろ、とまるで自分が作ったかのように胸を張った。



「うめぇな、これ」とMさんが言えば、



「なんですか。おいしいですね」と、カタコトの日本語で感想を述べるワッフル屋さん。





羽茂弁ながら日本語堪能なMさんに通訳を願った。

Mさんが、わたしの言葉を待つことなくペラペラと英語で説明してくれる。



「これは、お腹の働きもよくする菌が入ってる」とまでMさんは説明するのだった。



乳酸菌のことを言っているのだと察しがつき、それを受けて、わたしが英語で説明した。





「ジス イズ アダルト ヨーグルト」







そして、全員が日本語で笑った。





     アハハハ…




スポンサーサイト
2010.04.20 / Top↑
佐渡は、祭りの季節。

4月15日は、ピークを迎え、島のあちこちから太鼓の音が鳴り響く。



昨夜も、あいにくの雨、強風に見舞われていたけれど、そんなことにはお構いなしとばかりに太鼓の音が鳴り響いていて、それを耳にしながら「ガンバレよ」と陰ながら声援を送った。





今年の鬼太鼓は、これまでとは心持ち様相が異なるような気がする。

それはおそらく佐渡移住組2世たちが鬼を舞い始めたからだろう。





わが家でも息子が貝塚の祭りで赤鬼デビューしたし、11日の平清水の鬼太鼓でも、移住組の先輩として家族ぐるみでお世話になったUさんの長女S子ちゃんの夫であるI泉くんが鬼を舞い、その子息Bunちゃん(小3)が、裏打ちの太鼓を披露し、親子競演となった。







S子ちゃんと、わが豚児Tは、小学生の頃からウマが合うのか、笑い声のたえない遊びに興じていた。

ときにはあまりにも騒がしいので、ふたりの名前を呼ぶのも面倒くさいからと、まとめて「たちこ、うるさい!」などと怒鳴られるほどだった。



それだけにわたしにとってはS子ちゃんは娘のような存在で、祭りにお呼ばれされて、当然、気合いが入った。





午前10時半頃に到着してみると、驚いたことに、およそ50人の祭り客が、すでに集結していた。

集合写真には鬼太鼓組の人々も含めて60人ほどが写っているというのだから、その規模たるや、人員だけを数えるならば佐渡の名士といってもよい。





移住組、その2世がほとんどだったが、なかには佐渡の習慣もわからぬ移住組を手厚く面倒をみてくれた人の顔もある。

外国からこられた人々もいて、まるで華やかな社交場のよう。



なかに群馬からやってきた若夫婦もいて、その方がわたしのブログを熱心に見てくれていることを知った。



「ネームを変えたんですね。佐手角三さんでしたっけ」

と言われて、あわてた。



「いや、あれは、4月1日だけの名前ですから」

と、頭を下げた。



それで、あれがエイプリールフールの冗談だと知ったようで、大笑いされ、安心した。





さてさて、移住組の暗黙のルールといってもよいけれど、料理を持ち寄ってくる方々が、やはり多かったようだ。

とくに民宿、桃華園を営んでおられるご夫妻が用意された料理は、テーブルを一層華やかにしたが、しかし、なによりS子ちゃんが、奮闘した。



子供から大人まで目配りされた料理の数々を目にして、まず感心させられ、「あのS子ちゃんがねぇ、ここまでやるとは…」とひどく感慨深い気持ちになって、胸のあたりやら、目の頭あたりが熱くなった。





それが、引きがねになった。

酒のうまいこと、うまいこと。

グビグビと喉を過ぎ、日が暮れてもなお、酒がうまかったのだった…。







そして、先ほどである。

民宿の桃華園の女将さんから電話が入った。



「明日の祭り、9時に鬼が来ますから、いらしてくださいね」



という話なのだが、その前段に、こうおっしゃられた。





「あら、シラフの能美さんと話すのは、初めてじゃないかしら、アハハハ」



そして、後段には、こうおっしゃった。



「夜じゃないですよ。朝の9時。もう、しょうがないでしょう、能美さんなんだから、お酒、やりましょ」

と、よく通る声で笑いながら言うのだった。





シラフのわたしは、小声で



「はい、ありがとうございます」と応えた。





飲み過ぎないように、心がけねばならない、と思いつつ、じつは、すでに内なる闘志がふつふつとわいてきて、気合いが充実の域に入っている。





なにしろ、桃華園の平田さんの2世も鬼を舞うのだ。

祝いの酒を飲まなくて、なんとする。





祝祭は、非日常の世界である。

しばし、浮世を忘れさせて、明日への活力を与えてくれる。

なんとも素晴らしい人類の発明ではないか…。






2010.04.14 / Top↑
4月6日は、金井地区貝塚の祭り。

息子が新鬼デビューというので、こちらも、それなりに張り切って酒を飲み、赤鬼と化しました。



祭りの詳細については、合氣堂さんが写真とともに丹念に書かれておりますので、こちらをご覧ください。



あるいは、佐渡の祭りといえば、この人のサイトを忘れてはなりませんね。

貝塚に限らず、佐渡中の祭りを知りたい方は、こちらをどうぞ。

Mさんの佐渡祭譚です。





さて、息子が新鬼でデビューするというので、奇楽庵さんが、スズキのお造りを祝いに持ってきてくれました。





まぁ、その美味しいこと。

平清水からおいでの若いご夫妻は、



「おいしいッ!」

「うま~い!」



と、歓喜の叫びをあげておりました。











そのスズキ、もちろん奇楽庵さんが釣り上げたものなのですが、それが、なんともアンビリバボ~なんですね。



これも詳細については、奇楽庵さんのブログで、ご堪能くださいませ。

間違いなく、驚きます。





島発2等B









「よく、そんなデカイものをくわえ込んだものだ」



「腹一杯なのに、それでもルアーに食いつくなんて、とんでもないヤツだな」



「釣ったのは黒鯛の方で、その釣られそうになった黒鯛をスズキがガブリときたんじゃないか」



「黒鯛の腹を割いたら、また小魚が出てきたりして…」



「魚のマトリョーシカだ」





なんて話をして盛り上がったのですが、結局は、そのスズキ、黒鯛、小魚のマトリョーシカも、最終的には人間の胃袋にきれいさっぱりおさまったのでした。



ごっつぁんでした。


2010.04.08 / Top↑
あこあこまんさんの、どうしようもない悲しみを、お察し申し上げます。

コメントをいただいていましたのに、お返事もいたしませんで、たいへん、腹苦しく…、違いました、心苦しく思っております。



そこで今場所の大相撲について、ひと言申し上げます。







つまらん。



そういうことでした。





なにがつまらんといって、相撲を見ていないはずの、相撲を拒絶していたはずの、あこあこまんさんの予想ズバリ的中の展開でしたから。

その洞察力の鋭さに、たいへん驚いております。

と、同時に、横目チラチラ、その地獄耳ダンボのごとく、情報を処理する能力は、スパコンなみではないだろうか、などと想像しておりました。





とにかく白鵬に太刀打できる力士がいないのですから、面白くなるはずもありません。

朝青龍がいないことによる一人横綱のプレッシャー、と多くの人が指摘するのですが、そんなことはありませんて。

むしろ、白鵬にとっては、朝青龍の存在していたプレッシャーの方が大きかったはずなのですね。



朝青龍が目の前で勝つ。

ここでワシが負ければ、優勝をさらわれる。

緊張する。

体が固くなる。

足が出ない。



その結果、取りこぼす、という相撲を何番か、見ています。



ところが、今場所ときたら、あこさん、白鵬の堂々たる横綱相撲、一点のスキもありゃしませんでした。



朝青龍がいた頃は、一番か、二番、おや? という相撲になるはずが、今場所は、そんな姿を見ることもできませんでした。



勢いのある把瑠都でさえも、あのどっしりとした構えの前には、まだまだかないませんね。

白鵬にとって、把瑠都の存在は、プレッシャーの「プ」ぐらいの存在でしょう。





そうはいっても、把瑠都、大関昇進、おめでとうと言っておかなければなりませんね。



「この人は、相撲を覚えたら、とんでもない力士になる」



そう言ったのは、解説の北の富士さんですけど、相撲を覚えはじめたようですね。



とはいえ、まだまだ雑なところが見受けられますし、他の力士たちがこぞって把瑠都攻略法をつかんだら、おそらく他の大関陣らの、四股を踏むでしょう、違った、轍を踏むでしょうね。

あの大きな体の横にへばりつかれたら、把瑠都も、そうは力を出せませんものね。



ですから、把瑠都は一気に横綱に駆け上がらなければならないのだ、と相撲協会が暗黙の指示を出したならば話は別ですが、しばらくは白鵬一人横綱時代が続くでしょう。





そういうわけですから、今後も、横目チラチラ、地獄耳ダンボで、相撲観戦ということになりましょうか。









話はコロリと変わりますが、秀ノ山という親方、ご存じでしょうか?

元関脇の琴錦です。

ええ、あの重婚騒動で世間をお騒がせした“史上最強の関脇”と妙な称号を与えられた方です。





彼の解説、聞いたことありますか?

相撲の取り口と同じで、とっても早い。

ものすごい早口です。

しかも、アナウンサーがストップをかけないと、いつまでもしゃべっております。

なぜかと申しますと、彼は、自分で語って、自分で「うん、うん」と返事をしているのです。



あこさん、朝青龍なき大相撲で、物足りないでしょうが、来場所、この秀ノ山の解説ぐらいは聞いてやって下さいませ。

じつに、落ち着かない気分になりますから。





そういうわけで、あこさん、相撲をちょっと脇からのぞき見るようなにマニアックワールドで楽しみましょうよ。



佐渡ヨコチン委員長の能美太蘭でした。



佐手角三は、どうした?

あれは昨日一日だけの限定ネームでした。

あしからず…。
2010.04.02 / Top↑
更新が滞りがちになり、多くのみなさまにご心配をおかけしました。





昨日、ようやく集落の区長職から解放され、重たい大きな荷物をひとつおろしました。





おかげさまで、じつに開放的、気分は軽く、まさに春であります。







そんなウキウキ気分に浮かれておりましたら、昨日、奇楽庵からメールが届きました。







「もっと真面目に更新してくださいよ」







真面目に、とは書いていなかったけれど、そういうことなんだろうと解釈しております。



更新が滞ると、不思議なものですね、自分のブログを見ることも、管理しようとする気が薄まっていくのですね。

そればかりか、しだいにネットから遠ざかり、パソコンは仕事だけにしか使用しないという事態になり、パソコンを開くこともなくなっていく…。



そういうふうな事態におちいっておりました。





そこで、ご心配をおかけしたお詫びという意味も含め、この新年度というじつによい区切りを機に、ブログの充実を図ろうと企ております。





毎日更新、なんてことを宣言しても、そりゃ、無理と誰しもが思うでしょうから、宣言はいたしません。

それに近いくらい更新することにします、と言っておきましょうか。







そこで、ひとつ、気分を変えるためにも、ネームを変えようかと考えております。

名は体を表す、なんてことを言いますけども、これまで忙しさにかまけてブログの更新を滞らせたのも、ネームが悪いのではないかと、そんな気がしているのです。







能美太蘭。





これがよくない、のではないでしょうか。



飲み足らん、とばかりに毎日のように酒を飲んでしまい、したがって、ブログを更新しようとしても、酔いがまわって、文章がハチャメチャになってしまうという状態が続いておったのでした。



悲憤慷慨しながら、酒を飲む。

いくら飲んでも、飲み足らん。





というわけで、能美太蘭というネームでいるかぎり、ブログの充実は不可能ではあるまいかと、そう考えたわけです。





ならば、どんなネームならよろしいか。





佐手角三。







さて、書くぞ!

佐木隆三さんを、ちょっとひねった感じですね。







花木蒔留







書き、まくる。

これは、勢いがありますよね。





さて、どっちがいいでしょうかね。



しばらくは、佐手角三でいきましょう。



これでも更新が滞るのならば、最終兵器、花木蒔留でいく、と、そういう段取りではどうでしょう。





というわけで、佐手角三、どうぞ、お見知りおきを…。







ヨ~シ、イクゾウ!


2010.04.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。