上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



毎年、この時期になると、夏の終わりを認めたくなくて、まだ夏だ、夏なのだ、と思いたい気分になっている。
ある種の寂しさのともなった気分が、晩夏にはある。

しかし、今年は、そんな気分はかけらもない。
誰に向かって言ったらいいのかわからないけれど、もういい加減にしろ、と叫びたくなるほどの猛暑が延々と続いていて、パソコンに向かう気力がまるでわいてこないのだ。

と、暑さのせいにしてブログの更新をストップしたままでいたら、なんと「スポンサーサイト」の広告が掲載されているではないか…。
これ、わたしにとってのタニマチ的存在で、ゴッツァンです、と言わねばならぬほどの大金でも手にすることができるのならば黙っているけれど、そうではないようなので、すかさず、ブログを更新して「スポンサーサイト」には消えていただくことにする。



先日、4年ほど使用した携帯電話が、壊れた。
画面に白い横縞が出現、日を追って、その数が多くなり、ある日、画面全体が真っ白けになってしまったのだった。
寿命を迎えたのだろう。

機種を新しくして、そのまま更新。

すると、ショップの若い女性に、
「暗証番号はご存じですか? 4ケタですけど」と訊かれた。

携帯にロックなどしたこともないし、なにより4年前の登録だから、まったく記憶になかった。

「3つまで言ってみてください。たとえば、お誕生日とか…」

「ぼくは、そんな素直な人間ではないから、誕生日なんか登録しないよ」
と、斜に構えて言ったら、

「そうですか、困りましたね…」
と、カウンターの中でパソコンを見ながら、若い女性が声を落としてつぶやくように言う。


「じゃ、モノは試し、誕生日から言ってみましょうか、×△○◇で、どうですか」

キーを叩く音がする。
緊張の一瞬だ。
女性が、こちらに目線を送ってきて、

「ピンポン、当たりです、かなり素直なお方ですよ、ふふふ」


というわけで、わたくしは、そうとう素直な男であることが判明したのだった。


スポンサーサイト
2010.08.28 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。