上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
膝が痛い。
原因は、わかっている。
長時間、あぐらをかいて座ったままでいたからだ。
なにをしていた?

「それは、もちろん、仕事です」
と胸を張って言いたいところだけれども、夢中で酒を飲んでいたのだった。

囲炉裏をかこんで、およそ午後8時から午前3時まで、飲んだ。
なにをそんなに無我夢中になっていなければならなかったのか、いまとなっては不明だが、翌朝、膝が痛くて起き上がることはもちろん、歩行することもままならず…。




右手の手首、および手の甲の筋が痛い。
原因は、わかっている。
長時間、パソコンをやり、不慣れなマウスを連続してクリックしていたからだ。
なにをしていた?

「それは、もちろん、仕事です」
と、大声で叫んでみたいけれど、夢中でパソコンのゲームをやっていたのだった。

Macには、そのようなゲームはなかったが、このWindowsには、いろんなゲームが最初から搭載されているのを知った。
ある日、奇楽庵がやっていたトランプゲーム、ソリティアを横目で見ていて、ふと、おいらも家でやってみようと思ったのがいけなかった。
これがなかなか上がれない。
悔しくて、腹が立って、何度も何度も繰り返し、挑戦する。
上がれば上がったで、もう一丁やりたくなる。
手慣れてくると、クリックするスピードが速くなって、知らぬ間に右手を酷使していたのだった。

翌朝、目が覚めて、あわてた。
手が開かない。
なんでだ?
としばらくぼんやりと考えて、トランプゲームが浮かんできた。



三国連太郎と八千草薫のCM、あのコ~ジュンという言葉と映像がよぎった。


スポンサーサイト
2010.09.30 / Top↑
台風9号のおかげでしょうか、猛暑もとりあえずひと段落。
気温が下がり、とけかかっていた脳もようやく通常通りに動きそうな気配です。
そこでブログの更新に挑戦しようかとパソコンを起動しました。

さてlivedoorのブログからこちらに引越して2ヶ月が過ぎました。
引っ越して間もなく猛暑がスタート、北国生まれのわたしには暑すぎる夏は動きがとたんに鈍くなります。
したがって引っ越して心機一転のはずのブログ更新も滞りっぱなし。

ご心配、おかけしております。


ところで、livedoorブログへの訪問者数が、なかなかゼロにならないのは、なぜでしょう。
ブログの冒頭部分に引っ越しのご報告をさせていただいておりますが、いまだに多くの方に閲覧していただいているようなのです。
そういうことなので閉鎖することもできずにいたのでした。

そこで、一考。

livedoorの方は、産廃問題を中心に、文字通り「悲憤慷慨の記」として残すことにしてはどうか…。
というのも、先日(8月24日)、佐渡市の主催で久しぶりに産廃問題において「説明会」という名の会合が開かれたのです。
といって、なんの説明にもなっていなかったし、進展もありませんでした。
それどころか、区長を始め、忙しい身の方々の貴重な時間を浪費しただけの会合でした。

新潟日報の記者も取材でやってきていましたが、会合が終わった直後、
「記事にはしないでくれ」というような申し入れが市の側からあったようです。

それほど内容のない会合で、住民からの不満ばかりが目立ったのでした。

しかし、産廃問題に関してはまだまだ解決には至っていないのが現状です。
わが西二宮集落にとっては、平成13年からこの問題に引きずられてきました。
すでに10年も経過しようとしているのです。
その結果として、この産廃問題について詳しく知る人が少なくなってきたという現実があります。
実際、わが集落の新役員は、みな若く、詳しい経緯を理解していないというのが実態です。

そうしたことを考えてみても、この二宮産廃施設問題について市民の目線での報告を記しておかねばならないのではないかと思うのです。
したがってlivedoorの「悲憤慷慨の記」は、「産廃問題」を柱にしながら、世の不正や、あちこちにバッコする悪に憤りの文字を連ね、悲しみ嘆く。
そういうブログとして「悲憤慷慨の記」は、継続することにします。

では、こちらの「chapter2」は、なにを書くのか、と申しますと、身辺雑記中心にしたブログになります。
タイトルも、変えます。

「夏の暑い時期の炉、寒い冬の扇」
つまり、お読みになってもなんの役にも立たないという意味で「夏炉冬扇の記」とでもしようかと思いました。
が、これはちっと格好つけすぎております
わたしも人の子、多少とも人のお役に立ちたいという小さな欲もありますので、さて、どんなタイトルがよろしいかと、熱にやられた脳を働かせてみましたところ、

「一飲一啄の記」

という言葉が浮かんできました。

イチインイッタク…、すこ~しだけ飲み、ちょっとだけついばむ。
大酒ではなく、ちょっとだけいただく。
つまみも、わずかでいいんです。
ええ、八代亜紀の「舟唄」の世界ですね。
けっして贅沢は言いませんと、そういうブログです。


と、これで2つのブログを管理することになり、大丈夫か? との心配の声も聞こえてきます。
わたしも、そう思います。
しかし、これから、涼しい秋、実りの秋を迎えるわけですから、自然と指先も脳も動いてくれると、わたし自身が期待しておるしだいであります。
2010.09.08 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。