上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
パソコン、絶不調が続いていて、だましだまし使っていたけれど、ついにダウン。



8年間も使用すれば、化石のような代物になり、ネットでは開けないサイトがいくつもあった。

もちろん、YouTubeなんてものは、存在は知っていたけれど、見たこともない。



それでも長年連れ添ってくれた同志、強い愛着もあり、河島英五「時代おくれ」をつぶやきながら、画面に向かっていた。





つごう10数年、iMac、iBookを使用していたが、転向を決意。

なんて大げさに言うけれど、Macを使っている人々、Windowsに換えるなんてことを言えば、まさに思想的な「転向」を意味するほどの衝撃を与えかねない出来事。



わたしの周囲、“Mac使い”が多かった。

だから相談すれば、「Macが断然いい」とおっしゃる。

ついでにWindowsの悪口を並べたてることも共通している。



今回も、やはり同様の反応があった。



しかし、皮肉なことにMac通のひとりのある一言が、転向を決意させたのだった。





「Windowsは余計なお世話が多くてね」<br>




要するに、Windowsはさまざまなソフトの更新を設定ひとつで自動的にやってくれるという。

Mac愛好家たちは、そうしたことは自らの手で行って自らのパソコンを作るのだという気分をお持ちだから、Windowsのこうした作業は「余計なお世話」となるのだ。





「だからインストール中になると、しばらく作業ができなくなる」


と、MacとWindowsの両方を使いこなすその方は嘆いてみせた。





もうお気づきかと思うけれど、なぜわたしのパソコンが化石と化したのか、といえば、つまりバージョンアップをまめにしてこなかったせいでもある。



原因は、間違いなく、わたしの無知と怠惰によるものなのであり、
そういうわたしにこそ「余計なお世話」が必要だったのだと、ポンとひらめいた。。。



そう気がついたら、早かった。



それまでは、ネット上で何を買おうかとあちこち見ていて、iMacの、なんとも美しい姿に魅せられていたが、あの「余計なお世話」の一言で踏ん切りがついたのだった。



ただいまWindows7で、このブログも書いている次第。

動作が速く、気持ちがいい。



それにしても、世界がパッと広がったような気分。

動画が、これほどネット上にあふれているとは、知らなかった。



しばらく更新が滞っていたけれど、心機一転、せっせと更新に励もうと思う…。



2010.07.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/1-0a8d2045

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。