上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
小沢一郎の秘書逮捕について、アソウ自民、なりふり構わず、強引な悪手を打ってきたとの印象。



これにて政治不信のきわみ、国民は一斉にそっぽをむく。



ともすれば、自民・民主、共倒れ。



選挙にも無関心となれば、北朝鮮なみの投票率を誇る創価学会を支持母体としている公明党、そして、いっさいのワイロと無関係のイデオロギー集団、共産党が日本の2大政党ととなる。



なんてブラックな笑い話にもならないけど、現実味を帯びる。



アソウ自民がしでかした今回の“国策捜査”は、それぐらい国民に不信の念を抱かせた。





“正義の検察”というのなら、その証に迂回献金を懐にしている自民党議員も、しょっぴかねばならない。

小沢一郎に匹敵する大物といえば、森喜朗、および二階俊博。



しかし、政府高官なるもの、「自民党までは波及しない」と口を滑らせた。

問わず語り、“国策捜査”がバレバレだが、この場合、政府高官とは官房副長官とする情報が有力。

新聞、テレビは、日本の将来を左右する大事な局面でなにを遠慮して政府高官の名を明かさないのか。



いずれにしろ、時の政府が検察の動きを把握していることは間違いないようだ。

したがって小沢一郎の秘書逮捕は、検察が勝手にやったわけではなく、法務大臣が認めたことによって踏み切ったに違いなく、これが仮に自民党の森喜朗あたりの秘書逮捕ならば、間違いなくストップをかけた。



かつて田中角栄の逮捕を認めたのは、法務大臣の稲葉修。

中曽根派ながら“クリーン三木”といわれた三木武夫内閣の重鎮、骨のある人物だった。

もちろん、指揮権発動という伝家の宝刀を持っていたけれど、稲葉は、それを抜かず、前代未聞の総理大臣経験者の逮捕。



時の政権が、検察に大きな力を行使できることは、この一事でもわかる。





田中角栄の逮捕は、アメリカの石油メジャーの逆鱗に触れたから、とされる。

アメリカに頼らず、独自にエネルギー資源を確保しようとインドネシアの天然ガス資源に田中角栄が手をつけた。

だから狙い打ちされた、という。



一方、アメリカに忠誠を誓っているのが、小泉に象徴される福田派。

田中の金脈をあぶりだした『田中角栄研究』(立花隆著)の資料は福田派から提供されたとも言われた。



そして、田中角栄の秘蔵っ子、小沢一郎は、「日本の防衛は、アメリカ第七艦隊だけでいい」と在米軍基地の縮小をほのめかしたとたんに狙い打ち。





アメリカ追従の旧福田派の面々と、アメリカと対等であるべきとする旧田中派との“怨念の角福戦争”が、いまだに尾を引いている気配。



その漁夫の利を淡々と狙っているのが、アソウなのだろうか。





いずれにしろ、日本の政治が三流といわれるのは“土建政治”が、いまだに行われているからに他ならず、これを検察が一掃するというのなら“正義の検察”と信頼することもできるが、小沢一郎だけを標的にしたとしたら国策捜査の汚名に甘んじなければならない。



日本の“奥の院”とは、どのような人々を言うのか、知らないが、小沢民主が政権の座につくとよほど都合が悪いのだろうと、下々はタメ息をつく。
2009.03.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/105-78b8fe08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。