上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
中川昭一財務大臣の醜態、これ、自民党の断末魔か。



よりによって「100年に一度の世界的大不況」の対策を講じるG7で日本の政治の貧困ぶりを知らしめた。



ふだん右寄りのポジションからずいぶん威勢のいいことをおっしゃっているけれど、この醜態、どう決着をつけるつもりか。



「薬を多めに服んだ」などとみっともない言い訳をしている場合ではない。



仮に薬が原因だったとしても側近の財務官僚ら、質疑応答もろくにできない大臣を、なぜ記者会見にさらしたのか。



チームワークが崩れているのが、ミエミエ。

中川昭一の周辺における人間関係が壊れている、と思われてもしようがない。



そんな人間に政治をやる資格があるのか。





総理大臣だった宮沢喜一も酒癖において問題視されたことがあったけれど、周辺の人々がこれを表面化させなかった。

酒を飲めば政敵のみならず、自分以外はすべてがアホに見えるのか、罵詈雑言のつぶてを投げつけたと聞く。



こういう酒癖は下々でもよくあることで、周囲は「始まった、始まった」と言ってニヤニヤしていれば済む程度のこと。



しかし、中川昭一の場合、日本を代表して記者会見に臨んでいるのだから、世界中に日本の恥をさらした。

しかも、このインターネット時代、動画がいつまでも残り、隅々まで行き渡るのだから、日本の信頼を著しく失墜させてしまったのは間違いない。



この際、威勢のよい言説に恥じないよう職を辞すべきではないか。



朝青龍に品格を求めている日本人ってのは、いったい、ど~いんだえ!



と、世界の人々は白い目で見るに違いない。
2009.02.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/111-cfb6ddfc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。