上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
カタカナ語が苦手なのには理由がある。

決して年齢相応だから、という理由だけではない。



言葉遊びをしすぎたからだ、と思っている。



いまも、チビ姫1号(6)がいるので、つい遊んでしまう。





「そこのマネヨーズ、取ってちょうだい」





するとチビ姫1号は、すかさずツッコミをいれてくれる。





「マヨネーズでしょ!」





このツッコミがあるうちは、遊びはつづくだろうが、そのうち、



「そっか、じゃ、これはチャケップでいいんだっけ?」



なんて言っても、冷たい目で見られるか、それすらもなくなって無視されるに違いない。



「ち・が・うッ! ケチャップ!」



こんなツッコミ的添削をしてくれるのは、いまやチビ姫1号だけである。









先だって、どんな話の流れだったか思い出せないけれど、アメリカのテレビドラマ『24』の主人公を、こう言った。





「バック・ジャウワー」





そう言った瞬間に娘のムコ殿の目の中に「?マーク」が点滅していた。



「エッ!?」



怪訝な表情をして、こちらに視線をよこしたのだ。



この人、やばいのじゃないか、という表情でもあり、もしかしたら自分が間違えていたか、といった複雑な心境だったのだろう。



彼は、おずおずと、たしかめてきた。





「ジャック・バウワーじゃなかったですかね」





すると、家人が「わざと言ってるんだよ。昔からだから、気にしないで」と笑った。



そうなのだ。

わたしは、ずいぶん前からハリウッドスターの名などで遊んでいたのだ。



これが災いしたのだと思う。

遊んでいるうちに、どちらが本当なのか、わからなくなってしまうのだ。

そればかりではない。

カタカナ語、すべてに自信を失ってしまったのだ。





たとえば、みなさん、どちらがホンモノか、わかるだろうか?





「メル・ギブソン」  ~  「ギブ・メルソン」





「アントニオ・バンデラス」  ~  「バントニオ・アンデラス」





「ディオナルド・レカプリオ」  ~  「レオナルド・ディカプリオ」 





「コビン・ケスナー」  ~  「ケビン・コスナー」





「ショーン・コネリー」  ~  「コーン・ショネリー」





「ハム・トンクス」  ~  「トム・ハンクス」





「チャッカマン」  ~  「カッチャマン」





「ポーンコタージュ」  ~ 「コーンポタージュ」





みなさん、わかりますよね。

最後の2つは、ある人の、うっかり口から出てきた傑作であるけれど、これらを繰り返し言っているうちに、いざという時、ハテ、どっちだったけ、と一拍の間を置いて考えないと言えなくなるから恐ろしい。



実際、わたしの言葉遊びを聞かされ続けた家人は、ある日、真顔で「どっちだったけ? 本当にわからなくなってきた」と質問してきたのだ。





「ジョン・マンジロウだっけ、マン・ジョンジロウだっけ? あれぇ、わからなくなった」





良い子のみなさ~ん、絶対にマネしてはいけませんよ。






2009.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/117-004efff6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。