上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさま、あけましておめでとうございます。



今年も、ご愛読いただきますよう、よろしくお願いいたします。





というわけで、って、どういうわけかわかりませんが、新年のご挨拶かたがた、よもや話ってことで、昨日、大晦日とくれば、紅白歌合戦。



歌い手の中には、このイベントで初めて知るって人が案外多いのですが、昨年はラジオをよく聴いていたせいか、まるで知らないという人はおりませんでした。



それはそれでよかったのですが、好き嫌いというのは、どうしようもありませんね。

この感情だけは何年生きていても、制御できないものらしく、わけもなく好きであり、嫌いなのですね。



まずは聴いていて、あまり愉快になれないものというものがあります。

わたしの場合、歌詞がだいいちに気になってくる。



作り手の事情は、この際、おいておくけれど、

「世界にひとつだけ、マイスイートホームに帰ろう」

なんて歌詞を高らかにうたわれたら、ホームを失った人々、そもそもホームのない人々は、どう聴くのだろう、なんてことを考え、酒をグイとやりたくなった。



「パパのママ」だの「ママのパパ」だのとやられるのも、パパママのいない人は、どうすんだ?

なんてことを考えるのですね。



唄、詩ってのは、いろんな人を思いやり、配慮しながら、抽象化していいかなければならない。

そう思いつつ、酒をグイとやりました。





それに、ヒトトヨウ、というヒト。

「はじめて」という曲は「はじめて」聴いたけれど、歌詞の意味がまったくわかりませんでした。

どなたか、解説していただけませんか。



テロップに流れる歌詞を読んでいても、まるでわからないのですね。

なのに、この歌い手さんは感情を過剰に入れこんで歌っているので、ますます混乱。

とっても大事なことを歌い上げているのだろうな、と思えば思うほど、酒をグビグビ。





それから不自然な歌い方、これは困りますね。

聴いていて、恥ずかしくなってくる。

とくに巻き舌系は、どうも耳に障ります。

ヒラハラアヤカ、ギリギリのセーフか、と思いつつ聴いていました。



が、面白いことを発見。

英語の歌詞「ノクターン」を歌った時、もっと巻き舌でいいのではないか、と思いました。

そこでチビリと酒をなめましたね。





ヤマザキ某という歌い手、紅白には出ていませんが、この人の歌い方に象徴されるタイプ、ダメですね。

不自然すぎて…。

それとダブるのが、トクナガヒデアキという人。

ホントの声を出してみて、とつい言いたくなるんです。



演出というのも、やはり、一考。



コバヤシサチコは、歌はたいへんうまいのに、あの演出が気になって、毎年ながら、なにを歌っているのか、さっぱりわかりません。

もっと歌に集中させて欲しいですね。



その意味で、テリーイトウという人も、困った人です。

フジアヤコを台なしにしてくれました。

背後で舞う2人のおかげで、フジアヤコの歌がかすんでしまっているところに、気がつかない。

これでは演出屋として失格でした。



正直いって、わたし、石川さゆりと、坂本冬美がしっかりしていれば、それでいいんです。

このふたりだけは、目が離せない。



目が離せないと書きながら、じつは離してしまいました。



次は、ミスチルか、と思った瞬間に、わたし、裏番組にチャンネルを変えたのですね。



あのバカバカしい「笑ってはいけない」ってのが、たまらなく好きなんです。

で、チャンネルを変えたら、笑福亭ショウヘイがレスリングのコーチ役で出ておりまして、これがあまりのバカバカしさに、うっかり引き込まれてしまったのでした。



ハッとわれにかえってチャンネルを戻しましたら、なんと石川さゆりの「天城越え」、ほぼ終わりかけておったのです。

これは痛恨のキワミ。



しかし、この2人は、いい。

声、歌い方、妖艶なる色があります。



オオムネ、演歌はよいですね。



なんでか、といえば、歌詞がいい。

そもそもスイートホームに縁遠いというポジションから描かれているからでしょうね。

はぐれ者の立場がよくわかっている。

まずそこがいい。



そして、すべてを言葉で語っていないところがよろしいのです。

あからさまはいけません。



アイコという人の「キスハグ」なんて歌は、全部、言ってしまっているから、色気もなにもない。

赤裸裸はドキドキ感がなくなることと、内に秘めたる激しさってものをアイコちゃんにちっとは知ってほしいですね。



まだまだ語りたいことがあるのですが、新年早々、悲憤慷慨なんて話では気が重くなりますので、このへんでおしまいにします。





みなさん、今年も健康で大晦日を迎えましょうね。



どうぞ、よろしく。
2009.01.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/131-8dfe4e04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。