上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


昨日、集落の道普請があった。



道普請といっても道路は舗装されているから道ばたの草刈りと側溝の清掃で、午前中に作業を終えた。



午後からは慰労を兼ねた懇親会があり、食事と酒が振る舞われた。

酒がまわって、しばらくしてから年輩の男性がわたしの首元を見て、こう言った。



「どうした? むち打ちになったか」



「いえ」



と言って、あわててネックウォーマーをはずした。



その瞬間、長髪だった髪をバッサリ切ったような寒さに襲われた。

一度、この温もりを知ったらなかなかはずせないものだな、と思った。







夕刻、お開きになり、家に戻って九州場所の初日を観る。



眠気が、寄せる波のように繰り返し迫ってくる。



目をあけると、先ほどとは違う力士が仕切っていて、結局、仕切りばかりを観ていたようで、相撲を観た気がしなかった。
2008.11.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/152-5f3656e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。