上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさん、大変です。

「川柳の新潟イチ」で先週金曜日に大賞を受賞したことはすでにお伝えしましたが、それも今日までのはかない命。

わずか1週間でコムロさんよりも早く奈落へ落ちるのだ、とそう覚悟していましたら、

な、なんと2週連続のチャンピオンに輝いてしまいました。





 お前もか 海越えトキに 涙する (過疎の悲しみ)





といって、簡単に決定したわけではないのです。

最終的にふたつの句が残ったのですが、審査委員長の遠藤麻理さんが決めきれず、3名のスタッフとともに多数決。

その結果、2対2で完全に割れてしまい、金曜オーディション史上2回目のリスナー投票に突入したのでありました。



もう一句は、このような句だったと思います。(間違っていたらごめんなさい)





 全世界 若狭の小浜市 知らしめる





おわかりかと思いますが、「若狭」は「若さ」、「小浜市」が「オバマ氏」にかかっているわけですね。



一度目に聴いた時に、今週はこの句が大賞だな、と予想していました。

時事ネタとしては新鮮であるし、話が大きいし、なによりワカサ、オバマの2つがかかっているのですから、これはエンマリさん好みの句だろうと思っていたのです。





リスナー投票による結果発表は、番組の終了時刻10時直前でした。



リスナーからの評価も半々というところだったようです。

ただ、わたしの句が有利に動いたのは、ご当地ネタであったこと。

これに尽きます。

かたや、もう一句の方は、遠くアメリカの話であり、さらに福井県の話題であったというところが不利にはたらいたのかも知れません。



が、それよりも何よりも、じつは核兵器なみの強力な援護射撃があったのでした。



エリザベスさんです。

わたしの「お前もか海越えトキに涙する」に一票を投じてくれたのですが、そこにコメントを添えていただいたようなのです。

それも、悲痛な叫びであるのに、笑ってしまうひと言。



「帰ってきてぇ~~!」



これが決め手になったのです。



エリザベスさん、このひと言、腹の底から笑ってしまいましたよ。

「帰ってきて」というのは、もちろん、トキでしょうが、なんだか「大賞」にもかかっているような印象を受けました。

射撃の名手、ゴルゴ・エリザベスと呼ばさせていただきます。

ありがとうございました。





ええと、蛇足ですが、冒頭に「みなさん、大変です」と振りましたが、

みなさん、本当に大変なんですよ。

“殿堂入りに王手!”がかかっちゃったんですから。

もし殿堂入りしてしまったら、どうしましょ?



麻生さんの景気対策、アテになりませんから、

島限定の内需拡大の祭りを3日間ぶっ通しでやってみますか。



って、そんなことにはならないでしょう。

時事ネタで3週連続は、よほどのことが起こらないかぎり、不可能ですから。

よほどのこと、というのは、トキ10羽が群れをなして本土上空を飛んでいた、という目撃証言が次々とFMポートに寄せられるとか…。



ま、そういうことですので、みなさん、そうおびえずに待っていて下さいね、

来週の13日の(翌日の)金曜日を。
2008.11.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/153-168daddf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。