上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
麻生総理の景気対策を見て、あまりにもアホらしくて久しぶりに川柳をひねる気になった。



まずは2兆円の給付金、1世帯4人で6万円ぐらいだという。



わたしの息子は、こう言った。



「いいじゃん、そんなにくれるんなら」



「アホか、たった6万で魂を売るか」



「え、毎月6万円くれるんじゃないの?」



「…」





3年後には消費税をアップするとも麻生総理は言った。

おそらく、10%になるだろう。

月10万円の支出なら1万円の消費税だ。

つまり、半年で取り返し、1年後には倍を分捕る目論見。



社民党の福島党首、ふだんは気のきいたコメントを出さないが、今回は冴えていた。



「天丼をごちそうになって喜んでいたら、しばらくして1万円の請求書がまわってくるようなもの」



高い天丼である。

しかも、6万円の給付金といったって、これ、もとは税金だから、自分たちのカネ。

それをもらって喜ぶとしたら、日本の政治風土、あまりにも未熟。

長年の愚民政策の成果と思うしかない。



しかも、これが100年に一度の暴風とまでいった経済対策というのだから、あまりにもお粗末。



そこで、一句。





  バラマキで 腹巻き買って しのぐ冬 (不景気対策)





これ、選考漏れ。

しかし、寒い冬を目前にしても、相変わらず灯油も安くならず、電気代はアップという状況。

6万円なんては北海道ならひと月分の灯油代。

ならばバラマキ給付金で腹巻きを買って、寒さをしのぐしかない、とそんな気分を詠んだもの。



(あのぉ~、言わんでもいいと思いますが、バラマキと腹巻き、かかっています。こういう小細工、審査委員長遠藤麻理さん好みなので、やむをえずひねるんですね)





さて、問題は高速道路の割り引きである。

土日祝日は、どこまで走ろうとも1000エン均一。

しかし、運送業のトラックは、対象からはずれるというのが、どうも釈然としない。

景気対策と言うならば、物価に直接影響する物流の主役、トラックを対象にすべきで、一般の車だけを対象にするというのは景気対策ではなく、ミエミエの選挙対策。



なによりおかしいのは公平性をむねとすべき行政なのに、佐渡には高速道路、ありゃしない。

景気対策の恩恵もなし。

というわけで、二句目は、そのまんま川柳。





  割り引きの 高速道路 ありません (島の民)





これも、思いっきり、ハズレ。

というわけで、大惨敗!



…と思いきや、今シーズンの原巨人のごとく“メイク・レジェンド”だ。





  お前もか 海越えトキに 涙する (過疎の悲しみ)





これがエンマリさんの目に留まり、な~んと、大賞受賞!



要するに遠藤麻理さんら、あちら側にいる方々はトキが本土にやってきたと大喜び。

が、せっかく苦労して放鳥までこぎつけた佐渡の人々にとっては、若い人が都会に憧れて行ってしまうように、トキもまた去っていくのか。

そうした佐渡の人々の気持ちに初めて気がついた、との審査委員長の選評。



わが子には世界に向かって自由に羽ばたいて欲しい、との思い。

その反面、そばにもいて欲しい。

そんな複雑で切ない気持ちを表現したかったのだが、エンマリさんにとっては新しい視点だったようだ。





さて、さて、大賞受賞ですよ、みなさん。

4度目です、どうしましょ?

ここはひとつ、景気対策、内需刺激のために派手にやりますか。



ところで、今回の大賞のご褒美は、なんだろう。

聴きのがしてしまいました。

ご存じの方、いらっしゃれば、教えて下さい。
2008.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/160-fe8103ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。