上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


わたしの棲息区域であり、奇楽庵の営巣地であるニクウヒルズあたりに、放鳥された朱鷺が飛来しているらしい。

そういう情報が入った。



そこで「放鳥トキ情報」で確認してみた。



本当に来ているではないか。

写真の稲刈り後の田は、どこだろう?





朱鷺の棲息する区域は、島の南に位置する小佐渡側とされ、そちら側をメインにビオトープ造りが行われている。

一方、わたしの棲息する区域は北方の大佐渡側だから、こちらまでは飛んでは来ないだろうな、と勝手に思っていた。



ところが、やはり、鳥である。

考えてみれば、小佐渡から大佐渡なんてのはひとッ飛びである。

しかも放鳥組は、朱鷺の中の朱鷺である。

選ばれたエリート鳥だから、エネルギーの横溢する若さがあり、元気ハツラツ、好奇心も旺盛であろう。

したがって、あっちの山はどうなってるんだろ? なんて思って当然である。





ということだから、わたしも外へ出るときはうなだれたままウロウロするのではなく、坂本九さんの唄でも口ずさみながら、上を向いて歩こう。

朱鷺の舞う空を見ることができるかもしれない。
2008.10.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/178-dd1dbf64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。