上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
太田農水大臣、辞任ですね。

今月中には「安心実現」の福田内閣は総辞職となるのに、なんでこのタイミングなのでしょう?



「ジタバタ騒いでいない」発言が大問題だったのでしょうか。

何をいまさらですよねぇ。



もともと「消費者がうるさい」と消費者をバカにしていた男なのです。

しかも「レイプするぐらい元気があるほうが健全」などという不健全な男を、よりによって鬼門の農水大臣にした方が、どうかしているのですから。



そんなことより、大事なのは目の前に迫り来る解散総選挙。

自民党幹部らが「あんな奴が大臣をやっているのでは選挙に勝てない」と判断したのです。

“国民の食の安全”よりも自分たちの“組織”を守るためにオオトカゲの尻尾を切ったというのが真相でしょう。



しかし、いまさらジタバタしても遅いですよね。

すでに腐臭が漂っております。



舛添厚生労働大臣が勇気をしぼり出して

「年金記録の改ざんは組織ぐるみの可能性が高い。限りなくクロに近い」と発言したのに対して、

町村官房長官がすかさず「走りすぎた発言」と舛添大臣にイチャモンをつけるのですから。

まだ膿を温存しようとしているのです。

困ったものですね。



そんなことは置いて今日のテーマは、FMポート『金曜オーディション』です。

今週は、殿堂入りにリーチのかかった句を誰かが負かすのか。

そこが焦点でした。





 黄金の 稲穂サーファー 赤とんぼ





映像がそのまま浮かび上がってくるような素晴らしい、この川柳を負かすなんてことは、わたしは、先々週の時点で諦めていました。

ええ、結果を先に言ってしまいますね。

この句が3週連続勝ち抜いて、殿堂入りを果たしました。

「あずきさん」おめでとうございます。



そういう強敵、相撲でいえば大横綱なわけですから、わたしは「わたしの川柳」を詠むということになるわけですね。

自分の相撲を取ることだけっす、と力士がよく言うではありませんか。

その心境っす。

はい、相変わらずの時事ネタです。





 稲穂より 軽い大臣 頭垂れ (ジタバタ劇場)





この句はエンマリさんに詠まれました。

もちろん、太田大臣の謝罪の情景を詠んだものです。

本来は、実るほど頭の垂れる稲穂かな、といいますよね。

それにひっかけて稲穂より実っていない太田大臣の軽い頭も垂れたと皮肉ってみたのですが…。

金星ならず、ただの白星ですが、それだけで十分な喜びであります。



ただ残念だったのは、最後の「頭垂れ」をエンマリさん、「あたまたれ」と詠んだことであります。

これは痛恨でした。

やはり、ラジオなのですから漢字にこだわらず、

「頭垂れ(こうべたれ)」

と、ヒラガナも書いて送るべきでしたね。



そして、次の句はまったく自信もないまま投稿しちゃいました。

なにがって、トンチンカンなことを言っているのかどうか、自分でもわからないからです。





 いつの世も 得した人の 姿なく (リーマンの父)





それで、こんな文章を添えておきました。



「アメリカのサブプライム問題が発覚して以来、大変だ、大変だ、リーマンが倒産したと、損だけが報じられていますが、損をした人がいるなら得した人も必ずいるはずですよね。

儲けた人の姿はまったく見えません。

日本でのバブル崩壊の時も思いましたが、なんか変です。

損得勘定が合わないような気がしますけど、これ、経済に無知なわたしだけの思い込みなのでしょうか?」



本当に経済とか金融ということについて、まったくの無知蒙昧の輩なのです。

お小遣い帳の域から出ていませんのでニュースを見ていてもチンプンカンプン。



ちなみにネームの(リーマンの父)ですが、わかりますよね。



リーマンの父、と書けば、リーマンの父さん、と呼ばれますよね。

はい、「リーマンのとうさん」→「リーマンの倒産」になるわけですね。



こんなところに頭を使うから、マネーのことについてダメなんでしょうか。



しかし、みなさんは、どう思いますか?

相撲だって、負ける人がいるから勝つ人がいるんですよ。

みんなが負けるなんてこともなければ、全員が勝つなんてこともないのですよ。



どなたか教えて下さい。

ただし、お小遣い帳レベルのお子ちゃまでもわかるように、お願いしますね。








2008.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/194-01b43874

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。