上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先だって奇楽庵と酒を飲みました。

その時、一緒の酒を囲んだ息子が携帯で坂本冬美のカバーアルバム『Love Songs』から3曲ほどダウンロードし、ボリュームをいっぱいにあげて流したのです。





『なごり雪』を聴いた奇楽庵が、つぶやきました。



「エロいなぁ」



そして、酒をグビリとやり、『時の過ぎゆくままに』に没入。

今度は、叫びました。



「エロすぎるよぉ」



さらにグビグビやり、『夏をあきらめて』で、ため息まじりに言いました。



「これ、ホントにエロいなぁ…」







「エロい」とは、エロティシズム、芸ごとで言うならば“色気”という最高級の誉め言葉でしょう。



男であれ女であれ、芸で身を立てている者にとって色気はなくてはならないものです。

逆にいえば、色気のない芸人は長くは活躍できないというのが、この世界でしょうね。



ただひとくちに色気といっても、いろいろあります。

AKB48の小娘集団にも“お色気”といった意味のものを感じる人もおりますし、もしかしたら、お笑いタレントの森3中に色気を感じてしびれている人がいるかもしれませんから、千差万別、蓼食う虫もおりますし、人それぞれです。



しかしながら、演歌の世界では、とくに色気は必需品、必要絶対条件といってもでしょう。



たとえば、八代亜紀なんかは妖艶なる色気といいますか、とにかく、なにをうたっても妖しげな色気が漂ってきますものね。

この人の唄は、日本酒、それも燗をした酒をやりたくなります。





つづいて石川さゆりは、年齢を重ねるにつれ艶やかさを増しつづけているような気がします。

『天城越え』をやるときの石川さゆりは“凄艶”というにふさわしい風格です。



この人には童謡をあつめた『童~日本童謡唱歌集』というアルバムがあります。

わたしが「石川さゆりはいい」なんてことを言い続けておったものですから、そのアルバムを知人がプレゼントしてくれました。



その中の「ずいずいずっころばし」なんて曲をしみじみ聴いておりましたら、そのあまりにもあまりな艶っぽい歌い方から、まるで異なる解釈が生まれ、童謡なのに思わず官能の世界にひきづりこまれた記憶があります。



「おい、これ、すごいなぁ。エロスの世界だな」なんてことを家人に言いますと、



「そんなこと考えるのは、あんただけ」と返されましたが、



これが歌唱力というものなのか、と本当に驚きました。







ちょっとタイプは違いますが、テレサ・テンの声色に感じる色気は、清らかな艶、つまり清艶という印象。

八代亜紀とは対極にあるような色気です。

とくに高音部の透き通った声、なんとも切ない感じがいいですね。

近ごろ、ず~っとテレサ・テンのアルバムを聴いておりました。

毎日毎日、まいにち、マイニチ、聴いておったものですから家の者たちに、

「もういい加減にしてよ!」と抗議されるほど…。







では、「エロすぎる」と奇楽庵が悩殺された坂本冬美は、どうかと言いますと、まさしく「エロい」のです。

あの官能的すぎる声質と歌い方は、奇楽庵にかぎらず、脳髄あたりをチクチクと刺激してきます。

それは、一歩間違えると、奇楽庵が踏みこみそうになった淫らな世界です。

それほど、なまめかしいのです。

“嬌艶”なる色気が充満しているのですよ。



今回のアルバムは、すべてカバー曲で、彼女の特徴である「コブシ」も、「やわらかながなり」も封印しております。

なのに、これほどの色気を発するというのは、おそらくは全面解禁されたポルノよりも、チラリズムの方により色気を感じるのと同じなのでしょう。

抑制されているからこその色気、不自由だからこその色気、緊縛の色気とでも言うのでしょうか、そういったものを、奇楽庵は過敏にキャッチしてしまったのでしょうね。







『Love Songs』の中の一曲、大ヒットしているらしい「また君に恋している」は焼酎のコマーシャルソングですから、まさしく焼酎があうでしょうね。

しかしながら、他の曲を聴いていると、なにやら冷や酒を飲みたくなってきます。

とくにサザンの「夏をあきらめて」なんてのは、夏向きのライトな冷や酒を、グビリとやるのがいいような感じです。





ま、前置きが、長くなりすぎましたが、そういうわけですので、みなさん、坂本冬美の“嬌艶”なる声色をつまみに、やりましょ。

ええ、奇楽庵に先を越される前にアルバム『Love Songs』を、うっかり買っちゃってしまいましたから、やらんならんでしょう…。







坂本冬美 Love Songs
2010.05.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/2-2a11038d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。