上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりに酒を2日連続で飲んだ。



昨夜は東京からかつての担当編集者一行3人が突発的に出現したので『りきすし』へ行ってきた。



お盆の時期の寿司屋というのは、悲惨きわまりない。

夏場はそれでなくても魚が少なく、仕入れ値だけがアップ。

しかも、盆に入って市場は休みときてる。

それなのに客は多いし、出前注文が殺到。



こんなときに『りきすし』の暖簾をくぐるのは、非常につらい。

しかし、そこは職人、客を満足させるだけの計算はできている。



佐渡産モズクの酢の物で生ビールをやっていたら、アワビの酒蒸し、タコのやわらか煮がさりげなく目の前に置かれた。

ここですかさず、ギア・チェンジ。

「真稜の純米生ちょうだい」

アワビもタコもやわらかく、香りがたっていて、うまい。

これに塩をのせると、甘みが増した。



今季初のアオリイカの海苔和えが、これまたうまい。

刺し身もひと切れ、ふた切れとやっているうちに、客人らは酒のお代わりに加速がつく。

あおられて、わたしも飲む。



さてさて、どれくらい飲んだのだろうか、体調不良である。

そのせいか、いろいろ書きたいのに、先が進まない。



ひとことだけ。

近ごろ、寿司屋といわず、料理屋でやたらと写真を撮りたがる客が増ているようだ。

もちろん、ブロガーが増えたせいだろうが、わたしはできるだけ食うことに専念したいから、写真は撮らない。

とはいえ、この一発だけ撮ってみた。

写真に力もなく、ヘタクソである。



のどぐろの炙り





のどぐろの炙り。



うまッ!








2008.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/210-27d14704

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。