上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この原油高、どこまでいくのだろう。

先進国首脳会議を1週間後に控えているけれど、各国の首脳、みんながみんなアホに見えてくる、と悪態のひとつでもつきたくなるほどの無策ぶりである。



投機目的で原油やら穀物相場が上がっているというなら、その投機で儲けた8割を地球環境税として分捕ればいい。

アッという間に値は下がるだろう、と素人は考えるけれど、どうなんだ。

投資家と政治権力が寄り添っているのだから、しようがないのか?



と、怒りにまかせて書き始めようと思ったら、面白いブログを読んだ。

この原油高で漁師たちが出漁を控えている中で釣りを目的にさっそうと港を出ていく男たちである。

こういう話はいい。

惚れ惚れする。

バカだな、こんな時代に、という声も聞えてきそうだが、そんなことは気にすることはない。

これぞ、男の中の男たちである。



でまかせを言っているのではない。

このエコブームが気にいらないのだ。

それをモノともせずに海へ出るというのが、わたしには拍手喝采なのだ。



なにしろサミット前だからなのだろうが、テレビ、ラジオ、新聞…、妙なエコ大ブームである。

こういう大きな潮流は危険だとかねてから言っているけれど、エコが“錦の御旗”になっていてエコに反対する者は「非国民だ、非地球人だ」というぐらいに加熱している。

まるで「欲しがりません、勝つまでは」という戦時中の大号令である。



10種13分別の新潟市の複雑なゴミ処理も「エコのため」と言われれば、やるしかない。

そして、これだ。

行政による「コンビニの深夜営業の自粛を」なんて話を聞いて、ついにきたか、と思った。

これは行政という力による脅迫も同然である。

エコの象徴的存在としてコンビニが槍玉にあがったのだろうが、こんなのを認めたらエコという“錦の御旗”はますます勢いづく。



このブームの危険なところは、庶民にとっても節約というオマケがついているところだ。

そのオマケにだまされているうちに、なにが起きるか。

原発だ。

この地震大国を原発列島にするという画策が隠されているに違いないのだ。

温暖化防止だ、地球に優しい原発なんてことを信じていたら、とんもないことになる。

環境破壊はもとより、生命の死滅状態が半永久的に続くのだ。



お笑いブームだの、ダイエットブームならばいい。

しかし、政治がからんでくるようなブームは要注意である。

コイズミブームの後になにが残されたか、もうお忘れか?

原発列島化だけは阻止しなければならない。





それにしてもマグロ&鯛が食べたいなぁ…。

はい、会長、わたくしは非国民と言われようと、ののしられようと、マグロ&鯛が好きです。


2008.07.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/226-93879be7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。