上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 



親亀も 子亀もこけて 打つ手なし



所属の協栄ジムとの契約解除によって亀田兄弟は日本のリングで闘うことができなくなったようだ。

ボクサーなのに「打つ手」を封じられたようなものである。



これに関してはまだ最終結論が出ていないけれども、にわかボクシングファンとして、どうも腑に落ちない。



少なくとも亀田興毅はWBAライトフライ級の世界チャンピオンである。

世界チャンピオンの試合を日本で観ることができないというのは、ずいぶんおかしな話である。

そのあたり、なにがあったのか、説明していただきたいものだが、関係者は一様に「守秘義務」をタテに口を閉ざしている。

これではファン無視も甚だしい。



TBSの罪も大きい。

亀田一家を世にデビューさせるのにさまざまな形で支援してきたが、報道を見るかぎり他局と変わらない情報しか流さない。

TBSは『亀田三兄弟』というサイトを開設している。

こちらをみても“報道のTBS”なんてキャッチコピーを使っていたのに、ウソのようにピタリと更新がない。

これでは無責任すぎるだろう。

視聴率を稼ぐだけ稼いで都合が悪くなれば貝のように口を閉ざす。

まともな口のききかたもわからぬ悪ガキをヒーローに仕立て上げたのだから、しっかりとした対応をしていただきたいものである。



といようことを続けて書きたいけれど、多忙につき、時間がない。

遠藤麻理さんの川柳に関して先のブログのコメント欄でちらりと触れたので、そちらに譲って、ここらで終わり、と。



では、また後ほど…。
2008.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/241-edd1a337

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。