上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


二日酔いである。

喉の渇きがひどく、体全体が重い。

倦怠感で、あちこちが膿んでいるようである。



夕方、家の中でゴロゴロしていると5歳の孫娘が、じっと私の顔をみて、

「大丈夫?」と心配してくれた。



「大丈夫じゃない。死にそうだよ」

「え~っ」

と、驚いているから、からかってみたくなった。



「このまま死んでもいいかい?」

と悪い冗談を言ったら彼女は真顔になった。

「ダ~メ。ダメだよ」

と嬉しいことを言ってくれる。

人間は、こういう言葉に弱いものだな、とあらためて思った。



そこでやめておけばよかったのだが、つい欲が出た。



「なんで死んだらダメなの?」

ちょいと期待をこめて聞いてみたのだが、彼女は、こう言った。



「だってさ、遊び相手がいなくなったら困るもん」

「…」



よけいに具合が悪くなったような気がして、ふて寝することにした。
2008.04.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/250-0f297d21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。