上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相撲協会にまたスキャンダルだ。

17歳の若い力士を死なせた。

というより、殺した。



時津風親方には反省の表情、姿勢がまったく見られない。

北の湖理事長も相変わらずのふて腐れ顔で渡海文部科学大臣に

「命の大切さは重々承知している」

と言いながら、マスコミ陣に自身の進退について問われると、

「責任は師匠にある」

と、まるで他人事。

朝青龍事件での対応も含め、こうした相撲協会のズレは、なんだろう、と考え

ていたが、今回の事件で得心した。



イジメっ子や幼児を虐待する親は、過去にイジメを受けたり、親に虐待された

体験を持っていることが多いという事実があるけれど、この「負の連鎖」とも

いうべきものが相撲協会に脈々と流れているのではあるまいか。



相撲界における「かわいがる」とは、一般的に表現すれば徹底的なしごきであ

る。

もちろん、しごかれて強くなったらしめたもので、その力士は親方や先輩力士

に「かわいがってもらったこと」に感謝しなければならない。

あるいは他の部屋の先輩力士にかわいがってもらったら、土俵上でその先輩力

士に勝つ。

そのことを逆説的な言い方で「恩返し」と称している。

これが相撲界の伝統であり、美徳とされるのだが…。



しかしながら愛情あるなしにかかわらず、徹底的なしごきを受ければ、少なか

らず心に傷を負うのは間違いない。

愛のムチだ、と言われても、そうした趣向があれば別だが、ふつうは心から喜

んでムチを受ける人間はおるまい。

相撲が強くなって出世したところで心に負った傷は、そう簡単には消えるもの

ではないだろう。



時津風親方は「ふだんは温厚な人柄」なのに酒を呑むと人が変わるという証言

もある。

酒が心の傷を刺激して凶暴さが表面に出てきたのではないか。

手元にあったビール瓶で弟子の頭を殴った。

これを酒のせいにしてはならない。

時津風親方の心に刻み込まれ、消し去りようのない怨念のようなものではない

か。



現役時代の千代の富士も、ライバルの大関北天佑の弟(九重部屋)を徹底的に

「かわいがり」、廃人同然にして廃業に追い込んだことを週刊ポストに「リン

チ事件」として追及された。

その千代の富士は、いまは九重親方として審判部長の要職にある。



そして、理事長という重責にありながら20代の女性に対してセクハラ行為に及

んだうえに頭を数十回殴ったとして被害届を出された北の湖。



北の湖は中学時代に入門、千代の富士は中卒で入門。

序の口から幕下時代まで、彼らはどんな「かわいがられかた」をしたのか、検

証すべきである。

体の小さかった千代の富士も新弟子時代に徹底的に「かわいがられた」のだろ

うと簡単に想像がつく。



1985年以後、相撲協会が把握しているだけで、16人が死亡しているという。

この10年間でも4人が死亡…。

北の湖部屋からも死亡者は出ている。



「負の連鎖」を断ち切らないかぎり、「心ある対応」を望むべきもない。

横綱に品格を求める前に相撲協会幹部、親方衆の「品格」を問うべきだろう。
2007.10.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/260-9c8532fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。