上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
朝青龍問題がいまだにごたついているけれど、長引けば長引くほど、関係のな

いことまで取りざたされ、メディアは大喜び。

メディアはこぞって朝青龍に対して殊勲・敢闘、ついでにサッカーの妙技に技

能の3賞を授与しなくてはなるまい。



メディアというのは、無くては困るし、あっても困る。

なんだか、困った存在である。

本当に知りたいことは報じてくれないのが、じつに歯がゆい。



といってブログはどうかというと、自らを棚に上げて申し上げれば、どれも似

たり寄ったり、箸にも棒にもかからない。



そこで「妄想記」と断りをいれて書いてみる。

ひとつの物語として読んでいただければ幸い。

本気にされても困る。

いわば「嘘のような本当の話」か、「本当のような嘘の話」の虚実皮膜。



朝青龍を診察した医師は、群がるマスコミ陣を前に、こう言った。

「朝青龍は、最後に『怖い』と言ってましたね」



天下の大横綱が「怖い」と発したというだけで、わたしの妄想癖がムクムクと立

ち上がり、書かずにはいられなくなってしまったのだ。



いったい、なにが「怖い」のか?

ここに朝青龍問題を解くカギがある。



朝青龍は、全治6週間という疲労骨折で巡業に参加できない旨、相撲協会巡業部

に申し出ている。

なのにサッカーに興じている姿がばっちり映像に流れてしまい、大島巡業部長は

烈火のごとく怒った。

当たり前といえば当たり前。



しかし、あまりにも厳しすぎる処分。

これでは、廃業を強要しているかのようなもの…。

なぜ、これほどまでに厳しい処分を?



巡業という地方興行、表向きの勧進元は地方自治体や地元商店街、地元の名士が

ふつうだが、その裏の一切合切を取り仕切るのは、いわば裏社会の面々と昔から

相場が決まっている。



そして裏社会にとって、もっとも大事なのが「メンツ」である。

「メンツ」が立つか、立たないか、そのことで命の取り合いも持さない世界。



朝青龍は、ここに足を踏み込んだ。

天皇賜杯を受けた直後、疲労骨折としながらサッカーに興じたことで、天皇を愚

弄した、とまで思い込む人々の感情を逆なでし、「メンツ」をつぶした。

しかもこの裏の社会、ときに右翼陣営と表裏一体の関係にあり、したがって民族

主義的志向は強烈。

インチキ女占い師あたりも、この右翼的な人々とからんでいる。



巡業部長が強硬に朝青龍に対して厳罰を臨み、北の湖理事長がダンマリなのは、

そうした人々への配慮と見える。

こうして妄想を無限に拡げていくと、天下の大横綱が「怖い」といった理由もう

かがえる。



問題は、朝青龍やら相撲協会にとどまらないことである。

朝青龍は、モンゴルにおいて富裕層のシンボルであり、ビジネスマンとしての顔

を持つ。

モンゴル大統領とも昵懇の仲で、いわば朝青龍はモンゴルという国家におけるエ

スタブリッシュメントの一員。



ここに裏の社会の面々が目をつける。

朝青龍にメンツをつぶされた人々にとって、今回の騒動はモンゴル進出への千載

一遇のチャンス。

たんなる仮病、巡業サボりの話ではない。

日本とモンゴルの裏社会における暗闘である。



朝青龍の先輩力士だった旭鷲山の突然の引退に、多くが驚いたが、これもまた裏

社会とのからみ。

大島部屋に暴走トラックが突っ込んだ事件に疑問がわいたけれど、モンゴルにお

ける金鉱脈をめぐって、暴力団員との間で、もめ事があったことが発覚した。



旭鷲山も、なんらかの圧力によって引退に追い込まれたのだろう。

そして、朝青龍も、間もなくモンゴルへ帰国する模様。

ここで手打ちが行われるのか、どうか。



相撲協会は、公益をになう財団法人である。

しかし、興行という形態は、昔から変わっていない。

いわば、暗部である。

メディアは、ここを掘り下げず、ただただ朝青龍だけを狙い打つ。



頭で考えただけの妄想で、こうしたカラクリが見えてくるのだから第4の権力と

いわれるメディアの面々、突撃取材を敢行せよ。

そうして大横綱朝青龍を引退の危機から救ってやることである。
2007.08.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/263-117f4cfb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。