上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
人を見損なう、とは、見損なった自分が悪いのだろうか。

それとも見損なわせた相手が悪いのか?



白鳳、見損なったぜ。

立ち合いのはたき、勝った瞬間の土俵上でのガッツポーズ。

不快である。

勝ち負けだけのスポーツなら他に行ってやってくれ。



朝青龍が本割りの千代大海戦で見せた立ち合い変化は、腹も立たない。

ここで勝って優勝決定戦に持ち込むことで場所は最高に盛り上がる。

横綱はそんな空気を読んでの、勝ちへのこだわり。

しかし、白鳳は自分が勝ちたい一心でのあの立ち合いだから、

いつまでも不快な気分が澱のように残る。



白鳳にとって前回の横綱昇進見送りが、かなりの痛手になったことは想像に難くない。

その痛手が決定戦での立ち合いに表れた。

勝てばいいんだろ、という開き直り。

人が開き直ったら、礼節も美学も糞もない。



ということを、相撲協会幹部たちは肝に銘じていただかないと、

あたしはプロレス・ファンになっちまうよ。



なんて悪態もつきたくなるけれど、

豊真将を横綱にするまでは大相撲贔屓をやめるわけにはいかぬ、な。
2007.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/267-5669ac07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。