上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
孫娘の話を書いたりすると、

「眼に入れても痛くないほど可愛いのだな。親バカならず爺バカめ」

と思われるのもシャクだから書きたくないのだが、

ちょいと面白い話があったので書かずにはいられない。



一昨日の夜の食卓で、わたしがご飯のおかわりをした時のことである。

黙って2膳目を口に運ぼうとしたら、

「あのね、ご飯をもらったら、サンキューって言わなければいけないんだよ」

と、4歳の孫娘がわたしをたしなめるのである。

親や保育園の先生に言われていることを、そのままわたしに言っていることは

わかるけれど、この子は口うるさい女になるのだろうな、と将来を憂いながら、

こう言ってやった。



「オレはね、日本人だから、サンキューなんて言わないぞ」

すると彼女は、「ふ~ん、そうなんだぁ~」と、気のない相づちのようなニュ

アンスで返してきた。

じつは、この「ふ~ん、そうなんだぁ~」は彼女の婆の口癖で、その口調をマ

ネて言っていることに気がついたときは大笑いさせられたが、

この時は本気で注意しようと思った。

小さな子供が大人や目上の人から何かをしてもらったときは「ありがとう」と

言うべきで「サンキュー」などとカタカナで言ってはならない、と思ったのだ。



「日本人なら、ありがとう、と言わなければいけないんだぞ。

I(孫娘の名前)は、なに人だ? アメリカ人か?」



食事をする手を止めて、しばらく考えている。

そして、おもむろに言った。



「#%&('$$#'" じんだよ」



聴き取れない。

耳慣れぬ国の名称を言ったのだろうか、と思いながら、もう一度訊いてみた。



「うん? なにじん?」



「ほ・い・く・え・ん・じ・ん」



「うん?」



「だから、ほいくえんじん(保育園児ん)だって」



これには、まいった。

笑いのツボにズバーンときた。

笑い転げているわたしを見て、孫娘も大笑いしている。

この瞬間に憂いもなにもかも、吹っ飛んでしまった。



そして、考えた。

もしかしたら、これが眼に入れても痛くない爺バカ状態なのだろうか…。

そんな我が身を、大真面目に憂いているのである。
2007.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/268-e21204df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。