上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は、農民音楽家であるフジイタカユキの新作CDが発売されるめでたい日である。



タイトルは『すいへいせんからのぼるつき』だ。



なぜ平仮名なのかはわからないが、いいタイトルである。

太陽ではなく、月であるところが、いい。

太陽は眩しすぎるけれど、月ならば飽くことなくいつまでも見つめることができる。

太陽のように出しゃばらないところもいい。

月の満ち欠けと共に生きてきた日本人には懐かしい響きであるところもいい。



わたしは1998年に発表されたファーストアルバム『だらりの郷』(全10曲)を聴いて、そ

の豊かな才能に驚いた。

詩情を刺激してくる旋律と、イメージを喚起する詞(ことば)の織りなす“フジイタカユ

キの世界”が濃密におしげもなく収められていて、ただの農民のはずなのに、まるで一流

の音楽家、一流の表現者にしか持ちえない自分の音楽をすでに確立していたのだ。



そして、彼の奏でるギターには、色気がある。

これが音色というものなのか、とあらためて思うほどである。

もちろん、伸びやかに歌い上げる彼のボーカルにも色があって、聴く者の皮膚をあわだて

させ、心を刺激してくる。



だから、今回の10年ぶりの新曲発表を、ひとりのファンとして強く待望していた。

ファンというのは、ある意味で盲目的である。

盲目的だから、アバタもエクボに見えてしまう欠陥をもつ。

その欠陥男に、彼は「CDの解説文を書け」と無茶なことを言ってきたのだ。

これには頭を抱えた。

客観的な文章を書く自信がなかったのだ。

だいいちわたしは音楽に関しては門外漢である。

およそ2ヶ月かかった。



タイトルは『芸農人』とした。

この言葉はフジイタカユキの最大の支援者であり、理解者である人物が編み出した。

この言葉を耳にして文章に確信と勢いを得て、一気に片がついた。



まずは、できるだけ多くの人にフジイタカユキの音楽世界を知っていただきたいと、素直

に思う。



しかし、どうやって多くの人に知ってもらうか?

商業主義的な音楽から一線を画しながら、ネット上で勝負したいと、後援者である人々は

考えている。

それが、AIR BOXである。

これは、なにもフジイタカユキだけを応援するというものではない。

無名だけれども、すぐれた表現者たちをバックアップしていこうという企みである。

ぜひ、参加していただきたい。
2007.02.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/270-cefcc2cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。