上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
朝青龍に八百長疑惑があるなんてことを週刊誌が書いているらしい。

テレビの番組で知っただけで記事を読んではいないから詳細はわからない。

それでも、ひと言、物言いをつけたくなる。

わたしがその週刊誌の編集長ならば、

「朝青龍が八百長をやる必要があるのか?」

80万円を払ってボロボロの大関陣から白星を買う必要なんかありえないのではないかと、

まずその必然性を疑う。

しかも内部告発者Xが実名証言という条件ならば記事を掲載してもよいけれど、そうでな

ければ危ない、とボツ原稿。

それでもなお記事掲載に踏み切ったのは、なぜだろう?

あまりにも強いモンゴル力士勢の追放を誰かが画策しているか? と妄想たくましくして

みる。

Xなるもの、その手先ではないのか、と逆に取材をしていくと面白いかもしれない。



大相撲は、一般スポーツとははっきりと一線を画している。

すべての取り組みがガチンコ相撲なんて思う方がどうかしている。

金のやり取りがなくたって、星の貸し借りを含めての八百長は昔からあった。

千秋楽、7勝7敗力士の勝率の高さを確認すれば、うすうす気がつくだろう。

大相撲は興行だから人気スター力士を作ることだってやる。

実力、品格ともイマイチどころか、どう逆立ちしても危ないという力士を大関や横綱にす

るなんてこともやった。

稽古嫌いで、「夏の暑いときにあんなもの食えるか」というチャンコ嫌いで有名な双羽黒

(北尾)を横綱に昇進させたのが、それ。

千代の富士の一人横綱時代が続いていたから無理にでも昇進させたのだけれど、後援会長

と部屋の女将さんを殴るなんて想像を絶する乱暴狼藉を働き、ついに破門。



不自然な昇進や、逆の昇進見送り、そして、八百長など、さまざまな疑惑は昔から繰り返

し取りざたされてきたけれど、今回の八百長疑惑報道は、どうも腑に落ちない。

どうせ相撲協会は裁判沙汰にはしないだろうと踏んでの報道だろうとは思うけれど、今回

の朝青龍の八百長疑惑報道は、妙だ。

強すぎる外国人横綱に反発する陣営があるのかどうか知らないけれど、そちらの勢力、暗

躍しているのではあるまいか。

旭鷲山の突然の引退を含め、どうもきな臭い。
2007.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/272-620041f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。