上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
一昨日深夜、ヨコチン(佐渡横綱珍議委員会)のメンバーから次のような緊急

メールが届いた。



「珍議委員長殿 横綱審議委員会が朝青龍の『けたぐり』の一戦にケチをつけ

てますぜ。佐渡横綱珍議委員会として黙ってるわけにはいかん」



「やはり、きたか」と、さっそくニュースを検索。

想定した以上に、ひどいイチャモンがついたもんだ。

報じている毎日新聞も、なかばあきれている。

以下、毎日新聞の記事を引用してみる。



   朝青龍のけたぐり「品格にかける」…横審が小言

  

  大相撲の横綱審議委員会(横審)が27日、両国国技館であり、九州場所で

 全勝優勝した朝青龍のけたぐりについて、出席した全8委員が「やるべきでな

 い。品格にかける」と、きつい小言。

  問題の一番は8日目の稀勢の里戦。石橋義夫委員長(共立女子学園理事長)

 は「いまさら星を変える訳にもいかないが……。受けて立つ余裕を見せてほし

 かった」。内館牧子委員(脚本家)に至っては「けたぐりという言葉自体、品

 がない」と話し、果ては朝青龍が制限時間を迎えた時まわしをたたく所作に

 「横綱がみっともない」。

  これには北の湖理事長が「取組直前の所作については直せないし、あれがな

 くなったら終わり」と苦笑い。今年は19種の決まり手で幕内最多67勝を勝

 ち取った横綱にとって「奇襲」も作戦のうち。非の打ちどころのない勝利につ

 けた、精いっぱいの注文か。

                2006年11月27日(月) 19時47分 毎日新聞



こりゃ、ひどい。

この記事を書いた記者も、トメの一文で、遠慮がちの横審批難。

もともと横審は丸見えの差別的体質を持っていて外国人力士には手厳しい。

だから朝青龍の「蹴手繰り(けたぐり)」は間違いなく標的にされるだろうとは

想定していたが、8人全員が口をそろえて「品格がない」ときたもんだ。

これは、朝青龍に援護射撃をせねばならんと瞬時に判断したけれど、なんせ、な

んだかんだと忙しい月末…。



それにしてもだ。

横審メンバーの1人や2人、異論反論が出てもよさそうなもの。

「いやいや、猪のように突っ込んでいった稀勢の里の独り相撲こそ責められるべ

きであって、朝青龍は横綱として猪突猛進では相撲にならないよ、と身をもって

知らしめたのだ」

てなことを言う人間がいないのが、面白くない。



内館牧子の鼻息に、ほかの男7人衆、圧倒されているのではあるまいか。

なんせ言うに事欠いて「けたぐりという言葉自体、品がない」というんである。

「言葉に品がない」というのならば、けたぐりに代わる「品のある決まり手」を

提出していただかなければならぬ。

それも出さずの、無責任発言なら横審じゃなくたって、わがヨコチンの方が一枚

も二枚もウワテ。



だいいち「手繰る」なんて言い方は粋じゃねえか。

「蕎麦を手繰る」ってぐらいだから相撲部屋の多くある江戸下町にはぴったりだ。

まさか、蕎麦をおすすりになるなんてのが上品だと思っているわけでもあるまい。



その粋もしらねえからドロドロの人間関係を描いたドラマしか書けないんじゃな

いのかい、と筋違いのイチャモンをつけたくなる。

連ドラ・ウオッチャーのあたしから言わせてもらえば、『ひらり』だって姉と妹

でひとりの男をとりあう、てな得意技を展開。

朝から、こりゃ、まずいと、自らブレーキかけたのか、どこからか「物言い」が

ついたか知らないが、ドロドロ直前のトロトロ、テレテレ…。

主演の石田ひかり、主題歌のドリカムは、眼にも耳にも焼き付いているけれど、

肝心のドラマ、相撲がテーマなら、もっと面白く作れたんじゃないのか、と感想

を述べておく。



「蹴る」と同時に「手繰る」から「蹴手繰り」であって、この「蹴り」が内館委

員には下品に感じるのだとしたら、それならば「蹴り」を禁止にしなければなら

ない。

しかし、品があるかどうかなんてのは個人の主観であって、あたしなどは「小股

すくい」なんて耳元でささかれるだけで、股のあたりがむずかゆくなってくる。

あるいは、「三所攻め」なんてのも、ふと違うことを考えている人には、

「ったく品がねえな」てなことになる。



作家の開高健は『四畳半襖の下張り・わいせつ裁判』で参考人として証言したが、

その法廷で「ちゃんこ鍋」の語源について言及している。

内館委員も、もちろん、ご存じだろう。

その証言を聞けば、これほど品のない鍋があっていいものか、天下の公共放送で

流していいものか、と言いたいぐらいである。

 ※(ちゃんこの語源は、開高健のエッセイ『証言する』に詳しくでているので、

   興味おアリの方は、どうぞ)





それは別として相撲取りは、粋でなければならない。

男の色気ってものが、なくてはならない。

わかりやすくいえば、解説の北の富士の現役時代、そして盟友の龍虎なんてのは

粋な遊び人だったし、華やかだった。

土俵上の所作だって北の富士と長谷川の火花散るにらみ合いは、男が見ていても

カッコよかった。

いま、そんな粋で色気のある関取は少なくなったと思う。

横審が口うるさいからだ、なんて言いたかないけれど、いちいち品がないとイチ

ャモンをつけられたら優等生ぶった相撲取りばかりになって、面白くもない。



朝青龍の制限時間いっぱいになって、まわしをポンと叩く姿、男の色気があるじ

ゃねえか。

これまた主観であるから、高見盛の所作に色気、粋を感じている人もおってもよ

ろしいが…。



横審は、七月場所での白鳳の横綱昇進問題でも差別的体質をあらわにしているこ

とが、問題の底流にある。



☆一月場所 13勝2敗で準優勝(関脇)

☆三月場所 13勝2敗で優勝同点(関脇)

☆五月場所 14勝1敗で優勝(大関)

☆七月場所 13勝2敗で準優勝(大関)



このずば抜けた成績にもかかわらず、見送り。

北の海理事長が諮問しなかったから、なんて言い訳はいらぬ。

なぜ、諮問しないのか、と理事長に詰め寄ってもいい成績。



朝青龍にイチャモンつけるなら、ついでに九州場所の魁皇への品のない手拍子応

援にもイチャモン、そしてガラガラの空席を埋める知恵を出したらどうなんだえ。
2006.11.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/276-194d7135

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。