上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


佐渡に越してきて10数年が過ぎたけれど、よかったなと思うことの第一は、

旨い酒に出あえたことである。



それまでじつは日本酒というものを好んで飲んだことはなかった。

舌にべとついてくる味、鼻につくいやな臭い、辛口を求めると焼酎ではない

のかというような酒にあたったり、淡麗という水のような酒であったりと、

日本酒のよさがちっともわからずにいた。

だからもっぱらビールを飲み、そのままウィスキーになだれ込む。



ある時期から輸入もののウィスキーの価格がずいぶん安くなったので手当た

り次第に飲んでみたが、やはりシングルモルトのウィスキーがうまかった。

なかでもマッカラン12年がいちばん口に合った。



ところが、「ニッカ秘蔵のモルトウイスキーがある」と、北国の喫茶店のマ

スターにささやかれた。



本来、酒は一切出さない店とわかっていたが、

「ちっと飲まして」

と、ねだって飲んでみたら天と地がひっくり返った。



香りが素晴らしい。

ブランディーに匹敵するほどの香りの立ち方である。

舌に転がしてみる。

辛さはもちろんあるけれど舌を強く刺激もせず、ほのかな甘みもある。

こんなに旨いウイスキーが日本で作られていたのか、と驚いた。





そのウイスキー党が日本酒王国の新潟、佐渡にやってきてしまったのだ。



類は友を呼ぶなんて言葉はあまり信じていなかったが、出会いとか、縁とは

不思議なもので、酒好きに次々と出会った。

その白眉といっていい人物が『いまわの際までうまい酒を飲め』の著書まで

ものにし、現在『島酒』というブログを運営する合氣堂である。



彼が中心となって『発酵醸造研究会』(略してハツジョーケン)が組織され、

日本酒研究にいそしんだ。

毎月一度、東京の酒屋さんから全国の名だたる酒を6銘柄ほど送ってもらい、

利き酒をやるのである。



合氣堂の信念というか信条というか、酒における哲学は、

「値段の高い酒が旨いのは当たり前だのクラッカー」であるから、

「安くて旨い酒」の徹底追求である。



そして、男であれ女であれ、料理を一人ひと品、自らの手で作り、持ち寄る。

「酒の肴ぐらい自分で作れないでどうすんだ!」

という鉄の掟が作られたが、酒飲みというのは、じつにマメな人種で、みご

とな手料理が並ぶ。

季節の山野草やらキノコ、あるいは釣り上げた魚の刺し身もあれば、手の込

んだエスニック系もある。

時季によってはサザエやらアワビも、刺し身になってあらわれたり、ステー

キ状に姿を変えて出てくる。



酒の味を知る上で、つまみの存在は大きい。

肴と酒、相性がピタリとくるものもあれば、口の中で大ゲンカになることも、

この『ハツジョーケン』で知った。

ウイスキーではこうはいかない。

これによってわたしは忘れかけていた愛国心を刺激され、ウイスキー党を返

上することとなったのである。



合氣堂は、言う。



「基準になる酒を持て。それと比較していけば、酒の味を記憶できる」



なるほど、と合点し、わたしは基準を佐渡の酒に定めた。

それが『真稜 純米 生』で、1升2240円ナリ。



基準を徹底的に記憶するために、わたしは、この酒をどのくらい飲んだかし

れない。

「飽きるほど…」という表現があるけれど、それほど飲んでも飽きないのだ

から、この酒は、大したものである。



相撲番付風にいえば『真稜 純米 生』の一枚上にあたるのが『至』という

酒で、2600円である。

これは『真稜 純米吟醸』で、近ごろ『至』と命名された。



この文字から至福という言葉が連想されるが、ジョン・コルトレーンの『至

上の愛』を聴きながら『至』をやれば、まさに至福である。

肴などいらない、コルトレーンと、ひとつまみの塩だけでいけると思うほど

の旨さである。





f3d5d34f.JPG

その『至』を一昨日、奇楽庵がふらりとやってき

てテーブルの上に置いた。



大急ぎで肴を作り、飲み始めたが、その飲み口のよ

さは驚愕に価するほどで、スルリスルリと喉を通過

してアッという間に一升瓶が空いた。



佐渡の酒蔵の底力に感謝である。


2006.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/286-e649c7b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。