上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の高校野球決勝を観戦している時、北海道から怒りのメールが届いた。

NHKの解説者の川中彰という人が、早稲田寄りでえこひいきしていて不愉快だ、

というのである。

そんなことを言われても困るけれども、確かに言葉の節々に早稲田実業に勝

たせたい気分が伝わってくる。

おそらく川中という解説者は早稲田大学野球部のOBなんだろう。

解説者だけではあるまい。

全国的に早稲田を応援しているだろうなと思う。

ガン闘病の王貞治という人の母校でもあるし、何よりも互いのエースを見れ

ば、一目瞭然。

ジャガイモでいうならば、男爵とメイ・クィーンぐらいの違いがある。

当然、見た目を重視する女性や子供は、あの小さなタオルハンカチでお顔を、

おふきになる、メイクィーン・斉藤投手を応援するだろうと簡単に想像がつ

く。

もちろん、マスコミは斉藤投手を多く露出させて視聴率や部数を稼ぐ。

しかし、わたしらオヤジになると見た目なんかまったく信用しない。

どちらかというと食ってうまい男爵、田中くんという実質を選びたい。



というわけで、NHKには「公平に解説せよ」と抗議の電話やらメールが殺到し

ているようだが、今日も解説は川中彰という高校野球解説の第一人者が行う

らしい。

それにしても朝日新聞、NHKは、世間の体罰やら幼児虐待には手厳しいけれど、

高校野球の少年たちを温暖化のすすむ甲子園の炎天下にさらし、3連投、4

連投を強いるなんてのは、むごすぎやしないか。

まるで虐待である。

わざわざ過酷な状況下で戦わせ、感動だ、球史に残るだのと報じても、裏で

はしっかりソロバン弾いて銭勘定している姿が浮かんでくる。
2006.08.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/294-13818a00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。