上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すっかりテレビに慣らされてしまったようである。

年齢のせいかもしれないけれど、あまりモノごとに驚きも感動もなくなってきた。

何しろテレビには、絶景、奇妙、驚異、不思議、怪奇、ロマンがあふれている。

感動の大安売りだから、かえってありがたみがない。

映し出される大自然だの、秘境だの、世界遺産などを眺めているうちに、いかにも自分の

足で自分の眼で見てきたかのような気分になってきた。

テレビの衝撃映像を繰り返しながめているうちにどこかが麻痺してしまったのだろう。

「ふ~ん、それでどうした? もったいぶらないで、早く見せろ」てなことをテレビに向

かって喋っている。

間抜けな話だが、テレビに感動を求めること自体、どうかしているのだと、つい最近、あ

らためて認識した。



そのきっかけは、ジャズのライブだった。

これが、とてもよかったのである。

何が? と質問されると、困る。

わたしは、ジャズについてよくわかっていないからだ。

だから、言葉に置き換えて説明するほどの知識もない。

それでも、書きたくなるほどの感動を得たのだ。

それはドラムとアルトサックスの奏者、たったふたりだけのライブだった。

なのに、音が複雑で演奏者が大勢いるような錯覚を生じさせるほどだった。

ドラムは、海だった。

ひっきりなしに動いている海のようだった。

凪のような静けさから、さざ波がおきてきたぞ、と思ったら、突然、嵐のような激しい大

きな波が押し寄せてくる。

静から動へ。動から安寧へ。安寧から険しさへ。

波が砂浜に寄せるように一定のリズムを感じて安穏としていると、奏者はすぐにその一定

を破りにかかってくる。

この世の中に安定したものなど、ないんだよ、と言っているように聞こえてくる。

そして、アルトサックスは、その海の上を飛んでいる鳥のようだった。

優雅に飛んでいる姿を思い描いていたら、突如として急上昇して天空の高みへと向かって

いく。

有酸素限界まで上昇し、次には獲物を狙って急降下してくるようだった。

穏やかで伸びやかな飛翔、そして激しい乱高下…。

これは、地球のドラマだなと思い、ドキドキしながら聴いていた。

充実のライブだった。

このふたりのジャズマンについては、わたしが紹介するよりも、こちらのサイトが詳しいので、そちらにゆずりたい。



このライブが終わった後、民宿の大広間での打ち上げの会に参加した。

林英一さん、小山彰太さんを前にして島内で活躍している若いジャズマンは魂を抜き取ら

れ、生きる屍のようになっていたのが印象的だった。

「サックスは捨てます」

「ドラムは今日でやめます」

いずれも、冗談とも本気ともとれる言い方をしていたけれど、それほど衝撃的な感動ライ

ブだった。

しかし、林英一、小山彰太の巨人は、演奏しているときも、酒宴の席でも同じようにまる

でリキミみがない。

ニコニコ、ニヤニヤしながら、焼酎とビールを飲んでいる。

そこに、ややっこしい質問が出た。

「ジャズって何でしょう?」

と、簡単であるけれど、哲学的な質問に対して、林英一さんは、こう答える。

「いまだに、わからないんだな」

それを受けて、小山彰太さんが、

「オレは、わかったよ」と言ったから、一堂、耳を立てる。

「わからないということが、わかった」

真正面からいけば、かわすのである。

いかにもイタズラ好きなジャズマンで、酒席もライブにしてしまうのである。

「今日は、おふたりをお連れして金北山に行ってきました。ソフトクリームを食べている

写真がありますけど、ジャズマンにはぜんぜん似合わないですね。これはお宝写真です。

題して、イン・金北山です。ブログにアップしますから」

と主催者が言う。

「おい、へんなところで間をいれるなよ。イン金・北山になったら、やばいよ」

誰かが、声を出して言う。

「インキン・ポクサン」

こうして笑いに包まれていった。



そして、気がついたら、朝だった。

浴びるほどの酒をいただいたようである。

感動の1日は、アッという間に過ぎてしまったけれど、あの音の迫力がいまだに耳に残っ

ている。
2006.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/306-443c054e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。