上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いつもコメントをいただいているsyowさんから、メールをいただきました。

syowさんは、ずいぶん以前からゴミ問題に独自で取り組み、豊かな経験と知

識の持ち主です。

ゴミ問題の本質に触れる提言ですので、一般の方だけではなく、環境行政に

関わる方々にも、ぜひ、お読み下さって、感想をいただきたいと思います。



----------------------------------------------------------------------







ゴミ処理問題とは



問題が起きた時、常に当面策と抜本策が必要となります。

即、被害を止める当面策。再発防止の抜本策。

この二つを並行に、混同することなく進める必要があります。

今回の二宮地区産廃場問題の場合、よそでやってくれという当面策と、手続き

上の不備について及びゴミ問題はどうすべきか、という二つの再発防止抜本策

が入り混じって論じられているようです。



そこで、もう一事例の問題現象を挙げてご参考に供します。

我々、「「土の会・トキメキ佐渡」が推奨する、当面策の一つが生ゴミ堆肥化

であり、抜本策はゼロ・ウエイスト運動であります。

生ゴミ堆肥化活動

http://homepage2.nifty.com/sadogashima/yuukiall.htm

ゼロ・ウエイスト運動

http://homepage2.nifty.com/sadogashima/yukizero.htm



一般には、クリーンセンターで焼却されるゴミの1/5が生ゴミであり、最も

高熱を必要とする(重油、灯油を必要とする)といわれており、そのためダイ

オキシンを出さない施設には数十億から百億円という巨額の初期投資がかかり、

稼動費を含めると、キロ当たり100円から120円の処理費がかかるといわ

れております。

ただし、これには、出た灰をガラスに固形化する「灰溶融固形化」処理費は入

っていません。

ゼロ・ウエイスト・サイトでご案内のように世界の焼却炉の2/3は日本にあ

り、燃やさない、埋めないという「ゼロ・ウェイスト」の3大目標

 1-有害物質を排出しない

 2-大染しない

 3-資源をムダにしない

「ゼロ・ウェイスト」の重要なポイント4L

 1-Local 地域主義

 2-Low Cost 低コスト

 3-Low Inpact 低環境負荷

 4-Low Tec 最新の技術にたよらない

とは、逆方向へと向かっているのが、日本のゴミ施策です。

何故か?

それは最先端技術の導入というより、地域経済にはその方がプラスであり、補

助金導入が選挙の票獲得に繋がる、という補助金行政の仕組みがそうさせてい

るのです。

http://homepage2.nifty.com/sadogashima/ranking4.htm



そして、佐渡市の現状は「環境の島」を自称しながら、すべてを焼却処理し、

ガラス固形化し埋めています。

土の会は、ご案内のように3年半前から、生ゴミ堆肥化をゼロ・ウエイストの

原則に沿う技術で拡げてきました。

そして、全生ゴミの1/5、年間約1000トンをボランティア活動での堆肥

化に漕ぎつけましたが、しかし、それ以上には進まずにおります。

何故か?

ボランティアの手に余る費用を要する事業だからです。

市は、堆肥化によって環境保全、温暖化防止に貢献している(佐渡クリーンセ

ンターが、市が主催する「生ゴミ処理対策委員会」で認めています)経費削減

効果の半分でも堆肥化団体に支援するなら、更にこの運動は進展するでしょう。

では何故、市はそうしないのか? あるいは出来ないのか? 

まだまだ、市民がそれを了解しないだろう、と考えているからでしょうか。

土の会の堆肥化施設を視察に来られた団体、個人、数百人及び堆肥を差し上げ

た百人以上の方々は異口同音に「何故、これが行政で行われていないのか?」

と疑問を発するにもかかわらず。

無論、市民で構成される「生ゴミ処理対策委員会」でも全会一致にもかかわら

ず…。



これは、当面策としての堆肥化も、抜本策としてのゼロ・ウエイスト運動も進

まない一事例であります。

ゼロ・ウエイスト運動については、市長にも提言し、市長以下、担当の環境保

健課も堆肥化現場視察に訪れ、これからは、「これでなければ」と認めている

にもかかわらず、です。



すなわち、この原因は、問題の共有がされていない日本の行政と住民の関係が

ひき起こしたものではないでしょうか。

行政が行なう施策、施行は、すべて事後承諾。

お上のすることに間違いはない、で、住民が盲目的に任せて来た、ことに原因

があるのではないでしょうか。

その結果、二宮地区産廃場問題や生ゴミ堆肥化が進まない等の現象があるので

はないでしょうか。

以前、ここでも「個の風化」ということが言われましたが、まさに、日本製民

主主義はそれを来たしているのではないでしょうか。

無論、それは我々、有権者が選んで来た道でもあるのですが…。

この誤った日本製民主主義を認識した上での、「当面策」「抜本策」の実行が

望まれるゆえんです。



                               syow





                       e-mail  kameis@nifty.com

                   http://homepage1.nifty.com/kameis/

               http://homepage2.nifty.com/sadogashima/

         http://homepage2.nifty.com/sadogashima/yuukiall.htm

 http://www.freeml.com/ctrl/html/MLInfoForm/sadogashima@freeml.com

    http://www.freeml.com/ctrl/html/MLInfoForm/earth@freeml.com
2006.04.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/315-55f8420f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。