上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


住民全体集会が終わった。



結局、西二宮は、この集会をボイコットすることになった。

ボイコットするからには、それなりの覚悟も必要だった。



西二宮抜きでルート問題に決着を図られてもやむを得ないという覚悟である。





佐渡市の最終提案は、通行比率「西二宮7割」、西二宮における搬出入コース

は「六右衛門橋ルート」と「長橋ルート」というものであり、たとえ参加して

も、この案で決着を図られることは目に見えていた。



そして、参加して西二宮がその案を了承できないとした場合、佐渡市はその時

点で調整から手を引くことも予測された。



そうなると、この産廃問題は県から操業の許可を手にしている業者のやりたい

放題になり、住民全体が一方的に不利な状況下に置かれる。

西二宮はそのことを最も恐れていたから、参加するよりも、態度を表明せずに

いられるボイコットで対抗するしかなかったのである。



もちろん、西二宮が出席しない全体集会では開催する意味も薄れる。

だから佐渡市は、全力で説得にかかってくるだろうと予測もしていた。



実際、ギリギリの攻防が続いた。

開始時刻に入ってもなお佐渡市から電話による参加要請が入る。



「出なければ西二宮がひとり悪者になる。市としても、これ以上の調整は無理」



それでもなお西二宮が踏みとどまったのは、とにかくコースの特定はできない

までも「新ルート建設」に“担保”がないかぎり、どんな案でも呑めないとい

う強い姿勢があったからである。



つまり、佐渡市の最終提案が新ルート完成までの暫定案にすぎないことの確認

が必要だった。

逆に言えば“担保”さえあれば、これまでも通行比率の割合などでもめること

もなかったのである。



一昨日、「周辺」というネームでコメントを下さっているけれど、担保さえあ

れば、たとえ100パーセントでも我慢もできるというものである。

つまり、担保がないから割合が増えれば増えるほど、これが未来永劫、続くの

ではないかと恐れていたのである。



しかし、全体集会で佐渡市は新ルート建設に積極的にかかわることを表明した

ようである。

これまでの混乱の責任を引き受けた形でルート問題に決着をつけようとしてい

るのだから西二宮も、もちろん十分、それに応えなければならない。



ただし、二度と同じ過ちを繰り返さないためにも、この産廃問題の混乱を招い

た原因をしっかり究明したうえで、佐渡市は「産廃条例」を作る必要があるの

ではないか。


2006.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/321-fd74312a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。