上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日、「真光寺住民」さんからコメント欄にご報告の書き込みがありましたの

で、こちらに転載します。



 2月26日 真光寺地区自治会の総会において、金光議員がこのブログの記

 事や産廃問題経過説明について、釈明と謝罪を述べました。

 記事については、殆どが又聞きの内容で直接本人から聞いてた内容ではない、

 という事と市と各地域住民とで決まった西二宮メインルートの件は問題は何

 もないという事を、明言し総会において経過説明担当の市側も、同言の内容

 でありました事をお知らせします。

 ブログ管理者に対しましては、訂正記事を掲載させることになりますことも

 加えて申し述べております。



「真光寺住民」さん、ありがとうございます。

さて、釈明と謝罪があったとのことでございますが、具体的にどのような釈明

と、どの点において謝罪されたのか、教えていただけますか。

それから当記事について、「殆どが又聞きの内容で直接本人から聞いてた内容

ではない」と発言されたようですが、否定も肯定もされなかったということな

のでしょうか。

火のないところには煙はたたない、という言葉もあります。いまはモクモクと

煙が立ち上がっている状況にありますが、真光寺住民の方々は、金光議員の総

会における釈明と謝罪に納得されたのでしょうか。



わたしは佐渡の自治会のあり方について、たいへん興味関心を持っています。

公権力を頼らずに、自らの集落の中でものごとを解決していく力をもっている

ことに対して、その歴史の重みや、人間に対する見方に奥深さを感じ、とても

感心しておりました。

佐渡の自治組織には強い自浄能力を備えていると思っているのです。

しかし、仮に、その自浄能力機能が低下しているとなりますと、その自治会は

とても危険な状況になっていると思われます。

声の大きい者、力の強い者が支配して、しだいに不正義が横行する事態を招き、

個々人の意見は無視され、結果的に個人の生活環境はしだいに悪化をたどると

予想されます。

この件に関して、あるジャーナリストからメールをいただき、とても示唆に富

む言葉が書かれていました。

「新潟大学のある教授が講演の中で、『公共性のない空間ほど匿名性を求める』

ということを述べていましたが、佐渡にはそうした面があるのではないでしょ

うか。意見と感情を区別できない人も、多いのではありませんか」

 公の席では発言せず、非公式の状態になったら発言する。表と裏の使い分け、

それが『公共性のない空間ほど匿名性を求める』ということであろうと思われ

ますが、真光寺自治会には、そうした公共性の認識はおありでしょうか。

この「産廃施設問題」や「金光議員の疑惑」は、社会の問題であり、公共性の

問われる重大問題です。

わたし自身は、その認識から当ブログにおいて顔写真を公開し、本名も明らか

にした上で発言させていただいておりますが、真光寺自治会の総会という公の

場で疑惑解明の発言がなかったとすれば、まさしく「公共性」を失った「空間」

になっていると思われます。

したがって自浄能力さえも失っているのではないかと危惧されますが、いかが

でしょうか。



それから「市と各地域住民とで決まった西二宮メインルートの件は問題は何も

ない」とのことですが、たしかに佐渡市の調整によって西二宮がメインルート

となっております。

しかし、事態が変わりました。

西二宮ルートには私有地が存在することが判明していることはご存じのはずで

す。

佐渡市は「今後も市道として使用させていただけるようお願い申し上げます」

との申し入れ文書を一方的に郵送してきましたが、それに対して、地権者は

「私有地と公道との区別を明確にして使用していただきたい」と拒絶の文書を

佐渡市に直接出向いて、提出しています。

したがって現道のままでは通行は不能になるのは明らかです。

もちろん、佐渡市が道路を拡幅整備するというのならば、話は別です。

しかし、いち産廃業者の運搬車両を通行させるために税金を投入して工事を行

うとすれば、これもまた問題があろうと思われます。

そして、個人の住宅の防風林の役割を果たしている木立や竹垣を伐採して拡幅

工事をするとなると、行政が個人の生活を破壊していくことになりはしないで

しょうか。

西二宮の住民は「地滑り地帯」に指定されているために、自らの敷地の樹木を

1本切るにも新潟県の許可を必要とする状況に置かれています。

それらのことを考慮したならば、おいそれとは拡幅工事には着手できないはず

です。

何より拡幅工事をするまでもなく施設へ行く道は他にもあるのですから。

金光議員は、そうしたことを冷静に客観的に判断して、市議会議員の立場とし

て発言しているのでしょうか。



最後に「ブログ管理者に対しましては、訂正記事を掲載させることになります

ことも加えて申し述べております。」

とのことですが、当方、いつでも訂正の用意はあります。

詳しい確実な情報をお寄せいただければ、すぐに訂正いたしますので、よろし

くお願いいたします。

それから金光議員が当ブログについて反論、意見がありましたら、ここ をクリ

ックしてメールをいただきたいと存じます。

そのまま当ブログにて掲載することを、お約束いたします。
2006.02.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/327-f7ff6523

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。