上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
県が越前工務店の産廃の中間処理施設に対して操業の許可を下した、という情

報が入った。

いつ許可したのか不明だが、明日の新潟日報に報じられるらしい。

昨年、流行した言葉を借りれば「想定内」のことだけれども、県もいい加減な

ものだ。

昨年暮れに佐渡市主催の合同説明会が開かれたが、県の環境センターから川村

センター長が出席していた。

そこで、こう質問した。

「事前協議書に産廃の搬出入ルートを示した地図を添付するのは、そのルート

に私有地があるかどうかを確認するためだ、と川村さんは説明していたはずだ

が、今回、佐渡市がメインルートにしようとしている西二宮ルートに私有地が

あることが判明した。当然、地権者の承諾が必要で、その承諾書を事前協議書

に添付する必要があるのではないか?」

それに対して川村センター長は、

「事前協議書の前の段階まで戻る必要性があるとは思っていません」

と、承諾書は必要ないといわんばかりの回答であった。

「その理由は?」と、突っ込んでみたが、川村センター長からはなにひとつ言

葉はなかった。

これはいったい、どういうことなのか?

言っていることとやることが、矛盾しすぎているではないか。

住民を愚弄しているのはもちろんだが、地権者の権利までを蹂躙しているでは

ないか。

佐渡保健所が、こんないい加減な仕事をやっていることを泉田裕彦知事は、ご

存じなんだろうか。

ここはひとつ、御注進しておかなければならない。

明日の日報を読んだ上で、県知事宛てに、ことの詳細をメールで送信し、さら

に泉田知事がBSNラジオに登場して県政からプライベートなことまで語っている

という『キンラジ 知事の時間です』に、質問状を出しておくことにする。



みなさんも、どんどん質問状を送って下さい。

この際、トキの島の住人として佐渡保健所の環境センターが、終始一貫して業

者寄りに立つやり方に対する不満、不信をぶつけてみましょう。
2006.01.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/344-71346256

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。