上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
井上陽水の初期の作品に『感謝知らずの女』という楽曲がある。

アルバム『氷の世界』に収められていて、初めて、この曲を聴いた時はニヤリとさせられた。



しかし、その後、時間が経つにつれ、まだ20代だった井上陽水が、女性の、というより人間のもっている欲望の深さについてユーモラスに表現している、その老成した才能に驚いた。



「限りないもの、それは欲望」というフレーズが耳から離れない。



そして「感謝知らずの女」がリフレインされる。





わたしにとって井上陽水のベスト3といえば、まずは、この曲が、どうしようもなく上がってくる。

なぜなら結婚してからというもの、何度、この曲を思い浮かべ、ひそかにつぶやいていたことか…。









先週土曜日の夕餉の時刻だった。

奇楽庵が、突然やってきて熱い土鍋をテーブルの上に置いた。



「食べて下さい。今朝、釣った魚を鍋にしたんだけど、一人じゃ、とても食い切れなくて」というのだった。





彼は翌朝の一番の船で旅に出るという。

そのために今夜は遅くまで仕事を片づけねばならず、ゆっくり飯を食う暇もないどころか、何時に眠れるか、などと説明、あわただしく店に戻っていった。





鍋の季節には、ちょっと早いけれど、これはありがたいと、さっそくいただく。



驚いた。

これが、ひどくうまいのだ。

白身の魚と野菜を塩で味付けしてあるだけなのに、その濃厚なこと。



それこそコラーゲンがたっぷりで、魚には目のないチビ姫1号は箸でせせるのがまどろっこしいとばかりに手づかみでしゃぶりつく。

ベとつく指先にも味がついているのか、さかんに舐める。





「この魚、なんて説明していた?」と、わたしは尋ねると、



「マダラだったけ?」と、息子がいう。



しかし、この濃厚な味わいは、マダラのそれではない。



「マハタと言ってなかったか?」と、家人の方を見ると、



「なんだったか、忘れた。だけど、美味しいね、これ。すごい濃い味だよね。野菜にも味がしみているし」



そういってチビ姫1号に負けず、バクバクと食べ、骨までしゃぶり、目玉の回りのコラーゲンを、うまそうにすすり、ほうばった。



内蔵も入っている。

ふんわりと大きいのは、肝だろう。

コリコリとした歯触りは、胃袋のようだ。







「おお、腹いっぱいだ。なんだか、そんなに食べていないのに、すごい満腹感だね」

と息子が箸を置いたら、それを受けて家人が、



「栄養がいっぱいだから、少しの量でもお腹がいぱいになるんだね」



と満足げに言った後、やっぱり、きた。





「だけど、これ、すこし濃すぎるね。むつごすぎる。わたしも、もういいわ」と言ったのだった。





これだ。

さんざん食べておいて「もういいわ」とは、なんて言い草だと思うが、これまた家人の真骨頂。



わたしの心の中で、さっそく井上陽水が、うたいはじめた。





♪感謝知らずの女、感謝知らずの女、感謝知らずの、お~、ん~、な~♪





ちなみに、その魚は、コレだった。



詳細は、今朝、島に戻ってきた奇楽庵が追って書いてくれるだろう。

といっても、新潟の古町で朝方まで酒を飲んでいたようだから、すぐに更新はされないに違いない。



それにしてもマハタという魚、うまいの、なんのって、それは驚愕の味といってもいいものだった。



佐渡にはまだまだ滋味たっぷりの“幻”と言われるようなモノがひそんでいるのではあるまいか。



そんな豊かな佐渡、それを釣り上げた奇楽庵、そして船を出してくれた会長に、感謝!


2009.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/37-5b994565

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。