上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
越前工務店が“強行突破”するという情報が駆け巡っている。

それを示唆する話が複数の方面から同時に伝わってくるのは、奇妙な現象である。

誰かがシナリオを作って、それに沿っての言動ではないだろうか…、と疑いたくなる。

それを、ここで整理してみる。

まず7月23日、西二宮のYさん宅を訪れた佐渡市の大川環境保健課長である。

西二宮の9尺道を産廃搬入のメインルートとして認めて欲しいと言ってきた。

「私の目の黒いうちは認めるわけにはいかない」

そう拒絶されると、大川課長は、

「越前は、裁判の準備をしているようだ」

と、言ったというのだ。

越前工務店が強硬姿勢にあることを示している。

もっとも、この裁判というのは住民サイドには何の関係もない。

訴えられるべきは、県である。

越前工務店が操業許可申請を県に提出して、県がなかなか許可を下さない場合に、裁判で

決着をつけるという経緯になる。

だいいち住民が越前工務店に対して道路を封鎖したわけでもなく、ただ反対を表明して県

と市に申し入れを行っているだけである。

住民が訴えれるようなことはあり得ないのである。

にもかかわらず、東山田を地盤とする高野市議会議員からも、この“裁判”という言葉が

何度も出ているし、

一昨日、西二宮のある人物を訪ねてきた真光寺を地盤とする金光議員の口からも

「裁判になると住民に勝ち目はない」と、おとなしく認めろといわんばかりの言葉が出て

いる。

こうした情報を流す目的は、はっきりしている。

法的なことに関して無知な住民に“脅し”をかける意図をもった情報戦であるとしか解釈

できない。



さらに、8月6日に佐渡市の主催で西二宮臨時役員会が招集されている。

ここでも大川課長は、西二宮の9尺道を産廃搬入路のメインルートとして受け入れて欲し

いと依頼してきた。

もちろん、そんな話は呑める話ではない。

くどいようだが、こんな道を、産廃搬入のメインルートにしようという方がどうかしてい

るではないか。

その時に大川課長は、こう言った。

「10月から借入金の元本の返済が始まるようですから、かなり焦っているようです」

と暗に強行してくる可能性を示唆している。

そして、県環境センターからも、こんな話が出ている。

川村センター長は、住民の問い合わせに、こう答えているのだ。

「越前工務店は8月末までには工事を終了して、手続きに入るだろう」

との観測を示し、こう続けたようだ。

「佐渡保健所は手続きの窓口にはなるけれども、今後の手続きは県庁が対応することにな

るので、佐渡保健所には権限がない」

これを、どう解釈したらよいのか。

このままでは許可を出さざるを得ない、覚悟しろ、と言っているのではないか。



では、肝心の越前工務店の社長は、いったい、何を考えているだろう。

彼の言動については、見えも、聞こえもしてこない。

ただし、真光寺ルート、西二宮ルートを使用して工事車両を頻繁に往来させている。

工事を着々と進めていることだけは確かである。

これはどういうことなのだろう。

その経緯については、7月28日付けのブログ、『高野市長 青いダンプを止めてくれ!』

で書いたが、越前工務店は県や市の“指導”を無視して工事を進めているようである。

つまり、県も市も越前工務店の“強行突破”の流れを暗に認めているということになりや

しないか。

というよりも、そのシナリオを県の川村センター長、佐渡市の大川環境保健課長のライン

で作り上げているのではないのかという疑念がわく。



ここで住民サイドに、言っておかなければならない。

決して“強行突破”という脅しに、びくついたり、おどおどしてはいけない。

頑と腰を据えて動かないことである。

あわてて動けば、あちら側の思うつぼである。

何より、筋の通らないことをやろうとしているのは、業者と行政の側である。

彼らの最終目的は、強烈な脅しをかけておいて住民を交渉の席に引きずり出すことにある

のだ。

協定を結ばなければ住民が一方的に損をするだけですよ、といって、同意をとるのが、彼

らの狙いなのだ。



そのことはすでに西二宮の住民は経験済みである。

いまの状況は平成15年の西二宮が置かれた状況と非常に似ているのだ。

平成15年10月22日の説明会で県環境センター長の放った「住民の同意はいりません」のひ

と言で、西二宮住民は翻弄された。

「絶対反対」で動かなかった住民が、「このままでは強行突破されて住民の意思はなにも

伝えられない」と腰がふらつき、業者、行政の思惑通りに交渉の席についたことから施設

建設の流れが一気に決まってしまったのである。

しかも、渋々ながら結んだ協定も越前工務店は端から守ろうという意思もない。

「施設建設に関する車両、営業開始後の搬入、搬出車両は、北線進入路を最優先使用し、

指導、監督をして交通安全を計り、区民の交通に支障のないようにすること」

「最優先使用」をどう解釈しているのかわからないが、西二宮の道を毎日通っているのだ。

協定など、なんの役にも立たないのだ。

それを後押しするかのように大川課長は、西二宮の役員たちを前に、こう言った。

「北線から入るという条件、それと問題が起きたときは西二宮の地区としては一切関知し

ないという条件ですね。それが真光寺、東山田に了解された内容ではないということが、

ひとつの決定的な問題なんですよね」

なぜ、西二宮地区住民と越前工務店とで交わした協定が、真光寺や東山田両地区の了解を

得なければならないのか。

この理屈を通していけば、たとえば真光寺、東山田、西二宮の3地区が合同で越前工務店

と協定を結んでも、「石田地区の人々の了解を得ていない」という横やりが入ったら、

「そんな協定は認められない」という理屈が通ってしまうではないか。

つまり、佐渡市も協定など、なんの役にも立たないのだ、と言っているようなものである。

何より協定の条件を知っていながら佐渡市は、「9尺道をメインルートとして認めてくれ」

と“協定破り”のお先棒を担いでいるのだ。

だからこそ、いまどんなに“強行突破”するぞ、と脅してきても、協定の席につこうなど

と思ってはならない。

それでは西二宮と同じ轍を踏むことになる。

だいいち高野市長は我々に約束したのだ。

「住民の理解を得られるまでは操業しないように指導する」

この高野市長の言葉は、軽いものではない。

何しろ高野市長は、市道の管理者としての絶大な権限を持っているのである。

こんな道を産廃搬入のメインルートとして認めるわけにはいかない」

と、高野市長が言いさえすれば、強行突破は絶対にあり得ないのだ。
2005.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/384-44b1a293

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。