上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


場所前の下馬評とはうって変わって、朝青龍の調子がいいようですね。



名古屋の大の大相撲愛好家で知られる“自称・朝青龍の愛人の御方”は、ただひとり全勝街道を突っ走る雄姿に鼻息を荒くされていることでしょう。





びっくりしたのは初日の相撲。

朝青龍は、なにを考えているのか、あの巨漢の把瑠都を二度も吊り上げたのです。



まさか荒技の吊り落としで把瑠都をしとめてやろうなんて無茶なことを考えていたわけではないでしょうが、この相撲を見て、朝青龍のやんちゃ相撲が戻ってきたか、とほくそ笑んでいたものです。





それでもって中日でしたか、対玉乃島戦で見せた、あの「ひざげり」まがいの手と脚を使った送り出し。



朝青龍というのは勢いのある時ほど、ウチダテのおばちゃんの眉間にシワが寄るようなことをしでかすのがこれまでのパターン。



とくに朝青龍は頭で相撲を取るタイプではありませんから、しようがないのですね。

反射神経の塊といってもいいぐらいで、体が反応してしまう。



ま、佐渡ヨコチン(横綱珍議委員会)から見れば、どうってことのない些細な出来事でした。







むしろ問題にしたいのは、白鵬です。



6日目、翔天狼に負けた一番。

負けるはずがない、と高をくくっていたのでしょうね。

負けた後、礼もせずに土俵をおりた姿はいただけませんでした。



つまり、無礼なのです。



礼に始まり、礼に終わる。

これぞ、日本武道の伝統。

それを横綱がけがす行為をしでかしたのですから、これぞ重大問題。



同じことを朝青龍がやれば、ウチダテのおばちゃん、すかさず吠えて、噛みつき、翌朝のスポーツ紙、ワイドショーの大喜びネタになっていたでしょうね。





白鵬は、朝青龍とは正反対で理詰めの頭で相撲を取るタイプです。



あの仕切りの所作を見ていれば、わかります。

ゆったりと時間をかけて仕切る姿を見るにつけ、大物の風格を漂わせようとの計算が働いているように思え、どうにも落ち着きません。



しかし、まだまだ付け焼き刃の大物ぶりですから、負けた後の「礼」がすっぽりと抜け落ちてしまったと、そういうことではないかと想像します。







さてさて、大関陣です。

先場所から佐渡が嶽部屋の2大関が頑張っておりますね。

そうはいっても、ともにチキンハートの大関ですから、終盤になって「ここ一番」という時に、またやらかすだろうな、と思っておりましたら、さっそくやってくれましたね。



まずは、琴光喜。

日馬富士をせっかく土俵際まで追いつめたんだから、脇を締めて頭を下げ、一気に押し出せば、勝てた相撲。



それなのに琴光喜ときたら、なに考えてんでしょ。

あんな土俵際で脇をあけてガバッと左上手を取りにいくなんて…。

まさか、上手投げでもやろうと?



追いつめられていた日馬富士、上手を取りにきた瞬間にすかさず腰をかがめ、もろ差し。

さすが、朝青龍に次ぐ反射神経の持ち主、日馬富士です。



そのまま電車道よろしく反対側の土俵際まで琴光喜をもっていき、寄り切っちゃいました。



琴光喜、あえなく2敗目で優勝戦線から離脱。





それを土俵下で見ていた琴欧洲に、チキン菌が感染。

魁皇に、とったりで体を崩されて、そのまま押しだされ、これまたガン首そろえて2敗目。



魁皇、立ち合いの時に、仕切り線の右側に寄っていたんだから、上手狙いにくるな、と素人だってわかります。

なのに、琴欧洲ときたら、なんの対策もせず、そのまま素直に立ち合って、予想通りに左腕を取られ、絵に描いたような負けっぷり。



このあたりで星のつぶしあいをやられると歯がゆいものですね。





それで千代大海が、来場所14度目のカド番って、大相撲ならびに相撲ファンを完全にナメてますね。

休場を決めた、と聞いた瞬間に、引退だなと思ったのですが、どうも次の九州場所に出場するようです。



九重親方も引導を渡すのかと思いきや、さにあらず。



記者団に向かって「なんでやめる必要があるの」と言い放ち、



「来場所ダメでも、その次に10番勝てば大関に戻れるということだってある」



なんてことを言うのだから、どうにもなりません。



なんで、こんな無様ことを大関にやらせるのでしょうね。



推測ですが…。

九重部屋から千代大海がいなくなれば、あとは十両に千代白鵬がいるだけで、ほかはすべて幕下以下。



つまり、千代大海だけが九重の金ヅルなのでした。



そんな無粋な話は置いて、全勝の朝青龍、そして1敗で追う白鵬、素晴らしい展開です。



残り4日、いい相撲だけを期待しております。
2009.09.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/39-6f235d2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。