上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
佐渡市長の回答が出ました。

:KIRAKUAN:さんが、回答書を、さっそくアップしてくれています。

こちらをクリックして下さい。



午前9時、市長執務室の横の応接室に合同連絡協議会メンバーの地域住民、関係団体、市議会議員ら13名が集まりました。

高野市長は、多忙のために出席されず、代わって大竹助役から回答書が手渡されました。

その際、大竹助役から、

「誠意ある回答と思っていただきたい」

と、自信のほどを表明する言葉があったのですが…。



細部の説明になると、やはり、“誠意”の認識に開きがあるような印象も受けました。

それについては、行政用語がちりばめられた回答書ですから、分析、解釈が必要になりますので、項をあらためて詳しく報告します。



もちろん、“誠意”もまったく感じられないわけではありませんでした。

申入書の[6]で、「平成14年5月にこの産廃施設の建設計画を承知したとしていますが、この書類についても明らかにしていただきたい」と質したのに対して、

回答書では、「旧佐和田町保健福祉課の記録からそのような説明をしていたものです」とありますが、その「記録」を私たちに出してくれました。

正式な書類ではなく、「メモ」をワープロで打ち直したものですが、それでも、ここまで調査して回答してくれたことについて“誠意”を感じたのでした。

その「記録」については、まだ公表をさしひかえますが、いくつか疑問点が新たに出てきました。

「メモ」とはいえ、地域住民が無視されている様子がうかがえます。

それについても、また佐渡市に質問しなければならないと思われます。



ともあれ、佐渡市長の回答書を、ご一読ください。


2005.07.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/390-89dfe9e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。