上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
佐渡市の回答書(平成17年5月12日付け)には、まだまだ疑問点や不満がある。

この項では、搬出入路について絞って考えてみる。

(注 なお、回答書を参考にする場合、ここをクリック。



まず[3]である。

「市としては搬入出路となる市道の使用については公道であることから事前協議の段階で

は法的に制限することはできないと判断し」とある。

公道だから制限できない、という言い方が気にかかる。

市道の管理者としての市(当時は旧佐和田町)の責務を放棄しているような言い方ではな

いか。

ことは産廃の搬出入の問題である。

操業したならば未来永劫、休日を除いて毎日毎日何台もの産廃を山積みにした大型車が通

る計画である。

期間限定の一般の工事車両とはもちろん区別しなければならないし、生活道路として住民

が使用するのともまったく異質の問題である。

にもかかわらず、“公道”を理由に制限できないとの言い方には住民の生命を危険にさら

しても構わないと判断したとしか思えない。

ここは、現佐渡市長のみならず、当時の中川修町長にはっきりとうかがってみたいところ

である。



中川修町長(当時)は、平成16年1月30日、越前工務店との間で「生活環境保全協定書」

を結んでいる当事者である。

その協定書の(3)には、交通安全対策として「道路交通法、道路法等の関係法令の遵守を

関係者に徹底指導し」とある。

ところが回答書の[4]には、とんでもないことが書かれているのだ。

「事前協議書の『車道平均幅員5m』との記載については、事業者及び市の双方の誤認が

あり」という箇所である。

こんな簡単に済ませていいものだろうか。

真光寺の住民が計測したところ4メートル平均でしかない。

これは「道路交通法、道路法等の関係法令を遵守」するために「車道平均幅員5m」と故

意に“誤認”したと見られてもやむを得ないのではないか。

少なくとも住民は、その疑いを晴らせないでいるのだ。

なぜなら、その“誤認”のまま「当町は、生活環境の保全の見地から施設の設置について

何の異議もありません」と中川修町長(当時)が県に回答し、県はそのまま施設建設を許

可したという経緯があるからである。

ここを、どう対応するつもりなのか?

幅員4メートルの道路を車幅3メートル近い大型車が行き交う。その横を小学生は徒歩で、

中学生や高校生は自転車やバイクなどで通学するのである。

こんな危険な通学を子供たちに強いて「生活環境の保全の見地から施設の設置について何

の意義もありません」とはよくも言えたものである。

回答書では「遺憾なことと考えております」と言い、回答[3]にいたっては、「つき

ましては新ルートに当たる地域の皆さんにはそのルート建設について一層のご理解とご協

力をいただきたいと考えています」と、虫のよいことを言っている。

理解や協力を得たいのならば、まずは“誤認”の責任を明確にしなければならないのでは

ないか。



さらに、この新ルートについても、問題はある。

[3]では、どの地区かは特定していない。

しかし、[7]の導水管に対しての回答を読むと、それが明らかになっている。

「西二宮ルートに埋設されている導水管の土被りは0.6mであることから、新ルートの建設

に当たってはより安全性を高めるため事業者に導水管の保護措置を取るよう指導すること

としました」

まるで西二宮に新ルートの建設が決まったかのような書き方である。

この回答書は5月12日の日付になっているけれども、この段階で地権者の承諾を得ている

かのような印象を受ける。

しかし、今日現在でも地権者は承諾していないどころか、

土地の提供をかたくな拒絶していると聞く。

佐渡市による土地提供の要請のための接触もあったが、地権者は、「新ルート建設という方

向を前提にしては会うことはありません」と、きっぱり断ったという。

なぜ拒絶しているか。

新ルートに至る通称、久衛門坂周辺は、平成10年のいわゆる「8・4大水害」で地すべりを

おこしているのである。

地権者の実母が住まう家屋の敷地が、その時に崩落している。

そのような道路を産廃搬出入路にしようという計画に、地権者は怒り心頭の体で猛反対して

いるのだ。

にもかかわらず市は、いったい何を根拠に地権者の意思を無視するような回答を出したのか。

地権者がこの回答書を読めば行政の圧力を感じはしまいか。

だいいち新ルートは、佐渡市が建設するものではないはずである。

越前工務店が越前工務店の資金で道路を建設すると言っている。

つまり、いち民間企業の金儲けのために佐渡市は不動産業者まがいに土地の買収に関わる動

きをしていることになる。

佐渡市は「調整」と説明すると思われるが、住民から見れば“官民癒着”である。

要するに事前協議書に添付されたのは「真光寺ルート」だが、このルートが完全に行き詰まっ

たのだから、「新ルート」建設などということを考えるのではなく、事前協議の段階まで

戻るしかないのではないか。

佐渡市は、県の意見照会に対して「当市は、生活環境の保全の見地から施設の設置について異

議あり」と差し戻すのが筋ではないか。

仕切り直しである。

それがボタンのかけ違えを直す唯一で最善の方法ではないだろうか。
2005.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/420-45b6cdbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。