上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


民主の大勝ち、予想通り。

というより、勝ちすぎか。



問題は、今後のメディアの出方だな、なんてことをボンヤリ思いながら、“キッチン・野方”でジンギスカンをつつきながら、祝いの酒を飲む。





午後6時半頃、出先のわたしの携帯に、



「ジンギスカンやりませんか?」



と、奇楽庵からメールが入った。





立ち寄ってみたところ、すでに鍋が炭火の上にのっかっていて、準備万端ながら奇楽庵の姿しかない。



つまり、“ひとりジンギスカン”の気配。



これは放っておくわけにはいかぬと、「会長を呼べ」と言い置いて、出直し。





およそ午後8時。

チビ姫1号と、その父親を連れ立って“キッチン・野方”に到着。



「サンマを食って腹いっぱい」という会長も姿をあらわし、ビールで乾杯。





開票速報をテレビで見ながら、ジンギスカンとは、なかなかの趣向。



しかも、自民の大物、次々と敗れ、酒が心地よくすすむ。





小沢一郎がテレビ画面に登場。

すかさずスタジオのNHKの記者が、



「小沢チルドレンが100人ほど誕生し、党内で隠然たる力を持つことになりますが、院政という…云々」



と、さっそく民主分裂の流れを全国民に向かって印象づける。



小沢一郎、憮然とした表情で、



「そういうマスコミのレベルの低さが…云々」



と、記者をたしなめた。





それでもNHK記者、さらに食い下がる。



「閣僚ポストに就くのでしょうか。それとも党内のポスト…」



まだすべての議席が確定してもいない段階、およそ200議席が残っているのに、あまりにもひどい質問。

明らかに小沢を悪者に仕立て上げての民主党分裂の企てとみた。



民主党政権では、記者クラブ制の改革に手をつけるとメディアの側の恐れが、こんな質問にあられてきたのではあるまいか。



政権担当の能力を失いながらも自民党が、これほど長期にわたって政権を維持できたのは、なによりメディアをうまく取り込んできたからこそ。



その癒着の最前線が記者クラブ。

ここをつぶされたら、権力の広報となりさがっているメディア、手足をもがれたようなもの。



だから民主分裂、再び総選挙へと向かわせたいのか、と勘ぐりたくもなる。



このあたり、マスコミも自民党同様、反省力がない。



いかに大手マスコミが、流れを作ろうと画策したところで、インターネット上では、それを暴く記事が提出される。



テレビ、新聞ではお目にかかれない情報にこそ真実が隠されていると、読むものの関心をひき、アッという間に、広がり、今回の民主の大勝ちへと向かう。



官僚組織だけではない。

メディアの掃除こそ、民主党がやらねばならぬ一手ではあるまいか。





なんてことをクイクイ酒を飲みながら、考えるものだから、とりとめもない。



気がつけば、残り議席2つだけとなり、お開きに。



じつに、うまい酒だった…。
2009.08.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/44-c0110774

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。