上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
勝ち越し、負け越しは、天国と地獄ほどの差があるらしく、

そろそろ星の勘定をしながら土俵にあがる頃。

だからなのか、立ち合いの変化の増える傾向、いかにも残念。

銭を取ってみせる相撲にあらず。



まずは時津海、変化。

対する安馬、素早い動きで逆襲。

「頭を使って相撲を取っている」と、前日の相撲後に安馬は言ったそうだが、

この動き、頭ではない。動物のそれである。

動物的な勘、研ぎ澄まされた感覚、それらがあるから危機に素早く反応できる。

時津海、大惨敗にも、同情の余地なし。



北勝力、負けが込み、苦しまぎれの変化で武雄山に勝って白星1つせしめる醜悪さ。

目を背けたい。



さらに醜悪きわまりない露鵬。

互いに勝ち越しのかかった大一番、

対する琴光喜、勢いよく突進するも、露鵬の姿なし、土俵にバッタリ。

観客、ここで怒るべし。

ブーイングの嵐を投げつけるべし。

琴光喜、初日に変化して栃東からせしめた白星も、無残な負けでチャラ。みっともない。

勝者インタビューで「立ち合い、考えましたか?」ではなく、

「なぜ、変わったのか?」とも突っ込んで質さないレポーターも、いらぬ。



一方、見ごたえありの力の入った相撲も、あった。



岩木山・旭天鵬の、四つの相撲らしい相撲。



白鵬・栃東の、攻防戦。

白鵬の土俵際の体のかわしの巧みさ。この白星、価値あり。



千代大海・黒海の、鬼気迫る気迫の立ち合い、お見事。

それにしても、黒海、ヒゲが濃い。



黄色信号点滅の相撲が、二番。



「このまま朝青龍に立ちはだかってくれ」との期待、魁皇に寄せられて、

その空気が横溢してきた矢先…、

力のない立ち合いのまま、雅山に押し出される。

「プレッシャーのないところでとる魁皇は強いですからね」とは、解説の音羽山。

勝ち越して、カド番を脱出したのだから、プレッシャーはあるまい、との期待も、

見事にはずされ、ノミの心臓ぶりを露呈。

左腕のテーピングを気にするムキもあるが、それ以前の問題か。



結びの一番、朝青龍、相撲が長くなっているのは、なぜ?

今場所、好調の栃乃洋に警戒しての相撲か。

七日目の出島戦から相撲が変わってきたが、

明日からの上位相手の終盤戦、どのような相撲を展開する目論見か、興味は、そこ。
2005.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/459-6eaec9d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。