上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

すっかりご無沙汰しております。
悪性の“怠惰病”が全身に巣食っていてパソコンを起動するのも面倒なほどでした。
起動してもメールをチェックし、知人のブログをなんとなく眺め、気が向いたら報道や情報サイトを開くのですが、頭のまわりを飛び回っているハエのようにうとましくなってきて、シャットダウンという具合。


しかし、不思議なものです。
初めてお会いした女性に言われました。

「どうしてブログ書かないんですか?」

理由があって更新しないわけではないので、返答に窮してしまいます。
そして、ここが不思議なところですが、なにか悪いことでもしているような気がしてくるのです。
自分のブログを更新しようがしまいが、わが方の勝手ですが、
「なぜ書かない」と責められているような気になって、
「すみません」と謝っている自分に気がつき、じつに妙な気分にさせられます。

じつは、昨日も、ごく親しい方から、こんなメールをいただきました。

タイトル:「なにか書けば…」
本文:「書けるのなら」

これだけです。
ブログのことだと判断し、「ブログですか?」と返信しましたら、すかさず携帯の着信音が鳴り響きました。

「もちろんです。毎日、閲覧している身にもなってください」

なるほど、そりゃ、そうだ、と思い、こうしてブログ更新となったしだいです。


そうはいっても、やはり2つのブログを管理するなど、怠惰病におかされているわたしには、やはり荷が重いようです。
そこで唐突ではありますが、

「一飲一啄の記」は、近日中に閉鎖することにしました。

古巣の「悲憤慷慨の記」一筋で行くことにしましたので、ご了承ください。


というわけで、今後は「悲憤慷慨の記で、お会いしましょう。


2010.11.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://noumitaran.blog109.fc2.com/tb.php/494-25f48ae6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。